Google推奨のHHH戦略とは?詳しいやり方や特徴を紹介

HHH(スリーエイチ)戦略は動画マーケティングだけではなく、動画制作する方にとっても覚えておいたほうがいい戦略です。

ただ、なかには、

・初めて聞いたのでよく分からない
・どうやってHHH戦略を考えればいいの?

と思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、

・HHH戦略の基礎知識
・HHH戦略の方法

について紹介します。

質の高い動画を制作するためにも大切なことなので、ぜひこの記事でHHH戦略について学びましょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


HHHとはHub・Hero・Helpの頭文字を取ったもの

HHH戦略は、2014年にGoogleがコンテンツマーケティングに関して提唱した戦略です。
「Hub動画」「Hero動画」「Help動画」の頭文字を取って名付けられており、スリーエイチ動画と呼びます。

冒頭で述べたように、HHH戦略は動画マーケティングや動画制作において重要なものであることから、この機会に必ず覚えておきましょう。

ユーザーと企業とをつなぐ役割を持つ「Hub動画」

「Hub動画」は、ユーザーと企業をつないだり、リピーターを増やしたりする役割を持っています。

どんなに良い動画を制作できたとしても、そこから顧客増加につながらなければもったいないもの。

「Hub動画」は、動画を見てくれた方を取り込むためのコンテンツであり、後ほど紹介する「Hero動画」や「Help動画」との関連性も非常に高いです。

認知の役割を持つ「Hero動画」

「Hero動画」は、企業や製品、サービスの認知拡大を担うコンテンツです。
今の言葉で言えば、バズる動画が「Hero動画」です
「Hero動画」があれば、多くの人が見てくれるうえに拡散してもらえます。
拡散してもらえれば、多くの人に見てもらいやすくなるため、新規顧客獲得にもつながります。

ただ、「Hero動画」は簡単には制作できないため、しっかりとターゲットの情報やトレンドなどを把握しておかなければなりません。

もしこれから「Hero動画」を制作したいのであれば、ただ話題性ばかり目指すのではなく、かっこよさや美しさなど、見てくれる人の感情に響くようなものを制作しましょう。

情報伝達の役割を持つ「Help動画」

「Help動画」は、製品やサービスのQ&Aや使い方など、情報伝達の役割を持っています。
ハウツー動画も「Help動画」の1つであり、すでに利用しているユーザーやこれから利用しようと思っているユーザーが持つ悩みや疑問などを解決する役目もあります。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


この記事はお役に立つかも?

HHH戦略の方法

HHH戦略を考えるうえでは、ターゲットの興味関心に合わせて使い分けることが大切です。
では具体的に何をすれば良いのでしょうか。

そこで、HHH戦略の方法として3つ紹介します。

Hub動画は「見込み客」へ購入を促すことを意識する

「Hub動画」を制作する際は、見込み客へ購入を促すことを意識しましょう。
見込み客というのは、自社の製品やサービスに興味があり、買おうと思っている顧客のこと。

見込み客は「欲しいけど、どうしようかなぁ…」と悩んでいる人が多いため、「Hub動画」で背中を押してあげることにより、購入への決意ができます。

Hero動画は「潜在顧客」を見つけることを意識する

「Hero動画」の場合は、潜在顧客を見つけることを意識します。
「Hero動画」はSNSやブログで広がりやすいことから、これまで自社のことを知らなかった人にまで届くことがあります。

もし潜在顧客を見つけることを意識して制作していれば、「Hero動画」のおかげで製品やサービスを購入してくれる人が増えるかもしれません。

そのため、「Hero動画」を制作する際は、上記で紹介した感情を動かすことだけではなく、潜在顧客を見つけることも意識しましょう。

Help動画は「既存顧客」へ利用を促進させることを意識する

「Hub動画」は見込み客で「Hero動画」が潜在顧客でしたが、「Help動画」の場合は既存顧客の利用を促すことを意識します。

前述したように、「Help動画」は既存の顧客が持つ悩みや疑問を解決する役割を持っているので、その点をカバーすることで安心して利用してもらいやすくなります。

もし悩みや疑問が解決されないままであれば、他の製品やサービスに鞍替えしてしまうかもしれません。

 HHH戦略とトリプルメディアは似ている?

HHH戦略のような考え方は、トリプルメディアにも当てはまります。
トリプルメディアとは、「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」のことを指しており、それぞれ意識するターゲットが異なります。

オウンドメディアは「Hub動画」と同じく見込み客で、ペイドメディアは「Hero動画」と同じ潜在顧客。
アーンドメディアは、「Hub動画」と同じ既存顧客を意識します。
トリプルメディアはマーケティングにおける基礎知識であるため、詳しく利したい方はぜひ調べてみてください。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


この記事はお役に立つかも?

HHH戦略に使える動画の制作はTSUTA-WORLDへ

今回は、HHH戦略の基本情報や方法について紹介しました。
HHH戦略にはそれぞれ目的があり、狙うターゲットも異なります。

そのため、動画マーケティングや動画制作に関わる際はHHH戦略のことも覚えておくことにより、ターゲットに役立つコンテンツを制作できるでしょう。

なお、TSUTA-WORLDでもHHH戦略に使える動画制作を行っているため、気になっている方はぜひ一度相談してみてはどうでしょうか。

この記事はお役に立つかも?

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説