集客に看板を利用するメリットと出稿方法を解説!

企業や店舗が集客を行う際の手法のうちの1つとして看板があります。

現在では、IT技術の発展によってさまざまなオンライン広告が活用されるケースがありますが、看板による集客の獲得も可能です。

そのため、今回はそんな看板を活用した集客はどのようなメリットがあるのか、看板の広告はどのようにして出稿をするのかについて解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

看板は実店舗の集客に向いている

看板を活用する集客で一番効果が出やすいのは実店舗を構えている企業だと言えます。

その理由としては、看板の役割にあると言えるでしょう。

それでは、看板が実店舗の集客に向いている理由でもある、看板の役割について解説していきます。

店舗の存在を知ってもらう

看板の一番の役割と言えば、消費者に店舗の存在を認知してもらうことです。

最近では、「ホームページ」や「SNS広告」、「リスティング広告」などのオンライン広告を活用している企業や店舗が多くあり、オンラインの広告は消費者が特定のキーワードで検索をしてくるため、見込み客に対して宣伝をすることができます

しかし、逆に言えば、検索をして探し出してもらえた消費者にしか宣伝ができないということになるのです。

その点看板では、なんとなく看板の前を通った人に対して宣伝を行うことができ、より多くの人に店舗の存在を認知してもらいやすくなるのです。

店舗の魅力を知ってもらう

次の看板の役割としては、店舗の魅力の宣伝です。

看板には店舗の名前だけでなく、その店舗のおすすめの商品やサービスを打ち出すことで、看板を見た消費者に対して店舗の魅力を宣伝することができるのです。

店舗に入店してもらう

消費者が店舗に訪れる際には商品やサービスについての認識を持たせることも重要ですが、事前にある程度の予算を認識させる必要があるのです。

なかには「あの店は魅力的だけど料金がわからないから入りにくい」というケースも少なくありません。

そのため、看板で商品やサービスを宣伝する際にはある程度の価格帯も記載しておくことで、より消費者が来店しやすくなるのです。

看板で集客するメリットと注意点

看板を活用して集客をする際にはさまざまなメリットがありますが、ただ単に看板を出稿すれば良いというわけではありません

看板を上手く活かして集客を獲得するにはいくつかの注意すべき点があるのです。

それでは、看板を活用して集客をする際のメリットや注意点について解説していきます。

集客で看板を活用するメリットとは

まずは、すぐに来店をしてもらうことがあげられます。

消費者がSNS広告やホームページなどの広告を見たときに興味や関心を持ってくれたとしてもすぐに来店をすることはできませんが、店舗の前や近くに設置している看板を見て興味や関心を持ってくれた時にはすぐにでも来店をすることができるのです。

ほかにも以下のメリットがあります。

周辺の人に見てもらいやすい

看板によって一番宣伝ができるターゲットは店舗の周辺に住んでいる消費者です。

看板を設置しておくことで消費者が日常生活の中で目にすることができ、特に周辺に住んでいる消費者への集客効果が高いのです。

店舗から離れた場所にも設置できる

看板による宣伝は何も店舗の前や近くだけとは限りません。

時には店舗から離れた場所に看板を設置することでより広い範囲で宣伝を行うことができます。

主な設置場所としては、駅のホームから見える場所車の大通り沿いに設置されるケースがあります。

インパクトを与えやすい

そもそも看板を設置する意図は消費者の興味や関心を引くことであり、消費者の意識を引き寄せるようなインパクトが必要です。

看板は設置する場所や幅によって大きさが異なりますが、デザインやキャッチコピーの打ち出し方によって大きなインパクトを与えることができるのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


看板を活用する際の注意点とは

看板を活用して集客を行うことでさまざまなメリットを得ることができますが、それと同時にいくつかの注意点があります。

実際に集客を行う際には注意点を把握しておくことで、より効果的な集客となるため、把握しておくべき注意点について解説していきます。

周りの景色と同化をしない

看板を設置する際には消費者が見やすいようなデザインが非常に重要となります。

しかし、看板を設置する場所によっては看板の色と背景の色が同化してしまい、看板が見にくくなってしまうのです。

そのため、看板のデザインを決める前に設置する場所を決め、自社のイメージカラーと背景のバランスを取る必要があるのです。

情報を盛り込みすぎない

看板には消費者にインパクトを与えるというメリットがあります。

しかし、インパクトを与えようとしすぎて情報を盛り込みすぎてしまうと逆効果となってしまい、見にくくなってしまったり何が伝えたいのかがわかりにくくなってしまうのです。

高さや角度に気を遣う

看板を設置する場所によっては周りに障害物が多く、物の陰に隠れてしまうということもあります。

質の高い看板を作成したとしても見てもらえなければ作った意味が無くなってしまいます。

そのため、看板を設置する際には設置後に妨げとなる障害物が無いか、高さは問題ないかという点を確認しなければいけないのです。

店舗のイメージと合わせる

デザイン面の注意点としては、店舗や提供している商品やサービスのイメージに合わせるということが重要です。

看板を見て興味や関心を持った消費者が来店をしようとした際に、事前のイメージとかけ離れているものであれば離れていってしまう可能性があります。

事前に店舗の雰囲気や提供しているモノと近い雰囲気の看板を作成するべきなのです。

看板に出稿するまでの手順

看板を見る女性
ここまでで集客の際に看板を活用するメリットや注意点について解説をしてきました。

実際に看板を作成するにはどのような手順を踏むのか、また費用はどのくらいかかるのかについて解説していきます。

看板制作の流れとは

看板を作成する際には製作会社によって進行の速さや連絡の取り方は違っても、大まかな流れは基本的に変わりません。

看板を制作する際の主な流れは次の通りです。

看板作成の流れ
問合せ・相談
 ↓
見積もり
 ↓
注文
 ↓
出稿費用の入金
 ↓
作成
 ↓
設置

流れの注意点としては、入稿費用を振り込んでから作成するという点です。

そのため、「看板が完成してからじゃないと費用は払えない」というのはできませんので注意が必要です。

看板作成にかかる費用とは

看板を作成するにあたって発生する費用の内訳は主に「デザイン費」「製作・原材料」「取り付け施工費」の3つがあります。

また、看板を作成する際の費用は作成する会社や素材によって異なります。

そのため、店舗の看板を作成する時は、会社によって費用に大きな差が出るので複数の会社から見積もりを取るのがおすすめです

オンライン集客と同時に実施するのがおすすめ

沢山のアイコン
「看板」と「オンライン集客」は一見真逆の集客施策ですが、実はこの2つを組み合わせることでより効果的な集客効果を見込むこともできるのです

例えば、立地が悪く見つけにくい店舗の場合、SNSなどのオンラインで店舗の目印となる看板の写真を掲載しておくことで、近くまで来た消費者が店舗の場所を見つけやすくなり、来店率を上げやすくなります。

また、看板にSNSやホームページの情報を掲載しておくことで、なんとなく看板を見て興味や関心を持った消費者がSNSやホームページを検索するアクションに繋げることができるのです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


まとめ

看板を活用するメリットはさまざまあります。

看板の製作会社によって費用や質が異なります。

そのため、依頼をする前には必ず製作会社のホームページなどで作成事例を確認しておくといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説