【初心者必見】企業プロモーションを1から教えます!

企業プロモーションという言葉をご存じでしょうか。

簡単に言葉を分けてみると「企業」と「プロモーション」でなんとなく理解はできるものの、詳しく説明出来ない方もいるでしょう。

本記事では、「企業プロモーション」の、基本的なことから、プロモーション動画の動画で気を付けることなどプロモーションについてまとめています

一から知りたい方は必見ですよ。

企業プロモーションとは?

企業プロモーションとは?

企業プロモーションとは、マーケティング戦略の基本であり、企業を支えるための販売促進活動のことを指します。

そもそもマーケティングは次の4つにより成り立っているものです。

  • 広告
  • セールスプロモーション
  • 人的販売
  • 広報

マーケティング上でいわれるプロモーションは「広告」を連想することもできますが、手法はこれだけではありません。

クロスメディアといわれる戦略もあるのです。

企業プロモーションをするためには、クロスメディア戦略が必要不可欠といっても過言ではありません。
クロスメディア戦略を知ることでより効果的なプロモーション動画作成につながる可能性も。もう少し詳しい情報は以下のページで確認してみましょう。

この記事はお役に立つかも?

企業プロモーションには動画がおすすめな理由

企業プロモーションには動画がおすすめな理由

  • 視覚的にわかりやすい
  • 短時間で見ることができる
この記事はお役に立つかも?

プロモーション動画で気をつけること

プロモーション動画で気をつけること

プロモーション動画を作成するにあたって気を付けることは、「伝えたいターゲットの目線に立つ」ということです。

主観的に物事を説明した場合には主語を省略可してしまいますが、プロモーション動画作成に必要なことは、客観的な目線で、正確に情報を伝える必要があります。

問題解決できることを確実に伝える

プロモーション動画を作るにあたって、必要なことは「そのサービスを利用することで問題の解決につながる」ということです。

この問題は、顧客(ターゲット)にとって悩みでもあり、解決できる糸口を探しているともいえるでしょう。しかし、単にサービスをアピールしたものでは、「魅力的」とは言い難いものです

つまり、「なんらかのストーリーを加えることが重要」であり、サービスをアピールするためのストーリーを引き込み、自然とサービスに対して魅力を感じ、「このサービスを利用することで問題解決につながる」と思える環境を整える必要があります。

問題解決できることを確実に伝えながら、情報を正確に伝えることはどちらも欠けてはならない材料であるため、あらかじめターゲットを設定しておきましょう

使っている場面を想像できる

プロモーション動画を扱うシーンとして、特に最適といえるのが「実際に手に取って試すことができないような商品やサービス」です。

実際に手に持つことが出来ず、試すことも出来ないからこそ、動画にして伝えることで、どんなシーンで持つのかなど、いわば疑似体験をイメージできるのです。
一方で、実際に手を取って試すことができる商品やサービスでも、プロモーション動画は効果的といえます。

この場合は、ショッピング番組やYouTubeなど人気タレント、インフルエンサーを起用した動画を作成することにより、充分な効果を期待できるでしょう。

プロモーション動画を公開する際は、インターネットなど不特定多数の顧客が見るような環境で出すことによって、より「使っている場面を想像できる」顧客がファンになる可能性が高まるため、爆発的な人気が上がります。

誰に何を伝えるのかを明確にする

プロモーション動画を作るにあたって重要な決めることのひとつです。動画を作るにあたって、「ターゲット」を意識すること、そして「5W1H」に沿って何を伝えたいかを整理しておくことが求められます。

5W1Hは、次の通りに分けられます。

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(だれが)
  • What(なにを)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

この設計は、どのプロモーションでも重要といえる条件であり、特にWhoとWhyは重要です。作成するプロモーション動画を誰(ターゲット)に伝えたくて、なぜ、その商品のサービスや、商品が必要なのかを正確にしておくことが必要なのです。

以上のほかにも、プロモーション動画の作成に気を付けることがあります。詳しくは以下のURLで要チェック!

この記事はお役に立つかも?

プロモーション動画の成功事例

プロモーション動画の成功事例

「イメージや知名度を向上させることを目的に作られた動画」であるプロモーション動画は、企業、自治体だけでなく、効率的にPRできることから、シーンを問わずさまざまな場面で活用ができます。
作ることならば、良いものを作りたいですよね。良いプロモーションを作るために、コツや事例をチェックしてみましょう。

この記事はお役に立つかも?

プロモーション動画の制作におすすめの動画編集ソフト

プロモーション動画の制作におすすめの動画編集ソフト

アマチュアでも、誰でも「視聴者の印象に残る」動画作成の環境も整えることも、プロモーション動画の制作ソフトがあれば動画の作成は可能です。

After effects

After effectsは、無料で使用できるアニメーションソフトでありながら、2Dアニメーションに特化しているソフトです。

また、簡単なベーシックなアニメーションも作れて、ペンタブレットの対応もしているのです。

つまり

  • アニメーションソフトをペンタブで直観的に操れる
  • 無料で2Dに特化したソフトでアニメーションを作れる

という大きな特徴があります。

主な使い方としては、キャラクターのPSDファイルを用意し、ソフトへ読み込む→動きやポージングを加えて、映像へ書き出すという流れです。

直感的操作もできるため、ペンタブを扱える方には最適なソフトと言えるでしょう。詳しい使い方は以下のページをチェックしてみてください!

こちらの記事がおすすめ!

VYOND

簡単な操作でアニメーションと動画を作りたいというときは、VYONDというソフトがおすすめです。
VYONDは、クラウド型の動画作成サービスであり、サブスクリプション型です。専用ソフトのダウンロードはないため、共有して使うことのできるソフトです。

また、VYONDはビジネス用のアニメーション動画作成に向いています。主にVYONDで作れる動画は、次の通りです。

  • 事業説明
  • 業績紹介
  • 動画広告
  • プレゼンテーション

「ビジネスシーン」においては万能ともいえるでしょう。
使い方や価格、他の特徴については、以下のページをクリック!

Filmora

Filmoraは、有料版だけでなく無料版もあるソフトであり、初心者でも充分に動画作成できるソフトです。動画作成において、必要な動画エフェクトも500種類以上あり、素材だけでなくエフェクトもあるため、「どこから集めてくれば良いのか」、「フリーの著作権素材がなくて困る」という悩みも抱える必要がありません

初心者には充分なソフトですが、経験者が扱うと機能があまりなく、物足りないと感じることもあるでしょう。

操作性が簡単である分細かいところまでカバーできていない点が、Filmoraの弱点であり初心者からすると長所でもあるのが特徴のひとつです。

こちら記事がおすすめ!

アプリでもプロモーション動画を作れる?

アプリでもプロモーション動画を作れる?

アプリでもプロモーションの動画を制作することは可能です。

アプリを使うことで、パソコンの編集ソフトよりも、簡単に動画を作成できるため、手軽とも言えるでしょう。

一方で、「編集の自由度」は小さいことがほとんどです。スマートフォンなどで作るからこそ、本格的なものが作りにくいことや、媒体のスペックが合わず、動画作成に向いていないことが基因にもなります。

動画作成に必要なスマートフォンのスペックは、

  • メモリは6GB以上
  • ストレージは64GB以上

など、比較的高めのRAM、ROMが必要と言えるでしょう。

カメラを使った動画編集の場合は、スマートフォンのブランドによってクオリティも変わってくるため、使用しているスマートフォンや、動画編集用に使用する機器を確認してみて下さい。

スマートフォンで動画を作るなら以下のURLで要チェック!

この記事はお役に立つかも?

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説