「集客」と「動員」は意味が違う?

企業が経営戦略を練る時やマーケティングを行う際には「集客」や「動員」などのように似たような言葉が使用される時があります。

しかし、それぞれの言葉では意味が異なり、適切な利用シーンが異なります。

そのため、今回は「集客」と「動員」の違いを始め、マーケティングの際に使われる意味が似ている言葉について解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

集客と動員のそれぞれの意味

マーケティングの際に「集客」や「動員」という言葉が使われることがありますが、似たような言葉でも実際の明確な意味は異なるため、それぞれの意味について解説していきます。

集客の意味とは

集客とは、商品やサービスを提供する企業が売上を増やすために店舗やWEBサイトへの訪問数を増やすことを指します。

「集客」という言葉を使用する際の注意点としては、「人によって認識が異なるケースが多い」という点です。

集客の意味を「売上を増やすために施策を実施すること」と認識している人がいれば、「施策を実施して売上を伸ばすこと」と認識している人もいるのです。

企業や店舗に対してマーケティングやコンサルティングを行う際に言葉の意味や認識の相違が生じてしまうと、後々のトラブルに繋がり兼ねません。

そのため、マーケティングやコンサルティングを実施する前に、自身と顧客の中での「集客」という言葉の認識を合わせておき、事前に認識の相違などのトラブルを回避する必要があるのです。

動員の意味とは

動員という言葉にはさまざまな意味があり、使用するシーンによって意味が異なります。

動員の意味は大きく分けると次の3つに分けられます。

  1. 目的のために多くの人や物を集めること
  2. 軍隊を平時の編制から戦時の編制に切り替えること。また、そのために兵士を招集すること
  3. 戦時遂行のために国内の資源や工場。人員などを政府の管理下におくこと

(参考:「goo国語辞典」)


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


マーケティングの場面では「集客」がおすすめ


「動員」は「集客」と同じように人を集めるという意味を持っていますが、それぞれの言葉はシーンや目的によって適切な使い方が異なります。

特に「集客」とは企業が売上を伸ばしたい時や顧客を獲得したい時に使用するのが適切です。

そのため、マーケティングの際に人を集める目的として使用するのは「動員」よりも「集客」の方が適切だと言えるでしょう

しかし、アーティストのライブやセミナーイベントなどに関しては「動員」という言葉もビジネスの際に活用されることもあります。

その時の使い分けとしては、集客は「集客の為に○○が必要」と目的を指し、動員は「○○の為に動員が必要」と結果を指す時に使われると考えるといいでしょう。

集客と動員の使い方を例文で紹介

「集客」や「動員」などの似たような言葉は適切に使わなければ、相手に対して誤った認識をされてしまいます。

それでは、「集客」と「動員」の正しい使い方の例文は次の通りです。

集客の例文
「開業時には集客の獲得が必要だ」
「集客を増やすためにSNSを活用する」
動員の例文
「有名なアーティストのライブで〇万人以上の観客を動員した」
「当時の戦争では〇万人以上の兵士が動員された」

また、「集客する為にSNSを活用して、○○万人以上の動員を目指す」というように、集客と動員を併用するケースもあるのです。

使い分けに悩みやすい用語

続いては、「集客」と「動員」のように似たような意味を持つ言葉を解説してます。

マーケティングを行う上では「集客」と「動員」のほかにもよく間違われたり、本来の意味は違うのにも関わらず同じ意味と認識されている言葉があります

今回はその中でも代表的な言葉を比較しつつご紹介していきます。

「売上」と「収益」

マーケティングや企業経営を行う際に誰しもが紛らわしいと感じる言葉の例として「売上」と「収益」が挙げられます。

なかには「どっちも獲得したお金のことで意味は同じでしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際にはこの2つの意味は異なり、この2つの違いを把握しているかいないかは非常に重要なことです。

まず、「売上」と「収益」という言葉の違いを理解するには「収益」と「利益」の違いを把握していなければいけないので、先に解説しておきます。

「収益」と「利益」の違い

「収益」とは、簡単に言うと商品やサービスを提供した企業に入ってくるお金のことです。

それに対して、「利益」とは、企業が儲かったお金のことを指します。

例えば、1,000円の商品を販売した時には収益は1,000円となります。

しかし、その商品を販売するためには生産するための製造費や時間など、さまざまなコストがかかっています。

仮に1,000円の商品を販売するために300円のコストがかかっていたとすると、「1,000円の商品を販売する為ために300円の費用を払った」となり、1,000円(収益)-300円(費用)=700円(利益)になるのです。

しかし、実は「売上」も「収益」と同じような意味を持ち、売上は収益の1つとして認識されます。

おもな使い分けとしては、例えば、商品を1,000円で販売して利息で100円の合計1,100円を獲得したとします。

この時に収益は1,100円となり、売上は商品の販売価格の1,000円となるのです。

「マーケティング」と「宣伝」

次によく間違われやすい言葉の例として「マーケティング」と「宣伝」があります。

この2つも使い方や使うシーンによって正しい使い方がわからないという人も少なくありませんので、それぞれの違いを解説していきます。

マーケティングとは
マーケティングとは、企業や店舗が既存の顧客や新規の顧客に対して自社の商品やサービスを適切に提供するための戦略を練り、効果的な仕組みを作り出すことを指します。
宣伝とは
宣伝とは、自社が提供している商品やサービスを顧客が認知したり関心を持ってもらうために情報を発信する手段のことです。

この2つの大きな違いは、戦略と手法という点です。

集客を増やすためのマーケティングによってどのような宣伝方法が適切かの戦略を練る」というのが正しい使い方となります。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


意味が似ている言葉を正しく使い分けるテクニック

理解
ここまでで記述したように、マーケティングの際にはさまざまな用語が使われることがあり、紛らわしいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そんな時に言葉を正しく使い分けるコツとしては、言葉が指す範囲を理解するということが重要です。

例として挙げた「売上と収益」や「マーケティングと宣伝」のように、似たように意味で扱われる用語では指している範囲が異なるケースが多いです。

そのため、もしマーケティングにおいて適切な用語は何かと迷ってしまうという時は、「自身が考えている範囲と用語が指している範囲が一致するのか」という点に注意してみるといいでしょう。

まとめ

ここまでで記述したように、「集客」と「動員」のように同じような用語でも使い方やシチュエーションによって用語の意味が異なります。

マーケティングを行う際には少しの認識のズレが企業経営や戦略に大きな影響を与えてしまう可能性もあるので、事前に用語や仕組みをしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事