集客とマーケティングの違いとは?どちらに重きをおくのがいい?

意味の違いを理解してビジネスを促進!

ビジネスの現場でよく使われている『集客』という言葉と『マーケティング』という言葉。
実は、その意味も行動も違います

商品や店舗のプロモーションをするなら、両者の違いを正確に把握しておいた方が、ビジネスを進めやすくなります。
違いがわかれば『集客』と『マーケティング』どちらを重要視すべきなのかも見えてくるでしょう。

そこでこの記事では、企業の広告担当者に向けて、

  • 『集客』と『マーケティング』の違い
  • 『集客』と『マーケティング』はどちらに重きを置くべきか

    について解説していきます。


    説明用・PR用の動画を検討されている方へ


    集客とはなにか?

    『集客』とは、簡単に説明すると、「あらゆる手段を通じて、店舗や商品のある場所に客を呼び込む行動のこと」です。

    古くはTV-CMやチラシ配布・新聞広告・カタログなどを通じて集客が行われていました。
    インターネットが普及した近年は、ウェブサイトのバナー広告・リスティング広告・動画広告なども集客の手段として用いられています。

    加えて、イベントやキャンペーンの開催も集客の手段の1つと言えます。


    伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


    マーケティングとはなにか?

    『マーケティング』とは、こちらも簡単に説明すると、「市場調査から店舗(商品)企画・開発などを通じて最終的に店舗に客が来たり、商品が売れたりするまでの一連の流れを作ること」です。

    マーケティングには多種多様な業務が含まれています。

    消費者が「欲しい」と思っているモノを調べる市場調査や商品の企画・実際の開発、さらにはプロモーション、広告の効果分析など、「モノが売れるための流れを構築するための作業すべて」がマーケティング業務に該当します。


    説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


    集客とマーケティングの関係性

    集客とマーケティングの関係性 の画像

    『集客』と『マーケティング』の意味を簡単に説明しましたが、両者は密接な関係にあります。

    ここからは集客とマーケティングはどのような関係性にあるかを説明します。
    関係性を明らかにすることで、両者の違いも明確になります。

    集客はマーケティングの一部

    前項で説明した通り、『集客』はあくまで客を店舗や商品に集める行為単体のことです。
    対して『マーケティング』は、客を店舗や商品に集める『集客』を含めて、商品開発や企画、実際の販売活動などの業務も行います。

    集客とは、実はマーケティングの一部分なのです。

    どちらも成果を上げるにはPDCAサイクルを回す必要がある

    集客は、成果が出なかったらターゲット設定の見直しや、広告を作り直したりするなど改善が必要です。
    マーケティングも同様で、商品の購入や店舗の客が増えるなどの成果が出なければ、それまでの工程を改善していく必要があります。

    集客にもマーケティングにも、Plan-Do-Check-Actionの「PDCAサイクル」を回していくことが大切であることは共通しています。

    ブランディングも大事

    『ブランディング』とは、「顧客が企業やその企業のリリースしているブランドにある共通のイメージを持ってもらい、信頼かつ評価してくれる状態を作り上げる行動のこと」です。

    ブランディングなしに集客はできず、マーケティングも成立しません。
    集客・マーケティングともにブランディング活動を並行して行う必要があります。


    従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


    集客とマーケティングどちらに重きを置くべきか?

    集客とマーケティングどちらに重きを置くべきか? の画像

    集客とマーケティング、それぞれの意味と両者の関係性について説明してきました。
    業務の違いも、共通点も見えてきたのではないでしょうか。

    では、実際に「モノを売る」というビジネスを進めていく上で、集客とマーケティングのどちらを重視すべきなのでしょうか?

    集客する前にマーケティングが必要となる

    集客はマーケティングの一部分であり、マーケティングの工程の途中に位置しています。
    集客を行う前には市場調査が必要で、調査することで潜在的なニーズを掘り起こさなければいけません。
    商品や店舗がある場合は集客前にその開発も必要になります。

    集客を行う前に必ずマーケティングを行わなければなりません。

    マーケティングで流れ作りをしないと集客できない

    マーケティングとは「商品やサービスが売れる流れを作ること」です。
    集客は「客を集める」という一点だけにフォーカスをしていますが、客が集まった店舗が長く繁栄し、一度売れた商品・サービスが継続的に売れ続けていくためには、マーケティングによって「売れる流れ」を作っておく必要があります。

    マーケティングをしなければ効果的な集客をすることはできないのです。


    わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


    結論:まずはマーケティングに重きを置く

    『集客』と『マーケティング』、どちらに重きを置くべきか?

    しっかりとマーケティングをしなければ集客は成功しないので、まずは前者に重点を置きましょう。

    マーケティングによって販売戦略を構築した上で初めて集客が成り立ちます。
    集客にもさまざまな手法がありますが、あくまでマーケティングという一貫した流れの中でとらえるようにしましょう。

    この記事はお役に立つかも?

    売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

    TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

    「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

    資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

    まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

    \まずは会員登録/

    また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

    • 会員登録(無料
    • 資料掲載(無料
    • 初期費用(無料

    TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
    会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

    \会員登録・資料掲載は無料/

    動画を使って売上が11倍になる手法」を解説