売上と経費の関係性を解説!経費削減のポイントとは

会社の利益がなかなか上がらないなか利益を上げることを考えると売上と経費の関係性を理解しないといけません。

今回は売上や経費からどのようにして利益を少しでも上げていく方法をご紹介します。

会社を経営するうえで無駄を省くことが経費削減の一番として考えられますが、自社の経営状況を外部に知ってもらうためにも利益額がどのぐらいになるのか確認する必要があります。

また利益を上げるための方法やポイントで優良経営を目指して行きましょう。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

売上から経費を引いたのが「利益」になる

「利益」=「売上」-「経費」という計算から利益の金額を割り出すことができます。

日々営業や受注によりお客様からお金をいただくことで売上が立ちますが、その売上金すべてが利益として計上されることはありません。

利益が初めて出てくるのは営業活動で必要な固定費や経費を引いた金額が「利益」として計上されます。

ですが、経費は経営上必要なコストとして認識が必要です。

営業活動を行う際に、プロモーション広告や営業するための必要なツールなどを使うことにより商品やサービスをお客様に提供することができます。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


利益を増やす方法は「売り上げを増やす」か「経費を削減する」の2つ

たくさんのグラフ
単純に利益を上げる方法として、売上を今まで以上に上げるか、または今かかっている経費に無駄がないかをチェックして削減するか2つ選択肢があります。

利益を増やすためには売上に対して費用との格差をつけることで利益を多く出すことができます。

多くの会社員であれば、売上を上げていけば利益も計上されて会社は安泰かと思ってしまいがちです。

経費を下げることで売上を増加させることができる?

売上から得られる利益率が変わらない限りは利益が増えているとは言えません。

売上が上がった際にかかる経費として固定費が発生します。

商品やサービスを提供する際には仕入れで費用がかかってしまいます。

そこから利益の公式で計算するとどこにいくらかかっているのかが判明します。

また売上と利益を分解してみると、経営状態がどのような状態かを確認することができます。

求め方として、費用を「固定費」「変動費」と分けます。

固定費の例
土地、家賃、リース料、給与
変動費の例
材料費、仕入、販売費、配送料

損益分岐点売上高=固定費 ÷ {1-(変動費÷売上高)}

売上と費用を引いて0の状態のことを損益分岐点と呼びます。

上の式でどのくらいの金額を売ることで費用と売上が同じになるかを求めることが可能になります。

簡単にいうと、損益分岐点から1円でもプラスになると黒字、1円でもマイナスだと赤字の境界線になります。

固定費は一定金額で変動しませんが、変動費は売上が上がると費用も増えていきます。

なので最低でもそこまで売上を立てないといけない目標値としてとらえられます。

売上を増やす場合は変動費以上の売上を立てる方法と変動費を減らす方法があります。

損益分岐点を理解すると、売上を上げるよ費用を落とすほうがより利益に直結することができることがイメージできたのではないでしょうか。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


売り上げを増やすよりも経費削減の方が取り組みやすい

COST
年間でかかる経費を下げることにより売上と費用との差が広がり利益を生むことができます。

売上を上げることに何も問題はありません。

しかし少しの経費の削減により生まれる利益も大きいです。

仮に月収1,000万円の売上がある事業で営業利益率5%であるとすます。
※年間10万円の経費削減を成功させることで200万円の売上を増やしていることと同じ原理になります。

ですので、経費削減を二の次にするのではなく、まず小さな経費削減から取り掛かることが利益を生み出すことが可能になります。

月間売上が1,000万円の事業で同じ200万円の利益を作ろうとする場合には1500万円の売上が必要になります

経費削減にはポイントがある

利益を上げるためには経費を減らすことが一番大きなポイントとも言えます。

削除する経費を見極めておかないと社員の生産性が下がり、売上が立ちづらくなってしまうので注意が必要です

日常的に無駄な支出を抑えるために注視していくことが必要です。

従業員へのしわ寄せをさせず、より利益を生み出すための効果的な経費の減らし方を見直していきましょう。

経費削減をする背景をしっかり理解する必要があります。

不要な経費や無駄な経費を減らすことが利益の純増させるための手段ということを忘れずに行わないと、必要な経費までを削ってしまうと社員の負担だけが増えてしまい、残業代が増えて余計に費用がかかってしまうことになりかねません。

サービスや品質の低下につながる経費削減は顧客の満足度や意欲の低下につながりかねません。

また経費削減の意識は経営陣だけ、現場だけでは達成できないので部署ごとで必要か不必要な経費かどうかを考え、具体性やルールを設けて皆が理解しやすいように設定しておくことが成功の秘訣と言えます。

経費削減のポイントは「経費」として計上できるものを覚えること

実際にはどのような経費が当てはまるかを紹介いたします。

経費は3つに分類され、

  • 「オフィスコスト」旅費交通費、接待交際費、光熱費、IT、通信費、紙、インク代、ボールペンなど
  • 「エネルギーコスト」電気代、ガス料金、水道料金
  • 「オペレーションコスト」人件費、外注費、物流費、広告費、修繕費

経費として計上できるためには「売上に直結するか」ということになります。

オフィスコストからの削減を目指すのは厳しいところであります。

残業を減らす努力や、外注に仕事を任せ社員の作業効率や負担を減らすことで売上につながり安くなります。

また、人にかかわるコストが多いため、リモートワークの活用により、電気代印刷代紙代を抑えることができます。

業務改善や社員の配置転換などで作業効率を図っていきましょう。

またマルチコピー機のリース料や紙代、印刷代を減らすためにペーパーレス化へと進める企業も増えてきました。

固定費の部分を減らすことが可能になります。場合には寄りますが、システム導入で印刷を必要としない環境を作ることがコスト削減にもつながります。

光熱費もつけっぱなしであると経費が上がってしまうので、クールビズなどの取り組みや環境に配慮した活動を行うことで、社員の同意も得やすくなります。

オフィスコストについても、在庫を抱え込むことや、まとめ買いによる1つの購入コストを抑えていきましょう。

まとめ

利益を上げるには経費削減を適切に行うことで実現できることを理解していただいた上で、現状かかっている経費を見直してみましょう。

どのくらい経費としてかかっているか把握して、コスト削減は実行して速攻性がないこともあるので1年以上の長期的な期間を見ましょう。

また削減する経費の優先順位を決め計画的に削減していくのを目指すといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説