アパレル業界のマーケティングを解説!SNSの宣伝が重要

トレンドの最先端を作るアパレル業界の時の流れは早いので、変化についていくスピード感が求められます。

流行から遅れた商品をプッシュしてしまうと、ブランド自体のイメージが下がりかねません。

しかし、アパレル業界のマーケティングで何の施策をすればいいのか分からない人も多いと思います

この記事ではアパレル業界のマーケティング職に就いたら実施する内容や、SNSマーケティングの事例を解説しています。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

アパレル業界のマーケティングで実施すること

マーケティング
アパレル業界のマーケティングでは、たくさんの調査が欠かせません。

多くの調査や分析は大変ですが、繰り返し実施すれば精度が高まります。

市場調査や競合調査

アパレル業界だけに限らずビジネスを成功させるには、顧客のニーズを理解して解決策を提供する必要があります

市場調査は、企業がニーズを理解して解決策を提供するために実施するのです。

しかしサービスの提供を急いでしまう企業は、市場調査をおろそかにしてしまいます。

ビジネスに失敗しないためにも、まずは市場調査が重要です。

競合調査では、対象となるお店の基本情報や弱みと強みをまとめて、自社の課題を見つけます。

見た目や立地の良さのほか、競合他社は地図にどのように掲載されているかなど念入りにチェックするといいでしょう。

\インターネット広告に関する資料はこちら/

トレンドの分析

アパレルのマーケティングでは自社の分析をした後、SNSや実店舗を繰り返し分析して精度を上げていきます。

自社の分析では主に以下の情報をインプットしましょう。

自社の分析でインプットする情報の例

  • 商品のカテゴリーごとの売上構成や比率
  • 去年の同じ時期はどの商品が売れ筋だったか
  • 去年商品が売れなかったのはなぜか(または売れた理由は何か)

上記の情報がインプットできれば、今年のトレンドの予測などができるようになります。

SNSの分析では「このタイプのインフルエンサーなら、このブランドが好きだろう」と予測できるようになるまでインプットしておくといいでしょう。

販売戦略の立案

販売戦略の立案をしますが、お伝えした通り万人受けする世界観では通用しなくなっています。

自社の流行に顧客が合わせるのではなく、喜んで選ばれるような価値観が必要です。

販売戦略を立てるために自社の強みを洗い出すには、マインドマップが利用できます。

マインドマップとは頭の中にあるものを図式で表現するための手法で、たくさんの曲線の上に言葉を書いて作成します。

水平に配置したA4の用紙を使用するのが最も適切だと言われているので、A4の用紙に中心から書いていきましょう。

ブランドの活動内容やコンセプト、目標などを具体化すると、自社の価値観がシェアできるため顧客獲得に繋がります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


アパレル業界のマーケティング職に求められるスキル

スキルアップイメージ
アパレル業界の顧客は最新の情報に敏感なので、そのような顧客を相手にして訴求できるスキルが求められます。

情報収集能力

アパレル業界のマーケティング職は、市場調査や競合調査のほかにもトレンドを分析するために情報収集をします。

情報収集に使用するものといえば、検索エンジンを一番に思い浮かべる人が多いでしょう。

近年は、流行ファッションの情報源としてInstagramも活発に利用されています。

そのため検索エンジンだけではなく、SNSを利用した情報収集にも慣れることが必須です

発想力

時の流れが早いアパレル業界のマーケティング職として働き続けるには、新しい販売戦略を立てる発想力が欠かせません。

顧客に選んでもらう商品を作るためにも、時には今までの常識を捨てて相手のニーズに応えるよう努めます。

しかし私たち人間は、今までの経験から物事を考えるので、常識を捨てて顧客の立場に立つのは簡単ではありません。

発想力を得るためにも、他者の意見や知識をたくさん取り入れましょう。

柔軟性

最新の流行に敏感なアパレル業界の顧客は、変化のスピードが早い世の中に慣れています。

新しい情報に素早く反応するので、アパレル業界のマーケティング担当者も顧客と同じスピードでなければなりません。

ブランドのイメージを悪化させないためにも、顧客の流行に対応できる柔軟性を身につけましょう。

SNSを活用したマーケティングが必要になっている

スマートフォンの普及に伴いSNSが勢いを増しています。

そのため「マーケティングをするならSNSを使わない手はない」というほど主流なプラットフォームになっています。

例えば、LINEは2018年に「LINEショッピング」内で「SHOPPING LENS」というサービスをリリースしました。

「SHOPPING LENS」は、好きな芸能人や流行の商品の探し方が分からないときに、画像を使って検索できるサービスです。

スマートフォンのアルバムから画像をアップロードしたり、カメラで撮影したりすれば欲しい商品と同じような商品を探せます。

今までにありそうでなかった画期的なサービスを提供するのも、アパレル業界のマーケティングを成功させるコツです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


SNSマーケティングの具体例を紹介

ここでは、アパレルブランドがSNSマーケティングをして成功した具体例を紹介します。

LINE公式アカウントの使用例

あるアパレルブランドでは、主にカジュアルな衣料品を提供しています。

そのアパレルブランドは、LINE公式アカウントの登録者数が4,046万人になりました。

おすすめ商品やセール品の情報を定期的に配信したり、販売時期や一つひとつのカラー展開まで分かるように配信しているのです。

トーク画面の下に表示されるリッチメニューでは「会員ページへの移動」や「季節に合ったおすすめアイテム」などを配置しました。

顧客のニーズを満たした配信となっており、LINE公式アカウントの友達登録者数が増加したのです。

Instagram広告

こちらはInstagram広告を使用して顧客の注目を集めた事例です。

あるアパレルブランドが顧客の目を惹くInstagram Stories広告を配信したところ、クリック率が16倍にまで上がりました。

5秒の動画で顧客に訴求して、CTAボタンを配置してECサイトに誘導したのです。

  • クリック率とは・・・表示された回数のうちどれだけクリックされたかを表す数値で、広告のマーケティングではチェックが欠かせません。
  • CTAボタンとは・・・「コールトゥアクション」の略で、顧客の行動を促すための画像やテキストに使われる言葉です。
  • ECサイトとは・・・インターネットを通じて商品やサービスを売買するWebサイトの通称です。

まとめ

アパレル業界のマーケティングでは、市場調査トレンドの分析が重要です。

他社のECサイトをチェックするだけではなく、ぜひ実店舗にも足を運びましょう。

周囲のお店を隅々まで分析すれば、自社の弱みや強みが見えてくるはずです。

多くの顧客が日常的に使っているSNSも活用して、ターゲットに合った訴求をするといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説