【おすすめ】売上の計算サイトを紹介!ほかのツールを利用する選択肢も

企業にとって売上高を知ることは重要です。

販売戦略や会社の経営や方向性を決めるうえで重要な指標になっていきます。

売上の利益を最大化するためにも、費用削減の判断や材料の改善など分析は経営判断に役立ちます

より利益率を上げるにはどの部分に費用がかかっているのかを分析しなければなりません。

そこで今回はおすすめの計算サイトをご紹介します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめ売上計算サイトを紹介

無料で売上計算できるサイトをご紹介します。

そもそも売上計算とは何かを簡単にご説明します。

売上(粗利)は売上原価(仕入れ)と利益が合算されたもの

売上計算で固定費と変動費を知り、利益や利益率、限界利益について知ることが利益がどのぐらい発生するかを確認することができるので、商品力や経営判断を行うことが可能です。

損益分岐点計算ツール
損益分岐点計算ツール」は、非常に簡単な計算ツールになります。

日々の売上高、固定費、変動費を入力することで

利益、限界利益/率、損益分岐点がわかるツールとなっています。

afford 損益分岐点グラフ診断
afford 損益分岐点グラフ診断」は、売上高、変動費、固定費の入力により損益分岐点のグラフを作成してくれます。

また表には固定費を回収にかかる比率のFM率も計算することができます。

簡易な計算ツールをご紹介しました。

しかしツールを導入するメリット注意点があります。

計算サイトを利用するメリットと注意点

パソコンを操作する人
数字を入力するだけで煩わしい計算から解放されるメリットありますが、注意点もあるんです。

導入メリットとは

メリットとして上げられるのが、

  • 計算ミスが少なくなる
  • 業務の効率化ができる

手作業入力ではどうしても人的ミスが発生してしまうリスクがあります。

また、会計処理を手動で行っていると会計処理に多くの時間がかかってしまうため、ほかの業務に取り組むことができるようになります。

導入するうえでの注意点

導入するうえでの注意点はこちらになります。

  • 通信環境が必要になる
  • 法改正に対応していない可能性がある

計算ソフトはほとんどの場合、オンライン上で計算をおこないます。

そのため、インターネット環境がない場合は利用できなくなります。

また、計算サイトが常に更新されている場合は問題ありませんが、なかには計算サイトを公開したっきりでアップデートがされていないケースもあります。

その場合、誤った会計処理をしてしまうことになるので、よく確認するといいでしょう。

会計ソフトの利用や会計処理を外注化する方法もある

ご紹介した計算ソフトを利用する以外にも、売上計算を簡単にできる方法として、会計処理のアウトソーシングがあります。

自社ですべておこなうとすると人件費もかかってしまいますが、計算の代行を行うことで、知識がなくても事務、経理のプロが会社の売上高の計算を行ってもらえます。

ソフトのインストールやアップデート等も心配がないのもメリットです

経営の改善には分析も非常に重要になります。

計算ソフトやツールを導入しているが、上手く活用できていないと思う場合は外注も検討してみるのがおすすめです。

会計処理にどのツールを利用するかは予算と目的次第

会計処理ツールは、売上の計算以外にもお金の流れなど分析する財務管理ができれば理想的です。

しかし会計は複雑な計算や業務が多いためなかなか手が回らないことが多いです。

会社に合う会計ソフトを見つけるための利用目的にあった選び方をご紹介します。

営業部なども入力する場合
営業活動で必要な経費精算ができやすいスキャンなどの機能がついているものや操作性にすぐれているソフトを選ぶと効率化を図れます。
経理担当者の入力と効率化を図る
人工知能(AI)によるオートマッチクに仕訳や社員への給与自動振り込み機能なども備えているソフトを選ぶと担当者への負担や業務効率を改善することができます。

取引先への入出金が多い企業にはおすすめの機能になります。

即利用がしたい場合
ソフトインストールになると時間が比較的かかってしまうことがあるため、インストールの必要がないクラウド型の利用をおすすめします。

PCに詳しい社員がいる場合はソフト購入のインストールも早い場合があります。

導入までの時間が短く、素早く利用も可能です。

テレワークなどの場所と時間を問わず利用する場合
時短勤務やテレワークでの勤務の社員が多い場合や全国に拠点が点在している場合はクラウド型をおすすめします。

また営業が外出することが多い場合は外出先でスマートフォンでも利用できるようソフトが作業効率を上げることが可能です。

最近ではスマホで申請と承認までを完結できるツールも増えてきています。

まとめ

会計処理に慣れていない場合は、会計ソフトアウトソーシング化がおすすめです。

作業効率化だけではなく、適切な改善方法がわかるソフトやサービスがあります。

売上の数字を管理することにより、より会社に利益をもたらすことができます、経理部門の人間を増やすことではなく、システムを導入や無料サイトやExcelを使った方法などの自社状況や環境にあった方法で売上を分析していきましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説