集客の種類を8つ解説!自社にあった施策の選び方

2022年となった現在では、多くの企業が集客を獲得する為に広告を活用するケースが増えており、企業に対して広告の活用を薦める企業も数多くあります。しかし、従来の「チラシ」や「看板」、「交通機関」などの広告に加え、インターネットを活用した広告も増えており、顧客によって適切な広告の種類も異なります。今回は数多くある広告の中でも特に重要な集客方法や集客を実施する際の考え方について解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

集客の種類8つをまとめて解説

スマートフォンと手

集客を獲得する為の方法はかなりの数がありますが、全ての集客方法を実施すればいいというわけではなく自社で扱っている商品やサービスによって適切な方法を選択する必要があります。今回は集客方法の中でも「オンライン」と「オフライン」に分けてそれぞれの主な集客方法を解説していきます。

【インターネットを活用しているオンラインの集客方法】

SNS

スマートフォンやSNSの普及により、多くの消費者が”Facebook”や”Instagram”などの「SNS」を活用して企業の商品やサービスを認知するようになっています。そのため、多くの企業がSNSで自社のアカウントを作成し、自社の紹介だけでなく商品やサービスの利用事例、紹介などの情報を発信して集客を獲得しています。しかし、それぞれのSNSによって利用する消費者の年齢層が異なるため、自社のターゲットとしている層によって適切なSNSが異なります。消費者や主に利用しているSNSは「Facebook」「Instagram」「Twitter」がありますので、それぞれ簡単に解説していきます。

 

【Facebook】

Facebookでは、主に30代、40代のビジネス層の利用率が多くなっています。Facebookの最大のメリットは信頼性の高さであり、実名や電話番号の登録が必要となるため、トラブルが起きにくいツールとなっています。

 

【Instagram】

Instagramでは、主に20代から40代の層の利用率が高くなっており、“ハッシュタグ”というキーワードの検索もできるため、消費者の元に欲している情報が届きやすいというメリットがあります。

 

【Twitter】

Twitterでは、基本的に10代や20代などの若者層の利用率が高く、40代以上の層にはあまり活用されていません。Twitterのメリットはリアルタイムな情報を拡散しやすいという点であり、トレンドや話題性のある情報の発信に優れています

ホームページ

インターネットの普及によって消費者の多くがインターネット上で自身の知りたい情報を調べており、それに伴って多くの企業が自社の紹介や商品・サービスに関する情報を発信しています。また、今では「企業がホームページを持っているのは当たりまえ」とも言われる時代になっており、逆にホームページを持っていない企業は社会的信用を獲得しづらくなっています。そのため、今や企業が集客を獲得するには大前提として自社独自のホームページを持っておくべきと言っても過言ではありません。

リスティング広告

「リスティング広告」とはGoogleやYahoo!Japanなどの検索エンジンと呼ばれる検索サイトに掲載するネット上の広告のことであり、あらかじめ特定のキーワードを設定しておき、消費者がそのキーワードで検索をした際に表示されます。リスティング広告の”特定のキーワードで調べた時に表示される”という特徴は、”設定している消費者にしか表示されない”というデメリットがありますが、”設定しているキーワードに興味がある見込み客に対して表示ができるというメリットがあるのです。

Googleマイビジネス

「Googleマイビジネス」とは、Googleが提供しているサービスの1つであり、Googleマップ上に「企業名」「住所」「電話番号」「事業内容」「写真」など企業に関する情報を登録することができます。また、Googleマイビジネスを活用することで消費者が口コミを書きこめるようになったり、よくある質問に対するQ&A予約リンクなどを貼ることができ、さまざまなメリットがあるのです。

 

【インターネットを活用していないオフラインの集客方法】

Hand choose light bulb and crumpled office paper. Concept of inspiration creative idea thinking and future technology innovation

