集客施策を最適化する方法を解説!まずは効果測定から

Webマーケティングで、ただやみくもにコンテンツを打ち出していても意味がありません。

重要なことは、施策によってどれほど集客効果が得られたかどうかです。

そのためにも集客施策を最適化する方法を知り、実践していくことが大切なのです。

この記事では、Webマーケティングにおいて集客施策の分析タイミングや施策の改善方法など、集客施策を最適化する方法を解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

集客施策を最適化するために分析するタイミング

集客施策を最適化するには、分析と改善を繰り返す必要があります。

PDCAサイクルを適切に回すことで、より目的を達成できるマーケティング施策となるためです。

分析のタイミングは、マーケティング施策やコンテンツによって異なります。

一般的には新しいWebページの公開直後Webサイトリニューアル後新しいマーケティング施策を導入した後に分析を行います。

これらは、特にアクセスの推移を注視しなければいけないタイミングです。

施策導入前後の数値の変化を記録し、いつでも定量的に比べられるようにしておきます。

こうすることでどのマーケティング施策や変化が、どのように集客に影響を及ぼすのか要因を特定しやすくなるのです。

また、それとは別に定期的に分析する必要もあります。

施策の実行前後以外に「毎日」「毎週」「毎月」と分析することで、集客がうまくいっているのか判断でき随時テコ入れを行えるのです。

ホームページか広告で改善方法が変わる

集客施策の改善方法は、大きく分けてホームページと広告で分けられます。

いずれにせよ適切な方法を選択し、集客施策を最適化することが重要です。

ホームページ

ホームページで重要なのは「SEO対策」を行うことです。

SEOは日本語で「検索エンジン最適化」と訳され、検索エンジンを使用したマーケティング戦略を指します。

SEO対策を施すことでGoogleなどの検索結果に自社のホームページが表示されやすくなり、集客効果を期待できます。

コードを見直す

ホームページを作ってから時間がたっている場合、コードを見直した方が良いかもしれません。

スマートフォンの普及によって、ホームページはパソコンよりもスマートフォンから検索されることが多くなりました。

このような背景から、Googleではスマートフォン向けの設計になっていることを重要視する傾向があります

Googleで検索上位に表示されるよう、コードを見直すことが重要です。

もし「デバイスによる表示を分ける」コードになっていない場合、集客効果が得られていない可能性があります。

文字サイズやボタンサイズ、読み込み時間など、様々なデバイスに合わせた設計になっていと安心です。

他にもホームページを構造化することにより、集客を増やすことも期待できます。
サイトの構造化はHTMLであマークアップすることで行えます。

これにより、リッチリザルトが表示され通常の検索よりも集客効果が期待できるのです。

被リンク施策

被リンクとは、他のWebサイトから設置されたリンクを指します。

SEOには大きく分けて内部対策と外部対策があり、被リンク施策は外部対策に当てはまります。

被リンク施策において重要なポイントは、品質の高い被リンクを設置することです。

具体的には、作為的ではなく自然に設置された「ナチュラルリンク」を獲得することが重要視されます。

自作自演のリンクやリンクプログラムへの参加はホームページの評価を下げるため、注意が必要です。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


広告

広告の集客を増やすためには、ユーザーに訴えかけるような広告に改善する必要があります。

ユーザーのペルソナ分析を行い、どのような広告が響くのか考えつつ改善していくことがおすすめです。

デザインの見直し

Web広告において、集客施策の分析結果を元にUIデザインを改善する必要があります。

UIとはユーザーインターフェースの略で、ユーザーにとって見やすく使いやすい広告であるかを指す言葉です。

ユーザーが広告から離脱するのを防ぐため、細部までこだわって改善します。

具体的な改善ポイントとして、クリックしやすい位置にボタンがあるかフォントサイズは読みやすいように考慮されているか画像が邪魔にならないか、などが挙げられます。

ユーザーにとって見やすく、より自社の商品やサービスがアピールできるように、多角的にポイントをチェックすることが大切です。

キャッチコピーの変更

キャッチコピーとは、訴求したい商品やサービスを的確に表すフレーズです。

「宣伝文句」とも表されます。キャッチコピーを適切に設定すれば集客効果の向上のほか、商品やサービスの認知度の向上など、様々な良い効果が期待できます。

キャッチコピーは、短いながらもインパクトがあり商品やサービスを適切に表すフレーズにすることが大切です。ユーザーを引き付ける言葉になっているのか、端的に商品やサービスを表せているか、見直し改善していく必要があります。

効果測定のために測定をしても効果は得られない

教師
ただ義務的に効果測定をしていても、集客効果は得られません。

集客施策を分析し改善を繰り返すことで、より良い集客施策が打ち出せるのです。

まずは成果を徹底的に調査する

まずは成果を徹底的に調査します。

集客施策の前後のデータを比べて現状を把握することにより、施策を見直せます。

想定したような集客効果が得られているか、費用対効果はどれほどか調査します。

Web上の集客施策は、オンライン広告やホームページ、メールマガジンなど多岐に渡ります。

どの施策がどれくらいの成果を出しているのか、実際の収益に繋がるような集客方法を把握することが大切です。

分析だけで終わらずに実行する

集客方法の成果を徹底的に調査し、マーケティング施策を見直しただけでは効果は得られません。

見直しを元に新たな施策を実行するまでが、1セットです。

その後はまた、分析・実行を繰り返します。

PDCAサイクルを適切に回し、集客施策を最適化していきましょう。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


外注業者に相談するのも方法のひとつ

ビジネスウーマン 1番
集客施策の実行・分析・改善を繰り返すことが重要であると、分かっていただけたかと思います。

このサイクルはやみくもに行わず、しっかりと戦略に基づいて行うことが重要です。

しかしながら、マーケティングやITに関するスキルや知識を持つ人材がいない場合、自社で集客施策を最適化するのは難しい場合があります

その場合、外注業者に委託するのも有効な手です。

集客施策の最適化において、外注業者を利用する最大のメリットは「プロに集客施策を依頼できる」点です。

外注業者に委託した場合、プロに集客施策を依頼できます。

自社のみで集客施策に取り組んだ場合、結果が出るまでに時間的にも金額的にもコストがかかります。

また、自社にマーケティングやITに対して明るい人材がいない場合、学習コストもマーケティング担当者の負担も大きくなってしまいます。

その上、必ずしも狙ったような集客効果が得られるとは限りません。

プロに集客施策を依頼することで、コストの軽減や集客施策の失敗を防げる可能性があるのです。

まとめ

Webマーケティングにおいて、集客施策を最適化するために成果を分析し改善を繰り返す必要があります

分析タイミングは様々ですが、定期的に分析するほかWebサイトリニューアル後なども分析が必要です。

分析結果から成果を徹底的に調査し、集客施策を改善します。

改善方法はホームページや広告など、集客施策によって異なります。

これら集客施策の最適化は、自社のリソースのみではコストがかさんでしまう場合があります。

また、自社にマーケティングやITに明るい人材がいない場合、思ったような集客効果を得られるとは限りません。

割けるリソースが少ない、できるだけ失敗を避けたい場合は、外注業者に相談するのもおすすめです。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説