【広報・PR担当者必見】Tiktokマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングやWEBマーケティング、アウトバウンドマーケティングなど、マーケティングにはさまざまな種類があります。
その中で新しい種類としてTikTokマーケティングがありますが、

・TikTokマーケティングってなに?
・TikTokマーケティングってどう行えばいいの?

と思う方もいることでしょう。
そこで今回は、

・TikTokマーケティングの基本情報
・TikTokマーケティングを行う際のポイント

について紹介します。
TikTokマーケティングに対して興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


TikTokマーケティングの基本情報と特徴

tiktok画面のスマホを持つ

TikTokマーケティングは、名前どおりTikTokを活用したマーケティングです。
主な特徴としては、以下の3つが挙げられます。

ユーザー参加型企画

TikTokマーケティングは、ユーザーも巻き込んだマーケティング手法です。
具体的には、ユーザーが参加できる企画を用意し、楽しみながら自社の製品やサービスを知ってもらいます
主な事例としてワイモバイルの「#と思いきやダンス」やAbemaTVの「#今日好きダンス」、日本マクドナルドの「#ティロリチューン」などが挙げられます。
どれも有名なTikTokマーケティングの事例であるため、実施する際の参考とすると良いでしょう。

インフルエンサーとコラボレーション

TikTokマーケティングでは、インフルエンサーや芸能人などとのコラボも重要です。
有名な人とコラボすることで企画に対しての注目が集まりやすくなります。
例としてAbemaTVの「#今日好きダンス」の場合は、元ネタであるドラマのキャストが「#今日好きダンス」をつけた動画を投稿して視聴者からの注目を集めました。

若年層が中心

TikTokは10〜20代の若い層が多く利用しています。
そのため、若年層をターゲットにしたマーケティングを展開したいときにおすすめです。
TikTokを活用することで、不特定多数の若者に情報を届けられることから、上手くいけば若い人からの支持が得られるかもしれません。
一方で、高齢者向けのマーケティングとしてTikTokを使うのは向いていません
もし高齢者向けにアピールしたいのであれば、テレビCMや新聞広告といった従来のメディアを活用したマーケティングをおすすめします。

海外へのアピールもできる

TikTokは国際的に利用されているSNSであるため、海外へのアピールもできます
他のSNSマーケティングではできない範囲まで訴求できるところも、TikTokマーケティングの特徴といえるでしょう。
動画の内容次第では、海外からのファン獲得にもつなげられるかもしれません。

TikTokを始めた企業はまだ少ない

TwitterやFacebook、Instagramにはさまざまな企業アカウントが存在します。
しかし、TikTokはそれらと比べてまだ少ないといえる状況です。
だからこそ、今のうちにTikTokに参入することをおすすめします。
早めに参入することで、競合他社に埋もれてしまう可能性を減らすことができます。

これからはショート動画の時代?

おまけの情報ですが、これからはTikTokも含めたショート動画の時代と考える人もいます。
その理由として、動画が以前よりも視聴しやすい環境になったことや動画そのものの質が向上したこと、情報が多い昨今であるがゆえに飽きるスピードが早くなっていることなどが挙げられます。
そのようなことを考えると、サッと視聴して楽しめるショート動画の時代と考えている人がいることにも納得できるでしょう。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


TikTokマーケティングを行う際の4つのポイント

さまざまなデータとpoint

TikTokマーケティングを行う際には、いくつかのポイントがあります。
これから取り組む方は、ぜひチェックしておきましょう。

ターゲティングをしっかり行う

どんなマーケティングであっても、ターゲットの選定は重要なことです。
TikTokマーケティングでも同じことであり、ターゲティングをしっかりと行いましょう
「ターゲットなんて10〜20代だけでもいいのでは?」と思うかもしれませんが、それだけではあいまいです。
効果的なマーケティングを行う上では、具体的に決める必要があります。

ユーザーが気軽に参加できる企画にする

ユーザー参加型の企画を考える際は、気軽に参加できるようなものにしましょう
ややこしい条件をつけてしまうと、面倒と思って参加してもらえなくなります。
そのため、できる限りユーザーが参加しやすい条件にしましょう。
よくあるものとしては、決められたハッシュタグをつけて投稿するという条件があります。

インパクトを大事にする

動画コンテンツ全般に当てはまりますが、インパクトも重要なポイントです。
インパクトがあることで、最後まで視聴してもらいやすくなります
いくら短い動画といっても、インパクトがなければ視聴してもらえない可能性があります。
そのため、できる限り冒頭でインパクトのある演出をして、視聴者から注目されるようにしましょう。

プロアカウント機能も忘れずに

TikTokを運用する上では、プロアカウント機能も欠かせない存在です。
プロアカウント機能を活用することで、動画視聴数やフォロワー数の増減などが分析できます
それらのデータはTikTokマーケティングを行う上でも重要なことであるため、必ずチェックしておきましょう。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


TikTokマーケティングは今のうちに!

片手にスマホのガッツポーズ

今回は、TikTokマーケティングの基本情報や実践する際のポイントを紹介しました。
まだ取り組む企業が少ないうちに、TikTokマーケティングを実践しておくのがおすすめです。
前述したように、早めの取り組みで競合他社に埋もれることなく効果的な成果が得られるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事