セミナー広告のポイントを解説!興味を引くデザインとは

自社でセミナーを開催するから、広告を作成したいと考えていませんか。

しかしセミナーの広告を出稿することははじめてであるため、どのような内容にすればいいのか分からない人も多いでしょう。

セミナーの広告には必要な要素や注意点があるため、それを型として覚えれば簡単に作成できるはずです。

今回は、広告の作り方が分からない人に向けて、セミナー広告のポイントが分かるように解説しました。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

セミナーの広告で必要な要素

話す人

セミナーの広告では以下を明確にしておくことで、ユーザーの疑問を解決するページが作成できるでしょう。

セミナーのタイトル

セミナーのタイトルは、ユーザーが参加するかどうかを決める大事な要素のひとつです。

集客の結果を左右する文章なので、ポイントを押さえて作成するといいでしょう。

 

  • ユーザーの興味を惹く文章にする
  • セミナーの参加によって解決できる内容を明確にする

 

ブログ記事でたとえれば個別タイトルと同じで、ユーザーのアクションを促します。

そのためセミナーのターゲットにしているユーザーは、どんなタイトルに興味が湧くのかを考えるといいでしょう。

 

加えて、参加すればどんなことを解決できるセミナーであるのかを簡潔に表現します。

解決できる内容に具体性がないと、ユーザーは不安を感じて行動を起こしてくれません。

 

サービスを受けることで得られる利益のことを、ベネフィットといいます。

ターゲットを絞ってベネフィットを明確にすると、ユーザーに伝わるタイトルになります。

 

メリットとベネフィットの違いが分からない人もいるでしょう。

一般的にはサービスの利点や価値がメリットで、サービスの利用によって得られる利益や恩恵がベネフィットです。

 

集客のセミナーでたとえると、集客の進め方や考え方を初心者にも分かりやすいように教えることがメリットだとします。

するとベネフィットは、たとえば集客手法の意味が分かり、全体像が把握できて効率化に繋がることが考えられます。

日時

タイトルと同様に、セミナーの日時もユーザーが参加するかどうかを決める要素です。

 

ユーザーは、セミナーに参加するために十分な時間を取れる人ばかりとは限りません。

あまりスケジュールに余裕がない人なら、広告に日時の記載がないだけで参加をあきらめてしまうと考えられます。

 

日時の記載があることで、その時間が空いているユーザーへのアプローチが可能です。

また、日程を分かりやすい場所に記載しておくと、興味を持った人がすぐに行動を起こしやすくなります。

会場の場所

セミナー広告を出稿する際は、会場の場所を記載しておくといいでしょう。

 

遠方で開催すると思っていたイベントが近場だったので、興味を持った経験がありませんか。

反対に、イベントの内容によって、少し場所が遠くても行きたいものがあると思います。

会場の場所を記載して、ユーザーにアピールすると集客に繋がります。

内容

セミナーの内容を記載することによって、興味があるユーザーの集客に繋がります。

 

ユーザーが頭を使わなくても分かるよう、簡潔でありながら伝えたい内容をしっかり伝えるといいでしょう。

たとえば、集客に悩んでいる人に向けたセミナーなら、「集客でこのような悩みはありませんか?」と語りかけて、箇条書きで書いていく方法があります。

 

文章に箇条書きが入っていると、要点がまとめられており分かりやすい記事になります。

しかし単語を箇条書きで書いていくと、ユーザーにとって不親切な内容になる可能性があるでしょう。

 

そのようなときは、適宜箇条書きのスタイルを変えることによって、必要な内容を伝えられます。

 

【例:LINE公式アカウントの使い方】

  • 初期設定
  • マニュアル用意
  • 友だち追加
  • 活用方法や事例
  • よくある質問

 

上記のように、単語や短い文章だけではユーザーに「分かりにくい」「そっけない」印象を与える場合があります。

そこで、以下のように変更することが可能です。

 