看板

オフラインの集客で代表的な例といえば、看板を思い浮かべる人も少なくないでしょう。看板は店舗を構えている企業で多く使われる手法であり、街中大通り沿いに設置するケースがほとんどです。また、2022年となった現在では、駅構内にある電子看板を活用して宣伝を行っている企業も多くあります。看板を活用する際には、どんなに質の高い看板を作成しても目立つところに設置をしなければ効果は薄くなってしまうので注意が必要です。

マス広告

マス広告とは、「テレビ」「雑誌」「新聞」「ラジオ」などのメディアを活用した広告のことです。マス広告のメリットは信頼性の高さであり、マス広告のように世間で認知の高いメディアを活用することで社会的信用の獲得をしつつ宣伝を行うことができるのです。

チラシ

インターネット上の広告の需要が高くなっている現在ではチラシの効果は薄いと思われがちですが、未だチラシで集客を獲得している企業も多くあります。しかし、10代、20代の若者層をターゲットにする際にはあまり見てもらうことができないため、50代や60代のようにインターネットをあまり活用しない年齢層をターゲットとしている企業が活用した方が効果は出やすくなるので注意が必要です。

イベント

イベントのメリットは、ある程度の興味や関心を持っている消費者を集めることや直接的にアプローチをかけられることで商品の購入やサービスの申し込みに繋げやすい点です。しかし、イベントを開催しても参加者を集めることができなければ効果が薄くなってしまうので、参加者を集める為の宣伝活動に力を入れなければいけません。

集客施策を選ぶ前に知っておきたいこと

集客を獲得するにはただ単に実行するのではなく、事前に把握しておくべき点がいくつかあります。今回はその中でも特に重要な3つのポイントを解説していきます。

ターゲット(ペルソナ)の設定に時間をかける

集客を行う際にはターゲット設定が最も重要と言っても過言ではありません。ターゲットによって“集客の施策方法”、“宣伝のキャッチフレーズ”などを変える必要があり、ターゲット設定が不明確では必ずと言っていっていいほど集客の獲得はできません。また、ペルソナと呼ばれる、“年齢”や“性別”、“年収”や“家族構成”など特定の項目を絞り、仮想の人物像を設定することでより明確にターゲットを設定することができます。そのため、集客を獲得する際にはターゲット設定に時間をかけてでも取り組むべきなのです。

「市場」「競合他社」「顧客のニーズ」を把握する

集客を獲得する際には自社以外にも競合他社や市場全体を把握し、“どのような点で差別化を図れるのか”、“顧客はどのようなニーズがあるのか”という点を抑えておく必要があります。これらを把握せずに他社でも扱っている同じような商品やサービスを販売したり、顧客のニーズを把握せずに自社が宣伝したい内容だけを宣伝しても集客の獲得はできません

集客施策を実施後に効果測定を行う

集客の為の施策を実施した後は結果を分析して改善をしなければいけません。一度の集客施策で獲得することは難しく、必ずいくつかの改善すべき点が生じてしまいます。施策を実行して結果が出ないまま放置してしまってはそれ以降も結果に繋がる可能性は非常に低いです。そのため、結果に対して“なぜ結果が出ないのか”、“施策の方法は正しいのか”、“問題点を解決する為にはどのような改善が必要なのか”といった結果に対しての分析と再度の実行を何度か繰り返すことで結果を出すことができるのです。

集客施策を選ぶときはターゲットに合わせることが決め手

自社の商品やサービス、設定しているターゲットによって適切な施策は異なります。SNSの例として記述したように、若者層には若者層に、高齢層には高齢層に適した施策方法があります。そのため、いかにオンラインの施策の需要が増えてきているとはいえ、自社が定めたターゲットがあまり活用しない方法で実行しても効果を得ることは難しいでしょう。

まとめ

今回は、集客を獲得する際の集客の種類について解説してきましたが、ここまでで記述したように集客獲得する為には闇雲に実行するのではなく、さまざまなデータや傾向などの分析をした後に適切な手法を取り入れるべきと言えます。また、適切な方法をいち早く見つけることで集客を獲得する為の費用を削減でき、より効果的な集客に繋げることができるのです。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説