Webマーケティングを正しく理解して適切なプロモーションを

Web広告において、コンバージョンは重要な指標です。

コンバージョンを適切に設定してその成果を図ることで、効果的なWeb広告を運用することができます。

そのためマーケティングの担当者は、コンバージョンについて理解を深めておく必要があるのです。

この記事ではWebマーケティングにおいて重要な指標である「コンバージョン」について、詳しく解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

コンバージョンとはユーザーがアクションをおこすこと

コンバージョンとは、商品を購入したりサイトのURLをクリックしたりと、ユーザーがアクションを起こすことです。

コンバージョンは英語で「Conversion(CV)」と書き、直訳すると「変換」や「転換」などの意味があります。

ユーザーがアクションを起こすことでWeb広告のコストが成果に変換される、このようなイメージを持つと分かりやすいです。

つまりWeb広告においてコンバージョンは「Webサイトで獲得できる成果=ユーザーのアクション」を指します。

コンバージョンは目的によってさまざま

action
コンバージョンは、マーケティング施策の目的によって様々に設定されます。

目指す目標によって、Web広告の最終成果が異なるためです。

コンバージョンを適切に設定することで、広告の効果を判断し改善していくことが可能です。

ここでは代表的なコンバージョンの設定例を3つ紹介します。

商品購入

Webページを介してユーザーが商品やサービスを購入する事が目標の場合、コンバージョンを商品購入に設定します。

代表的な例として、ECサイトのコンバージョンが商品購入とされることが多いです。

問い合わせ

ユーザーが商品やサービスを購入するまでの検討期間が長い商品や、コミュニケーションが必要不可欠な商品やサービスの場合、問い合わせをコンバージョンに設定することが多いです。

代表的な例として、建築会社やシステム構築関連のWebサイトが挙げられます。

資料請求・サンプル・無料体験の申込み

ECサイトであれば商品サンプルの申込み、学習塾のサイトなら無料体験の申込みなどをコンバージョンとして設定する場合もあります。

直接的な売り上げに繋がらなくても、サンプルや無料体験の申込みを通じて顧客情報が手に入れられるため、その後の営業活動をスムーズに行うことができます。

実際に顧客が体験してみなければ分からない商品を売る際に、有効なコンバージョン設定です。

【ケース別】コンバージョンが少ないときの対策

コンバージョンが少ない時、まずはコンバージョンが少ない原因を検証します。

検証には「コンバージョン数=コンバージョン率×クリック数」を用います。

コンバージョン率とは、Webサイトに訪れたユーザーの中でどれくらいがコンバージョンに至ったか表す数値です。

コンバージョン数が少ない場合、コンバージョン率かクリック数、どちらかが低いことになります。

ここでは、コンバージョン率が低い場合とクリック数が少ない場合、2つのケースに分けて対策を紹介します。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


コンバージョン率が低い場合

コンバージョン率が少ない場合、ユーザーがコンバージョンに至るようなWeb広告を改善していくことが必要です。

広告デザインの改善

広告デザインの改善を改善することでユーザーがアクションを起こしやすくなり、コンバージョンを増やすことに繋がります。

特にランディングページ(LPページ)のデザインを改善することで、コンバージョンを大きく増やすことが可能です。

ランディングページは、リスティング広告などから訪れるユーザーが最初に閲覧するページです。

ランディングページで自社の商品やサービスを魅力的に伝えられれば、結果的に全体のコンバージョン率は上がります。

キャッチコピーやコンセプトは適切か、全体の色合いやフォント使いなど、ランディングページの改善ポイントは多岐に渡ります。

ランディングページの変更に対して膨大な労力が必要となりますが、大きな成果を得られる可能性も高いです

サイト内移動を減らす

サイト内の導線は適切か確認する必要があります。

場合によっては、サイト内移動を減らした方が良いかもしれません。

多くのWebサイトは、他のページへ遷移できるようにリンクが張り付けられています。

リンクが張り付けられていることでユーザーに様々な情報を提供できますが、同時にサイト周回中に離脱する確率も高まってしまいます。

そのためサイト内移動が多すぎて、コンバージョンに行き着かないこともあり得るのです。

無駄なWebページへの遷移を誘導していないか、ユーザーのコンバージョンに至るまでの気持ちを盛り上げるようなリンクを貼ってあるか、検証する必要があります。

クリック数が少ない場合

クリック数が少なければ、広告の表示回数が増えるようにWeb広告を改善していく必要があります。

ターゲットの再分析

ターゲットとマッチした広告を打ち出せているか検証するためにも、ターゲットの再分析をおすすめします。

高年層をターゲットとした広告にも関わらず、若年層が利用するようなSNSやゲーム上で広告を流していても高い効果は得られません。

これは極端な例ですが、ターゲットにマッチしていない広告は総じてクリックされる確率が減ってしまうものです。

ターゲット層の年齢の他にも、ユーザーの商品やサービスに対する関心度に合わせて広告を変える必要もあります。

ペルソナ分析を行って適切にターゲット設定することが、コンバージョンを増やすコツです。

適切なキーワードの設定

広告を表示するキーワードを適切に設定することで、クリック数が増える可能性があります。

リスティング広告では、ユーザーが検索したキーワードと連動して広告が表示されます。

検索結果画面のトップに表示されるため、適切なキーワードであればクリックされる確率も高まるのです

逆に適切なキーワード設定でなければ、スルーされることも十分あり得ます。

さらに設定するキーワードは、商品やサービスとマッチしたものでなければなりません。

いくら広告がクリックされたからといって、コンバージョンに繋がらなければ意味がないためです。

そのためにも適切なキーワードを設定するほか、除外キーワードを設定して不必要なユーザーをブロックすることもコンバージョン数を上げる秘訣です。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


コンバージョンを増やすために必要なこと

notneeded
コンバージョンを増やすために必要なことは、検証と改善です。

コンバージョンを設定して実際にWeb広告を運用しているだけでは、マーケティング施策として正しいとはいえません。

目標に到達するように常に改善し続ける必要があります。

もし何も改善せずに目標に到達しても、常に改善し続けなければ数値はすぐに下がってしまうかもしれません

それほどまでに、Web業界の移り変わりはスピード感があるのです。

まずは、コンバージョンが少ない原因を検証し、その点を改善する必要があります。

原因を突き止めたら、原因を取り除けるような改善策を施します。

コンバージョン率が低ければユーザーがコンバージョンに至るようなWeb広告に改善し、クリック数が少なければ広告の表示回数を増やすように改善する必要があるのです。

改善策を施した後はコンバージョンに対してどのような影響を与えるか検証し、さらに改善を繰り返す必要があります。

このように検証と改善を繰り返すことで、効果の高いWeb広告の運用が可能となるのです。

まとめ

Web広告において、コンバージョンはWebサイトで獲得できる成果、つまりユーザーのアクションを指します。

広告の効果を測定し、さらに効果を高めるためにも重要な指標です。

ただし、コンバージョンを設定しているだけで効果的な広告が運用できるわけではありません。

ユーザーがコンバージョンに至るように、Web広告を検証して改善を続ける必要があるのです

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事