アパレル業界の集客施策を解説!デジタル化に適した方法とは

2022年現在では、IT技術の発展によってさまざまな分野のデジタル化が進んでおり、ITツールやITサービスが導入されています。

デジタル化はアパレル業界でも導入されており、経営管理のシステムだけでなく集客の為のツールも多くあります。

そのため、今回はアパレル業界で集客を獲得する為の施策やデジタル化の活用の仕方について、詳しくご紹介していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

アパレル業界はデジタル化が進んでいる

冒頭でも記述したように、アパレル業界でもデジタル化が進んでおり、さまざまなツールが導入されています。それでは、実際にアパレル業界ではどのようなデジタル化が取り入れられているかご紹介していきます。

通販

アパレル業界のデジタル化により、通販によってネットで衣類を購入する方が増えています

従来であれば衣類をネットで購入する際に不安が生じてしまい、なかなか通販での購入に踏み出せないという方が多くいらっしゃいました。

しかし、最近では「楽天」や「Amazon」、「メルカリ」などのネットで衣類を売買するツールが多く取り入れられており、世間的に通販に対する懸念が払拭されてきています。

デジタル採寸

先ほど記述した通販に付随される機能としてデジタル採寸というツールが導入されています。

通販で衣類を購入する際にはサイズを懸念として購入に進めないという例が多くありましたが、このデジタル採寸が通販で衣類を購入するハードルを下げたと言っても過言ではありません。

デジタル採寸を取り入れることで、スマートフォンの専用アプリなどで全身の写真を複数の角度から撮影し、年齢や体重、性別などを入力しておけば、さまざまなデータを元に高度な採寸を行うことができるのです。

在庫管理

衣類などの商品を店頭で販売する際の手間になってしまうのが在庫管理です。

アパレル経営を行う上で在庫の管理が上手く回らなければ、あまり購入されない商品を多く抱えてしまったり、購入される人気な商品が店頭に並べずにお客様の購入機会を無くしてしまうこともあります。

そのため、在庫管理は店舗の売り上げ管理にも直結します。

在庫管理をデジタル化することで購入される商品のタグやバーコードを読み取り、その商品の在庫数や売れ筋などを把握しやすくなるのです。

複数の店舗を構えている際には、多店舗の在庫状況なども把握も可能です。

また、商品が購入される時間帯や曜日などのデータを取ることもできるので店舗の経営戦略にも繋げることができるのです


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


【最新版】アパレル業界の集客施策5選


アパレル業界の集客方法についてご紹介します。

アパレル業界のデジタル化を踏まえた代表的な集客方法を5つご紹介していきます!

SNS集客

2022年となった現在では、「Facebook」や「Instagram」などSNSと呼ばれるITツールが数多くあり、アパレル業界の集客では新作アイテムや季節に合ったオススメ商品の情報発信が重要となります。

その点、SNSを活用することで自社のアカウントをフォローしているファンに対していち早く商品の発信ができます。

また、SNSの「拡散力」は最大の武器となり、ネット通販が多く使われている現在では、ネット通販とSNSを連動させることであらゆる地域への商品の宣伝や販売に繋げることも可能です。

メルマガ

SNSの利用率が増えているとは言え、中にはSNSのアカウントすら持っていないという方もいらっしゃいます。

そんなユーザーに向けて集客をする際にはメールを活用したメルマガという方法もあります。

基本的には一度店舗で購入をしていただいたユーザーに向けてリピーターに繋げる為の集客方法ですが、メールによって最新アイテムの情報を掲載することでユーザーの興味を引くことができるのです。

自店舗のSNSアカウントやWEBサイトを保有している店舗であれば、メルマガで興味を引いて商品の詳しい情報やその他の商品に関する情報が掲載されているサイトへの誘導をするのが効果的です。

ネット通販

最近ではネット通販へのハードルが下がってきていることもあり通販での売り上げを伸ばしている店舗も多くあります。

ネット通販の最大のメリットは「来店せずとも購入ができる」という点です。

なかには店舗への距離が遠く、気軽に来店できない人や何かしらの理由で外出ができないという方もいらっしゃいます。

そんな方の為に来店せずとも購入ができるようにしておくことで、気軽に商品を購入することができます。

ショップアプリ

ショップアプリを活用することで自店舗独自のアプリへ登録をしているユーザーに対して商品に関する情報やクーポン、お得情報などの発信を出来ます。

ポイント制度をアプリ内で設定しておけば、自店舗で商品を購入していただいたユーザーにポイントを付与することができます。

従来であれば、ポイントカードを導入している店舗が多くありましたが、ポイントカードの場合「ポイントカードを持ってくるのを忘れてしまった」という時にポイントの付与を行うことができませんでした。

しかし、アプリを通してポイントの付与を行うことでカードを保有する必要がなくなり、ユーザーの手間を無くしたりスムーズにポイントの付与を行うことができるのです。

ホームページ

アパレルを経営する上では店舗自体の信用性を高める必要もあり、ホームページを持っているか持っていないかでは店舗への信用性は大きく差が出てきます。

また、アパレル業界では一度購入していただいた方をリピーターに繋げやすい事もあり、リピーターが店舗のホームページを閲覧する頻度も高いです。

また、最新アイテムやお得情報、イベントなどを掲載しておくことでリピーターだけでなく、新規の獲得にも繋げることができます。

しかし、ホームページを閲覧してもらうには、「SEO」と言われる検索順位対策を行う必要があるので、注意が必要です。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


集客施策はアパレルのターゲットによって変わる

ここまででデジタル化による集客方法についてご紹介してきましたが、デジタル化が進んでいるからと言ってITツールを活用すればすべてのユーザーに適切な集客ができるとは限りません

なかにはITツールをあまり活用していない方や得意としていないユーザーもいらっしゃいます。

そんな時はSNSやネットショップなどのITツールを導入するよりも、従来の「チラシ」や「ポイントカード」の方がユーザーの満足度を上げることもあります。

そのため、自店舗のユーザーの層をしっかりと把握して、商品を購入する人は“何を見て商品を購入するのか”、“何を良しとして商品を購入するのか”などをしっかりと分析する必要があるのです。

認知のためにSNSマーケティングに注力する方法も


店舗自体の宣伝や商品情報を拡散するとなるとやはりSNSが一番強いでしょう。

また、SNSの活用は自身でも気軽にでき、費用をかけずに集客することができるのです。

そのため、極力コストをかけずに幅広いユーザーに宣伝をしたい時にはうってつけのITツールと言えます。

最近では、実店舗を構えていてもホームページは保有しておらず、SNSだけで集客を獲得している店舗もあるため「そこまで集客に手をかけることができない」人や「多くのツールを使うのは難しい」という方は、集客方法をSNS1本に絞ってしまうのも1つの戦略と言えるでしょう。

しかし、SNSでの集客を行う際には「フォロワー」と呼ばれる自店舗のファンを増やさなければいけないため、ブログのような私生活の情報を発信するのではなく、ユーザーのニーズに合った適切な商品やお得情報の発信を行う必要があります。

まとめ

同じアパレル業界でも店舗ごとのユーザー層によって適切な集客方法は異なるといえます。

また、いかにデジタル化のツールを導入しようと実際に活用していくのは店舗側であるため、その機能を最大限に活用できなければ集客につなげることはできません。

そのため、そのツールを導入することで店舗とユーザーにはどのようなメリットがあるのかをしっかりと把握し、その上で一番効果的に活用できる方法を試行錯誤していく必要があるのです。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説