リスティング広告のキャンペーンを解説!おすすめの運用方法とは

2022年となった現在では、チラシや看板などの有形な広告に加え、ホームページやSNSなどネット上に掲載する広告も増えてきています

その中の1つとして「リスティング広告」というものがあり、多くの企業が宣伝や販売促進の為に活用をしています。

今回はそんなリスティング広告の構成の1つである、キャンペーンに焦点をあててご紹介していきます。

リスティング広告は「アカウント」「広告グループ」「キャンペーン」で構成

そもそもリスティング広告とは、別名で検索連動型広告とも呼ばれており、インターネット上に掲載する広告の一種のことです。

ユーザーがGoogleやYahoo!ジャパンなどの検索エンジンで過去に検索をした履歴を元に表示される広告であり、特定のキーワードで検索しているユーザーに対して、関心の高い広告を表示させます。

そのため、閲覧された際の商品の購入やサービスの成約率を上げやすくなっているのです

リスティング広告の主な構成は「アカウント」、「広告グループ」、「キャンペーン」の3つに分かれており、それぞれの役割が異なります。

※カテゴリーページにジャンプしない場合は、「カテゴリーから探す」→「インターネット広告」を選択してください。

アカウント

アカウントとは、広告グループやキャンペーンを一括管理する1番上の単位のことであり、企業や店舗ごとにGoogle広告やYahoo!広告のアカウントを取得して運営を行っていきます。

企業内で扱っている商品やサービスによって別のホームページや広告を掲載していたり、担当者が分かれている際には1つ1つのアカウントを分ける方が管理をしやすくなります

アカウントでは言語や数値、表示形式の設定をはじめ、ログインメールアドレス支払い情報などの基本的な情報を設定します。

キャンペーン

キャンペーンとは、複数の広告グループをまとめたものであり、広告を掲載する際の予算や曜日・時間帯に加え、PC、モバイル、スマートフォン、タブレットなどの配信先端末を設定します。

予算や目的によって広告を掲載したいときには複数のキャンペーンを作ることが可能ですが、1つのアカウントで掲載できるキャンペーンの登録上限数が決まっており、Yahoo!広告が100件、Google広告が10,000件となっています。

広告グループ

広告グループとは、キャンペーンの配下に作られる階層であり、広告タイトル広告文リンク先URLキーワードなど、同じテーマやターゲットを持つ広告をまとめたものです。

広告グループでは、1つの広告グループごとに入札単価を設定することができますが、キーワードごとに入札単価を設定することができます。

例えば、ゴルフ用品の「クラブ」を検索したユーザーに対して「ボール」の広告を表示させても、ユーザーのニーズとマッチせず商品の購入には繋がりにくくなってしまいます。

そのため、広告で商品購入率やサービスの成約率を上げるには、ユーザーのニーズごとに適した広告を表示させる必要があるのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


期間限定セールなどは「キャンペーン」に配置する

期間限定
キャンペーンと言えば「期間限定」という言葉がつきものであり、期間限定という言葉を取り入れることでユーザーに対してもキャンペーンの認識を強く持たせることができるのです。

期間限定という言葉をキャンペーンに取り入れることで「このチャンスを逃すと損をしてしまうかもしれない」という気持ちを煽ることができ、購買意欲を高めることができるのです。

キャンペーンで設定できること

キャンペーンで設定できる項目はさまざまあり、広告を打ち出す際にもいくつかの分け方があるのです。

それでは、キャンペーン広告の設定例を簡単にご紹介していきます。

予算ごとに分ける

扱っている商品やサービスによって提供する為にかかるコストが変わり、広告の宣伝にかけられるコストが異なります。

そのため、高いコストをかけてでも広告を打ち出したい時とあまりコストをかけたくない時があります。

その際には自身の予算に合わせて広告を分けることができます。

ターゲットごとに分ける

ターゲットによって地域や曜日、時間帯を分けることで、商品やサービスを提供するターゲットのライフスタイルや地域性に合わせたキャンペーンを打ち出すことができます。

配信の時期を分ける

商品やサービスによって提供できない時期があるというケースもあります。

その際には先ほど記述した「期間限定」のように、自身でキャンペーンを打ち出したい一定の期間の間や一時的な設定をすることができるのです。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


キャンペーン広告を出すメリット

MERIT
ただ単に広告を打ち出すだけではなく、「キャンペーン」として広告を打ち出すにはいくつかのメリットがあり、キャンペーンを利用するかしないかでは集客の効果にも大きく差が出てしまいます。

それでは、キャンペーン広告を打ち出すことでどのようなメリットがあるのか、解説していきます。

ユーザーの購買意欲を高めることができる

キャンペーン広告を打ち出す最大のメリットとしては、ユーザーの購買意欲を高められるという点です。

キャンペーンとして広告を出すことで、通常に販売をする時よりも「今買った方がお得」という考えを持たせることで、一時的に購買意欲をためることができるのです。

集中的に宣伝を行うことができる

広告を掲載する際の注意点として、掲載期間を決めずに長々と掲載し続けてしまう点が挙げられます。

掲載期間を決めずに長期で掲載をしてしまうと、着地点が見当たらずになんとなく掲載が続いてしまうことがあります。

その点、キャンペーンとして一時的な広告を打ち出すことで、着地点や目的がハッキリとしたうえで広告を打ち出すことができるのです。

見込み客に対して効果的な宣伝ができる

リスティング広告は特定のキーワードで検索をしたユーザーに対して宣伝を行うことができ、閲覧しにくるユーザーは見込み客であるという可能性が高いです。

それに加えてキャンペーン広告の購買意欲を高める効果が重なり、見込み客に対して効果的な広告を打ち出すことができるのです。

まとめ

広告を打ち出す際にはただ単に長期で打ち出せば効果が出るという訳ではなく、適したユーザーに対して適した広告の打ち出しをしなければ、効果を見込むことは難しいです。

そのため、キャンペーンを取り入れて通常の宣伝とは異なる宣伝を行うことで、その時期に提供している商品やサービスに対しての特別感お得感を感じさせ、より商品の購入やサービスの成約に繋げやすくなるのです。

もし、キャンペーンの掲載方法や費用面に不安があるという時には、少額からの掲載を始め、慣れてきたら掲載の規模や費用を増やしていくことをおススメします。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事