【LINE公式アカウントの使い方 変更後】

  • 手順に沿って初期設定を進める
  • 疑問があったらマニュアルをチェックする
  • お店やWebで友だちを追加する
  • 活用方法や事例をチェックする
  • 困ったときは「よくある質問」を参照する

 

広告の内容に応じて、箇条書きのスタイルを変更してみるといいでしょう。

お問い合わせ先

ユーザーは、想定外の内容で「セミナーに行かない」ことを選択してしまいます。

 

しかしお問い合わせができる窓口があると、不安や疑問があった際に連絡をしてくれる可能性があります。

とはいえ、広告を読んで疑問を持ったユーザー全員が「お問い合わせ」をするわけではありません。

 

「お気軽にお問い合わせください」といった文章や、お問い合わせの受付時間を書いておくことで、ユーザーが連絡しやすくなります。

ポイントは来場するとどのようなメリットが得られるのか提示すること

話す人

私たち人間には、損をしたくないという心理「プロスペクト理論」が働くことがあります。

セミナーなら、たとえば以下の感情になる人がいると考えられます。

 

「これだけのお金を払って行く価値はあるのだろうか?」

「講師の価値観は合うのだろうか?」

 

このようなユーザーの不安を軽減するためにも、来場することで得られるメリットを書くといいでしょう。

セミナーの広告を作成するときの注意点

ユーザーに不信感を抱かせないためにも、セミナー広告の注意点を確認するといいでしょう。

嘘の情報を書かないこと

セミナー広告を作成するからには、集客をしたいと思います。

 

しかし、ユーザーからの信用を無くしてしまうため、嘘の情報を書かないようにします。

嘘の情報を書いて一時的にユーザーが集まったとしても、継続的な集客にはならないでしょう。

 

また、良い情報だけに限らず、悪い情報もSNSやブログなどを使って簡単に拡散されてしまいます。

今後同じ講師が主催するセミナーには人が集まらなくなる可能性があるため、正しい情報でユーザーを集めるようにします。

料金を分かりやすく記載すること

サービスを提供する際は、料金を分かりやすく記載するのがいいでしょう。

 

料金の記載が分かりにくいと、不信感を持ってしまうユーザーが多くいます。

やましいところまでは行かなくても「何か伝えにくいことがあるのでは」と勘繰るユーザーもいます。

 

サービスの料金に関して余計な不安を与えないため、この部分を明確にすることが集客のポイントです。

セミナーに集中するために外注するのもあり

集客や宣伝を外注することのメリットは、プロに依頼できることです。

 

基本的に集客はすぐに結果が出るものではないため、セミナーと同時進行するとなると時間が必要になるでしょう。

セミナーを開催したばかりでは集客できずに、収益に繋がらない場合もあります。

 

また、マーケティングは専門用語も多いため、自社で学ぶのは大変です。

しかしプロに集客を依頼すれば、自社の強みを活かしたうえで効率良く収益に繋げられる可能性があります。

 

最短でセミナーを収益化したい場合は、プロに依頼することもひとつの手段です。

新しく人材を雇用するよりも安い

集客を外注することにより、自社で新しく人材を雇用するよりも安くなるケースがあります。

 

マーケティングに関する実績がある人材を雇用する場合は、退職するまで多くの人件費がかかります。

また、コストをかけて人材を雇用しても、その人材が自社に定着すると決まったわけではありません。

しかし集客を外注すると、サービスにもよりますが不要になった時点で終了できます。

 

このように考えると、集客を外注する方が人材を雇用するよりも安いのです。

まとめ

セミナー広告は、内容を明確にすることがユーザーのためになるとお伝えしました。

 

そもそも、ユーザーは基本的に「セミナーには参加しない」ものだと考えて広告を作成することがポイントです。

 

セミナーに参加する前提で作成してしまうと、視野が狭くなり書いた方が良い内容が分からなくなるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説