炎上広告は知名度アップと引き換えにイメージ低下のリスクがある

インターネットの普及に伴って、私たちは非対面でありながら多数の人とコミュニケーションが可能になりました。

SNSを通して誰でも情報発信できるようになった半面、企業はネット炎上という大きなリスクに直面することになったのです。

とくに近年ではまったく想定していないときに炎上するケースもあるので、広告の作成で必要以上に慎重になっている人もいるでしょう。

この記事では炎上が発生しやすい広告のパターンや、防ぐためのポイントをお伝えします。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

近年の炎上広告にある代表的なパターン


近年の炎上広告には、代表的な3つのパターンがあります。

差別表現

近年のCMでは、働く女性を応援したはずが性役割を押し付けていると捉えられるケースが多くあります。

よくあるパターンは、「家庭では母親がご飯を用意するもの」といった固定観念を植え付けるCMです。

現在の日本では父親が主夫をしている家庭もありますし、シングルファザーの家庭もあるのです。

そのような家庭の人に対して、従来の価値観を押し付ける形になっています。

\インターネット広告に関する資料はこちら/

性的メッセージ

化粧品やアパレルメーカーなどでは、自社の商品やサービスを訴求すると、どうしても美しさや若さに繋がってしまいます。

しかしあまりにも美しさや若さを強調するCMは、かえって女性の生きづらさを助長してしまうのです。

美しさの強調によって、女性は「男性から選ばれる性である」ことを暗示していると捉える人もいます。

直接、性的なメッセージを伝えるわけではなくても、伝え方には注意してください。

ユーザーを煽る広告

あるCMでは、ジェンダー平等を掲げることを否定した結果、ユーザーから批判を受けました。

そもそもジェンダー平等とは、一人ひとりの人間が性別にかかわらず平等に責任や権利を分かち合って、さまざまな物事を一緒に決められるようにしようという意味です。

注目すべきなのは、すでにジェンダー平等が実現されているかのように報道しているところです。

2021年時点で日本のジェンダーギャップ指数は153カ国の中で121位で止まっています。
(参考:男女共同参画局|「共同参画」2021年5月号

数字から見てわかるように、決して「ジェンダー平等が達成されている」わけではありません。

このような状況なのにもかかわらず、まるでジェンダー平等が実現しているかのように報じたことも問題視されました。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


炎上広告を出稿すると知名度は向上する可能性はあるが大きなリスクも

RISK
どれだけ分析と改善を繰り返しても結果が出なければ、「いっそ炎上広告でも作ろうか」という考えになるかもしれません。

しかし一度炎上して企業のイメージが悪化すると、少し訂正したぐらいでは元に戻らないのです

最近では、何も悪い表現をしていないのにもかかわらず炎上するケースがあります。

たとえばある飲食店では、フライドポテトを食べている写真をSNSにアップしただけで炎上しました。

フライドポテトを食べている写真をSNSにアップしただけなのに、なぜ炎上したのでしょうか。

その飲食店は世間からあまり健康的な食品ではないイメージを持たれていたので、健康ではない飲食店をおすすめしたからという理由です。

一度炎上するとその企業に対して悪いイメージがつくので、ユーザーのネガティブな感情を引き起こします。

賛否両論の広告と炎上広告は大きく異なる

Comment
炎上広告について学ぶうえで押さえておきたいのが、賛否両論と炎上は異なるということです

あるスポーツ用品メーカーは、見方を変えれば炎上してしまうような広告を作成しました。

その広告は日本に住んでいていじめや差別を受ける女性たちが、サッカーに出会って笑顔を取り戻すストーリーです。

メッセージ性がある広告ですが、見方によっては日本人全員がいじめる側に見えるので、賛否両論になりました。

しかしこの広告はテレビではなくコメントが可能なYouTubeへの出稿を選択したので、その部分が評価されています。

大手のスポーツ用品メーカーが差別をテーマにしたことにより、マイノリティに寄り添う姿勢も評価されました。

炎上を防ぐために意識する4つのポイント

お伝えした通り、何が炎上の引き金になるか分からない世の中です。

はじめから「広告はどうしても炎上するリスクがあるものだ」という意識を持って、慎重に作成するのが炎上を防ぐポイントになります。

時代の流れに敏感になる

時代の流れに敏感になって、「現在の時代に合ったテーマかどうか」を常に考えましょう。

お伝えした通り、性別や生き方に触れた広告を出稿してしまうと炎上の可能性が高まります。

たとえば以下の話題は近年炎上しやすいので、触れない方が無難です。

近年の炎上しやすいテーマの例

  • 年収や働き方
  • 学歴
  • 結婚の有無
  • 子どもの有無
  • 男女差別に関するテーマ

幅広い世代に市場調査をして、今の時代に適切なテーマかどうか検討しましょう。

デリケートなテーマの際はとくに注意する

広告でデリケートなテーマを扱う際は、とくに注意してください。

多様な考え方ができるものに対して、どちらか片方が正しいといった構図にならないようにします。

多様な考え方ができるテーマの例

  • 政治
  • 宗教
  • 経済格差
  • 人間の性にかかわるテーマ

時代に合っているテーマなのかもあわせてチェックするといいでしょう。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


ダブルチェック以上を心がける

少人数で判断しようとすると、どうしても意見が偏りがちです。

広告を出稿する際はダブルチェック以上を心がけるようにします。

できることなら20代から60代までさまざまな年代の男女にチェックしてもらい、多方面から意見を取り入れるといいでしょう。

また、広告チェックが自社だけで完結しないようにします。

最近では炎上対策を専門にした監視サービスなどもあるので、外部に依頼するのもひとつの方法です。

監視サービスを利用すると、炎上の早期発見に繋がります。

ガイドラインを作成する

広告炎上を事前に防ぐために、SNSやメディアに対応するガイドラインを作成します。

炎上を防ぐ目的ばかりではなく、炎上した後にどう対処するかもガイドラインで決めておきましょう。

まとめ

炎上広告は知名度を向上させますが、ネガティブなイメージを持たれてしまうリスクが高いです。

時代の流れに合ったテーマで広告を作成するのが、広告が炎上するのを防ぐポイントです。

また基本的な話ですが、「この広告を見た相手はどう感じるか」を自社でも考えるようにします。

世の中にはたくさん炎上した事例があるので、作成した広告とも照らし合わせてチェックするといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事