集客のアイデアは考え方が重要!予算別のおすすめ施策を解説

集客の重要性は認識していても具体的な手段や、売上に繋げる方法がわからないという経営者の方は少なくないものです。

そこで今回は集客のアイデアや考え方、予算別のおすすめ施策について解説します。

じつは集客方法は手順に則って考えていけば、それほど難しいことではありません。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

集客のアイデアが生まれるアイサス(AISAS)とは

消費者心理のプロセスを示した法則としては古くは1920年代にアメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した「アイドマ(AIDMA)の法則」があります。

アイドマの法則では消費者が商品を知り購入に至るまでに次の5つの段階があるとされました。

  1. 注意(Attention)
  2. 関心(Interest)
  3. 欲求(Desire)
  4. 記憶(Memory)
  5. 行動(Action)

アイドマの法則は長くマーケットで応用されてきましたが、インターネットが普及すると時代に合わなくなってきます。

そしてインターネット時代に合わせた法則として2005年に広告代理店の電通が提唱したのが「アイサス(AISAS)の法則」です。

アイサスの法則では消費者が商品を知り購入に至るまでに次の5つの段階があるとしています。

  1. 注意(Attention)
  2. 関心(Interest)
  3. 検索(Search)
  4. 行動(Action)
  5. 共有(Share)

検索」はグーグル検索に代表される行為を指し、「共有」は商品の評価をネットに上げることを指します。

アイサスの法則に則って考えていけばインターネット時代に合わせた集客が可能になるというわけです。

アイサスから集客の施策を考える手順


アイサスの法則で集客の施策を考えるには次の5つの手を踏む必要があります。

1.注意(Attention)

「注意(Attention)」とは消費者に商品やサービスについて認知してもらうことを指します。

インターネット時代が到来する前にはマス4媒体といわれたテレビ・ラジオ・新聞・雑誌を活用した広告宣伝活動が一般的でした。

しかしマス4媒体は大きく網をかけることには向いていますが、ターゲットを絞って訴求するのには向いていません。

そこで一般的な認知度を上げるためにマス4媒体を活用しつつ、オウンドメディアなどインターネットを活用したメディアミックスが必要になります。

個の時代」といわれて久しいですが、インターネットの普及がそれに拍車をかけたわけです。

2.関心(Interest)

「関心(Interest)」とは消費者に商品やサービスについて興味を持ってもらうことを指します。

興味を持ってもらうにはその商品やサービスが消費者にとって問題解決の手段となりうることを訴求する必要があります。

これはマス4媒体でもインターネットでも変わりません。そのためには具体的に商品の使い方を説明することや、サービスの利用法についてわかりやすく伝えることが大切です。

しかし実際に反応を見るためにはアンケート調査を行わなければなりません。これには費用もかかるのでターゲットやエリアを絞って広告を出稿する「スモールスタート」で様子を見るのもいいでしょう。

3.検索(Search)

商品やサービスを知り興味を持った消費者が次に取る行動はインターネットでの「検索」です。

インターネットがなかった時代には、評論家や実店舗の販売員の意見などを参考にするしかなかったのですが、現在ではそれらも含めて検索で知ることが可能です

そのため。自社のホームページやサイトを用意する必要があります。

検索しても何も出てこなければ消費者に疑われてしまいます。またホームページを立ち上げたのなら、検索される際に上位に表示させなければなりません。

そのためにはSEO対策が必須となります。SEOに詳しいスタッフを用意するか、あるいはSEO対策を請け負う業者に依頼するようにしましょう。

また手早く検索した消費者を取り込むには、グーグル検索のリスティング広告を利用する方法もあります。

4.行動(Action)

「行動」とは消費者が実際に商品やサービスを購入したり、調べたりすることを指します。

商品やサービスについて自社のサイトまで誘導できたとしても、ここで何らかの障壁にぶつかると消費者は購入することを諦めてしまいます。

サイトがわかりにくく購入までの手続きが煩雑であれば消費者は逃げてしまうかもしれません。

このような事態を避けるためにもサイトは明解でわかりやすく設計しなければなりません。

5.共有(Share)

「共有」とはインターネットの普及により出現したものです。

すなわち商品やサービスを購入した消費者が画像や感想をネットに上げる行為になります。

ネットへの投稿は例えば購入したサイトのレビューに書き込むほか、最近ではSNSにアップすることも普通に行われています。

特にSNSへのアップはその内容がポジティブなものとネガティブなものに極端に分かれる傾向があります。

ネガティブなものにならないようにするには手法は存在しません。商品やサービスの質を向上し続けることが大切になります

【予算別】おすすめの集客方法を解説

集客に当たってはある程度の予算をかけなければなりません。

予算を潤沢に用意できればそれに越したことはありませんが、予算的になかなか厳しいというケースもあるでしょう。

それぞれのケースについて解説します。

予算が潤沢なケース

予算が潤沢にあるのならマス4媒体とインターネットを組み合わせたメディアミックスを施行することができます。

テレビでコマーシャルを打ち、新聞に広告を出稿し、さらにターゲットに合わせた雑誌にも広告を展開させます。

自社サイトを立ち上げ合わせてインターネット広告を活用し、オウンドメディアには商品やサービスの解説や説明を掲載してもらいます。

特に短期間で大きな成果を上げたいときには有効な手段ですが、予算的には数百万円から数千万円かかることもありますが、大きな効果が期待できます。

予算が厳しいケース

予算的に厳しいケースではインターネットを大いに活用しましょう。

まずは自社サイトを立ち上げます。そして商品であればAmazonや楽天に出店しましょう。

これらのネット通販は自社でeコマースを構築することなく利用できます。

さらにSNSなどを集客ツールとして積極的に活用することで認知度を上げ購入に繋げるようにしましょう。

集客ツールとしてのSNSについて詳しく解説します。

アイデアがないときは集客ツールを利用するのも方法のひとつ


具体的な集客方法についてアイデアが思いつかないときは、SNSを集客ツールとして利用するのも1つの方法です。

ただしSNSはそれぞれ特性が異なるのでそれを理解した上で上手く活用しましょう。

Facebook
Facebookは画像や動画、テキストでページを構築できるので自社サイトのように活用することが可能です。告知も行うことができます。

Twitter
自社サイトとTwitterを紐付けしておくことも大切です。速報性があり拡散性も高いのですが、ツイート内容によっては炎上することもあるので注意が必要です。

Instagram
自社商品やサービスがビジュアルなものならInstagramにアカウントを開設し画像をアップすることも有効です。

You Tube
自社商品やサービスを動画で説明したいのならYou Tubeがおすすめです。自社サイトの中にYou Tubeの動画を貼ってもいいでしょう。

LINE
LINEは現在日本でもっとも普及しているSNSです。企業用にはLINE@が用意されているので活用してみましょう。

まとめ

潤沢な予算がなくても集客は可能です。

とくにおすすめなのがSNSを活用した集客です。

SNSを活用することはあらゆる業界において、企業活動においては必要不可欠といえるでしょう。

上手く利用して集客し購入に繋げましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事