【業務改善】マーケティングオートメーションの事例を紹介

マーケティングは顧客を獲得するために必須な活動ですが、一口にマーケティングといっても、そのなかには市場調査・集客・宣伝など非常に多くの仕事があります。

企業の担当者のなかには、

  • やることが多すぎて仕事が大変!
  • マーケティングを効率化する方法を知りたい

と考えている方も多いのではないでしょうか?

みなさまにおすすめなのが『マーケティングオートメーション(MA)』の導入です。

マーケティングオートメーションを導入することでマーケティング活動は激変します。
この記事では、

  • マーケティングオートメーション導入のメリット
  • マーケティングオートメーションの事例

    をご紹介。
    マーケティングオートメーションの魅力を具体的に解説していきます。


    説明用・PR用の動画を検討されている方へ


    マーケティングオートメーション(MA)とは?

    マーケティングオートメーション(MA)とは? の画像

    マーケティングオートメーション(MA)とは、どういうものか。
    一言で説明すると『マーケティング活動を自動的に行ってくれるツール』のことをいいます。

    マーケティングオートメーションを導入すれば、それまで属人的で多くの業務があったマーケティングがある程度自動化されます。

    自動化されることで具体的にどんなメリットを得られるのでしょうか?
    次の章で解説します。


    伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


    マーケティングオートメーションを導入するメリット

    マーケティングオートメーションを導入することで、企業はマーケティング活動において、下記のようなメリットを得ることができます。

    具体的に紹介しましょう。

    人為によるミスが減る

    マーケティングでは、市場調査や分析などで非常に多くのデータを収集したり、見込み客相手にメールを送ったりなどをすることになりますが、すべてを人の手でやっていると、計算ミスや送信ミスが起きるなどヒューマンエラーが発生します。

    マーケティングオートメーションは人の手で行う部分を自動化できるので、必然的にミスが減ります。

    高度な分析が可能になる

    見込み客や顧客のデータを管理し、メールからどんな反応を示したか、どれだけウェブサイトにアクセスしてくれたか、などの詳細なデータ分析もマーケティングオートメーションの得意とするところです。

    詳細かつ高度な分析を自動で行ってくれるので、企業は質の高いマーケティング活動が行えるようになります。

    業務量が減る

    マーケティングオートメーションを導入すると、社員たちが行うマーケティング業務の量を削減することができます。
    自動化されることでミスも減り、データなども自動で抽出してくれるようになるので、社員たちは膨大な業務から解放され、必要なことだけに注力できるようになります。


    説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    マーケティングオートメーションの事例

    マーケティングオートメーションの事例  の画像

    マーケティングオートメーションを導入するメリットを解説しました。
    マーケティングオートメーションはツールやソフトウェアで、各社からリリースされています。

    マーケティングオートメーションツールはそれぞれ特徴があります。
    ここからは導入の際に参考になるように、代表的なマーケティングオートメーション事例を紹介していきます。

    Pardot

    Pardot の画像

    営業支援や顧客管理などで世界ナンバーワンのシェアを持っているセールスフォース・ドットコム社が開発したマーケティングオートメーションツールです。
    自動化してくれるだけでなくセールスフォース・ドットコム社と連携してさまざまなマーケティングを効率的に行えることが強みです。

    『Pardot』の製品ページへ行く

    Bow Now

    Bow Now の画像

    無料で使えるマーケティングオートメーションツールがこの『Bow Now』です。
    国産のツールで、日本のマーケティング現場に即しているため、日本企業にとってはとても使いやすいツールになっています。

    複雑な設定をしなくて良いことも打ち出しているので、マーケティングオートメーションをこれから初めて導入する企業にもおすすめです。

    『Bow Now』の製品ページへ行く

    Marketo

    世界各国5000社以上の企業に取り入れられているマーケティングオートメーションツールです。
    リクルート、パソナなど有名企業も使っているなど実績も豊富なので、信頼性の高いツールです。
    B to BにもB to Cにも対応でき、業種も問いません。

    『Marketo』の製品ページへ行く

    List Finder

    List Finder の画像国内で1600以上の企業が導入しているマーケティングオートメーションツール。
    上場企業の導入率はこの『List Finder』がトップを走っています。

    コンサルタントが親身にサポートしてくれるので、マーケティングオートメーションを初めて導入する企業も安心です。

    『List Finder』の製品ページへ行く

    HubSpot

    HubSpot の画像

    『HubSpot』は、マーケティングだけではなく営業や配信しているコンテンツの管理まで行ってくれるとても便利なツールです。
    全世界95000社以上が導入していて、いろんなHubSpotが提供するさまざまなツールを組み合わせることで、ビジネスは飛躍的に進歩するでしょう。

    『HubSpot』の製品ページへ行く


    従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


    この記事はお役に立つかも?

    自社に合ったツールを選ぼう

    マーケティングオートメーションツールの事例を、導入メリットと合わせて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

    マーケティングオートメーションを導入するときは、自社のビジネスの現状や方向性に合ったものを選ぶことが重要です。

    自社の状況をまずは観察して、この記事で紹介されているマーケティングオートメーションツールの事例からどれがいいかを決めたり、また他にも良いツールがないかを探してみましょう。

    売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

    TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

    「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

    資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

    まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

    \まずは会員登録/

    また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

    • 会員登録(無料
    • 資料掲載(無料
    • 初期費用(無料

    TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
    会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

    \会員登録・資料掲載は無料/

    動画を使って売上が11倍になる手法」を解説