スキップできない広告のメリットと注意点を解説

インターネット上にある動画サイトを閲覧していて、スキップができない広告を見つけたことがあると思います。

そのため、スキップができない広告の仕組みやメリットが気になった人も多いでしょう。

今回は、広告における収益化の仕組みから、スキップができない広告の種類などが分かるように解説しました。

スキップができない広告に興味がある人は、この記事を参考に作成するといいでしょう。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

動画サイトでスキップできない動画広告が増えている

2022年現在では、動画サイトでスキップできない広告が増加しています。

そもそも、なぜ広告を掲載すると収益化に繋がるのでしょうか。

そもそも広告における収益化の仕組みとは

動画サイトでは、収益を得るためにスキップできないように設定されている広告が増加しています。

 

たとえばYouTubeの場合、広告主からYouTubeに支払われた広告掲載料が、YouTubeを通して動画の投稿者に支払われています。

収益発生の流れを確認すると、YouTubeにも報酬が発生していることが分かるでしょう。

 

そのため、動画投稿者だけに限らずYouTube側も、視聴者に広告を再生して欲しいわけです。

視聴者のためになるコンテンツを配信しても広告が配信されなければ、基本的に動画投稿者の収入にはならないのです。

動画コンテンツにおける広告の種類

インストリーム広告とは、動画の「最初・途中・最後」で配信される広告のことで、スキップができるものとできないものの2種類があります。

 

動画サイトでスキップできない広告の実例に「バンパー広告」があり、これは再生回数が6秒以内の広告のことです。

バンパー広告が6秒に設定されているのは、最後まで視聴される可能性が高い、広告に接触する割合が高くなるなどの理由があります。

 

Googleが広告の秒数に関するテストを実施したところ、視聴者がスキップしない秒数として多かったものが6秒なのです。

 

またYouTubeにおいては、15秒以内でスキップできない広告も存在しています。

スマホアプリの「報酬」をもらうためにスキップできないケースもある

タブレットの動画再生画面

スマホアプリやポイントサイトなどで報酬をもらうために視聴する動画は、スキップできないケースがあります。

報酬にはたとえば以下の事例があり、スマホアプリやサイトによって異なります。

ポイントサイトやアプリにある動画

ポイントサイトは、ポイントを貯めることによってお小遣いがもらえるサイトです。

 

なぜお小遣いがもらえるのかというと、動画広告などを出稿する広告主がお金を払っているからです。

2022年現在では、いわゆる「ポイ活」をする主婦も増えており、ポイントサイトやポイントアプリの数も増加しています。

広告主がお金を支払っているのは、動画広告に対してだけではありません。

 

サービスを紹介したい広告主が、ポイントサイトにウォーターサーバーへの申込みの案件を依頼したとします。

するとポイントサイトにウォーターサーバーへの申込みの案件が掲載されて、ユーザーがその案件を利用できる状態になります。

 

案件の広告を見てユーザーがウォーターサーバーへの申込みすると、ポイントサイトに成功報酬が支払われるわけです。

ポイントサイトに支払われた成功報酬のうち残りのポイントを、案件を利用したユーザーがもらえます。

 

このようなサイトの場合は、利用するポイントサイトによって、「何ポイントで1円と換算するか」「換金できる手段」が異なるので注意するといいでしょう。

スマホアプリ内で使用できるポイント

また、スマホアプリの特典として課金した際にもらえるポイントがあります。

 

スマホアプリは開発することにお金がかかっているため、ユーザーに課金してもらわなければ運営が成り立たない場合がほとんどです。

運営を成り立たせる一環として、スマホアプリ内に課金のサービスを設けているケースが多くあります。

 

スマホアプリで遊んでいるときに、「広告を視聴してポイントをもらう」といったコンテンツを見たことがありませんか。

 

視聴してポイントをもらうためには、広告を途中で止めずに最後まで視聴する必要があるでしょう。

その場合は、アプリゲームの規定によって現金への換金ができないことが多くあります。

漫画アプリのポイントやチケット

漫画アプリで漫画を閲覧できるポイントやチケットも、広告の報酬として活用されています。

 

たとえばまんが王国では、アプリをインストールした後にCM動画を視聴することで、ポイントがもらえる仕組みがあります。

ブログなどで使えるフリー素材のサイト

ブログなどで使えるフリー素材を提供しているサイトは、広告を視聴してダウンロードの待ち時間を減らす設定をしているケースがあります。

 

動画を閲覧しなくても待ち時間が発生するため、それなら動画を視聴するというユーザーも多く、私たちの心理を上手に利用した事例です。

 

ユーザーに質が良い素材を提供するにはある程度のお金がかかるため、やむを得ない事情があると考えられます。

スキップできない広告を運用する3つのメリット

リボンとメリット

スキップできない広告はデメリットが多いと感じますが、運用するメリットもあります。

視聴者の印象に残りやすい

スキップできない広告は6秒未満と短い場合が多いので、その中で自社の商品やサービスに興味を持ってもらえるよう、視聴者にアプローチします。

するとターゲットにした視聴者の印象に残りやすい広告になり、覚えてもらうことが可能です。

認知拡大を目的としている場合、スキップできない広告は効果的な手段のひとつです。

広告が最後まで視聴される

スキップできない広告は、6秒なら6秒間最後まで視聴されることがメリットです。

 

視聴者はスキップできない広告が入っている動画を視聴したい場合、広告を最後まで視聴するしかなくなるでしょう。

それによって広告が最後まで視聴されるので、成果に繋がります。

広告における視聴者のストレスが少なくなる

スキップできない広告は基本的に印象が良くありません。

しかし、残りの秒数が表示されていたり短かったりすると、広告における視聴者のストレスが軽減するでしょう。

スキップできない広告の注意点

スキップできない広告にはいくつかの注意点があるので、理解したうえで作成することをおすすめします。

視聴者からの印象が良くない

お伝えした通り、スキップできない広告は視聴者からの印象が良くない特徴があります。

 

「わざとスキップできない広告を採用して最後まで見てもらう」といったこちらの意図は、多くの視聴者に伝わります。

そのような意図を姑息だと感じる視聴者は、少なからずいるでしょう。

 

視聴者ファーストのコンテンツを作成したいのなら、スキップできる広告を選択する方法もあります。

しかし、そのような選択肢がある中であえてスキップできない広告を選択しているので、視聴者からの印象が悪化する可能性があります。

ブラウザ自体を閉じられる可能性がある

いくらスキップできないとはいえ、ブラウザ自体を閉じられた場合は意味がない広告も多くあります。

 

ブラウザ自体を閉じられた場合、広告を視聴されていないのにもかかわらず視聴者に悪い印象を与えるだけです。

すると動画本編も視聴されないので、動画の作者にも迷惑がかかってしまうでしょう。

まとめ

スキップできない広告の特徴をお伝えしましたが、ユーザーに悪い印象を与えることもあるとお分かりいただけたでしょう。

ユーザーに嫌われないためには、スキップできない広告ばかり使用しない方法もあります。

一番は、やはりユーザーが強制的に広告を視聴しなくても価値がある商品やサービスを届けることではないでしょうか。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事