マーケティング手法には何がある?有名なものを3つ紹介

『マーケティング』という言葉は誰もが聞いたことがあると思いますが、このマーケティングという言葉はいろいろな物事を含んでいて、使われ方も多岐に渡ります。

マーケティングの手法もまたたくさんの種類があり、企業は多くの手法の中から自社に合ったものを選択する必要があります。そのためには、

  • マーケティングとはなにかを知る
  • マーケティングの手法を知る

    ことが必要です。

    そこでこの記事では、特にこれから初めてマーケティングを行うことになった企業の新任マーケティング担当者に向けて、

    • マーケティングの定義と効果
    • マーケティングの代表的な手法

    を紹介していきます。


    説明用・PR用の動画を検討されている方へ


    マーケティングとは?

    マーケティングとは? の画像

    『マーケティング』とは、具体的にどんな意味を持っていて、どんな活動を示しているのでしょうか?

    マーケティングを一言で言い表すことは難しいですが、簡単に説明すると、マーケティングとは商品やサービスを、その開発から宣伝や市場調査・店舗設計・集客などを通じて消費者に価値を伝えて、売れる仕組みを作るための企業の活動の総称です。

    宣伝や市場調査だけではなく、商品開発や店舗設計もマーケティングに含まれています。
    マーケティングは非常に広範囲に渡る活動なのです。

    特に重要なのが「消費者に価値を伝える」という点です。
    消費者に商品やサービスの価値を伝えるためのあらゆる活動=マーケティング と覚えておきましょう。


    伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


    マーケティングの効果

    マーケティングの定義を解説しましたが、企業の行うマーケティングにはどんな効果があるのでしょうか?

    ここからはマーケティングを行うことによる代表的な効果を3つ、紹介します。

    売上が自然と上がる

    マーケティングの目的は、マーケティングをすることによって、企業が何もしなくても売上が向上する状態を作ることでもあります。

    そのため、マーケティングには自社商品やサービス、ひいては企業の売上を自然と向上させる効果があります。

    ターゲットが見えてくる

    市場調査や広告効果の分析もマーケティングの範疇です。
    そのためマーケティングを行えば、自社商品やサービスを誰に向けてPRすれば良いかといった、正しいターゲット層が見えてきます。

    ターゲットをより絞れたり、想定外のターゲットを発掘できることもあり、マーケティングはターゲットを明確にしてくれます。

    PDCAを回すことで次の戦略がわかる

    マーケティングは1回限りで終わる活動ではなく、企業が存在する限りずっとずっと続けていくことになる活動です。
    成功もあれば失敗もあり、改善すればするほどに精度が高くなっていくものでもあります。

    ビジネスにおいて「PDCA(Plan Do Check Action)を回す」という言葉がよく使われていますが、マーケティングにもPDCAサイクルは当てはまります。

    1つの施策を企画(Plan)したら、行い(Do)、効果測定(Check)をして、改善した施策を実施(Action)する。

    マーケティングを行えば行うほど、次にどんな施策を打てばいいか、さらにはマーケティングを飛び越えて企業としてどんな道を歩めばいいかといった事業戦略まで見えてきます。


    説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    代表的なマーケティング手法3つ

    代表的なマーケティング手法3つ の画像

    マーケティングの定義・効果と紹介してきました。
    マーケティングにはさまざまな活動が内包されていますが、どこに向けてどうやってマーケティングするかという、具体的な手法としては以下3種類が挙げられます。

    それぞれ見てみましょう!

    マスマーケティング

    『マスマーケティング』とは、「マス(大衆)」に向けたマーケティングです。

    不特定多数の人々を対象にしたマーケティングのことで、テレビCMやラジオ・新聞・雑誌などを活用して多くの人々に向けて情報を発信します。

    マスマーケティングを行うと商品や企業の認知度が拡大し、消費者の興味喚起といった購入までの第一段階を達成できます。

    ダイレクトマーケティング

    『ダイレクトマーケティング』とは、ターゲットに対して直接販売を行うマーケティングです。

    例えば、テレビショッピング。
    商品の特長を紹介したあとお問い合わせ番号が表示され、視聴者はその表示された番号に電話をすれば紹介された商品を購入することができます。これがまさにダイレクトマーケティングです。

    ECサイトもダイレクトマーケティングの1つで、非対面で直接売上を上げられる費用対効果の高いマーケティング手法となっています。

    インバウンドマーケティング

    『インバウンドマーケティング』は、マスマーケティングやダイレクトマーケティングのように企業側から消費者に訴えかけにいくマーケティングではなく、消費者に自社を見つけてもらうマーケティングです。

    ウェブサイトやオウンドメディアを開設して情報を発信し、消費者にGoogle検索などを通じて辿り着いてもらうことを狙います。
    インバウンドマーケティングはSNSでも使われていて、たとえばTwitterに載せた広告がバズったり、検索されることで集客を狙うことできます。

    インバウンドマーケティングは、インターネットの普及とともに近年活発に使われるようになってきたマーケティング手法です。


    従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


    まとめ

    マーケティングの定義から代表的な手法について詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

    マーケティングはとても奥が深いので、一朝一夕では自社にとって効果的な方法を見出すことはできませんが、
    やればやるほどに経験値が溜まっていくものでもあります。

    企業によってどんなマーケティングが有効かは異なりますので、記事で紹介した3つの手法を1つずつ試し、PDCAを回しながら、効果的なマーケティングを見つけ出しましょう!

    売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

    TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

    「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

    資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

    まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

    \まずは会員登録/

    また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

    • 会員登録(無料
    • 資料掲載(無料
    • 初期費用(無料

    TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
    会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

    \会員登録・資料掲載は無料/

    動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

    おすすめの記事