飲食店の集客方法を実際の成功例で解説!おすすめツールの紹介も

飲食店の経営にはどうやって集客をするのかというテーマが横たわります。

現在ではチラシのようなオフラインの集客方法や、ネットを使ったオンラインの集客方法まで幅が広がっています。

実例を挙げて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

飲食店に適した集客方法の具体例

飲食店に適した集客方法は従来からのオフラインでの手段と、ネットを利用したオンラインでの手段があります。

どちらか一方に偏るのではなく、両方をうまく活用することが大切です。

オフラインでの集客方法2つとオンラインでの集客方法3つを解説します。

1.チラシ

地域に根ざした飲食店にとってチラシは今でも有効な集客方法です。

ポスティングや新聞折込などを利用して効率よく配布します。

クーポン券割引券を添付するのもおすすめです。

クーポン券や割引券はチラシ配布の効果測定をダイレクトに行うことができます。

2.設置看板

店頭の設置看板は通りがかりの人への有効なアピールとなります。

例えば、本日のおすすめ品や特別なサービスなどを手書きでポップに書く手法はおすすめです。

おすすめ品が底をついてしまったらすぐに書き直すことも大切になります。

3.グルメサイト

食の総合メディア「クックビズ総研」が2018年3月に行った調査によると飲食店の約70%が「ぐるなび」や「食べログ」などのグルメサイトを利用しているという結果が出ています。

掲載料金はかかりますが消費者への認知度アップと初回来店への誘致には有効な手段です。

4.ホームページの開設

お店のホームページを立ち上げるのも有効な集客手段となります。

グルメサイトを利用してるのなら紐付けすることも忘れないようにしましょう。

また頻繫に更新することも重要で、本日のおすすめ品などは画像を添えて掲載すれば集客に繋がります。

5.SNSの利用

TwitterやInstagramなどのSNSを積極的に活用するのも集客には有効です。

Twitterは速報性が高く拡散も期待できます。

またInstagramは料理をビジュアルで訴求できるのでおすすめです。

いずれも無料で利用可能です。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


飲食店の集客におすすめのツール


ここでは飲食店の集客に効果的なオンラインツールをご紹介します。

料金がかかるものから無料で利用できるものまであるので、お店に合ったものを選んで組み合わせて活用するようにしましょう。

1.食べログ

食べログ」は多くの飲食店で利用されているグルメ検索のためのサイトです。

約70%の飲食店が利用しており、国内最大規模の検索サイトとなっています。

しかしその一方では口コミが削除できないといったウィークポイントもあります。時にはトラブルに発展することもあるので、それを理解した上で利用するようにしましょう。

2.ぐるなび

ぐるなび」も利用者が多いグルメ検索サイトです。

この手のサイトではもっとも歴史が古く2000年2月からサービスを提供しています。外国語に対応していることや他のグルメサイトと連携して点が特徴といっていいでしょう。

その一方では古くからサービスを提供していることから、ユーザーの年齢層が40代とやや高めという特徴もあります。

3.Retty

Retty」は最近注目を集めているグルメ検索サイトです。

最大の特徴は口コミが実名で投稿されることです。実名なのでトラブルに発展する可能性は低くなります。

2020年からInstagramと提携し、Instagramから料理を注文できるシステムを導入しました。

4.ウーバーイーツ

ウーバーイーツ」は世界中で展開しているデリバリーサービスです。

違約金や解約金、月額固定費などは全て無料なので安心して始められます。クレジットの手数料もウーバーイーツが負担してくれますから利用しない手はないでしょう。

コロナ禍でテイクアウト需要が高まる今、もっとも注目されているツールといえます。

5.LINE公式アカウント

LINE公式アカウント」は事業者向けのアカウントです。

基本情報を掲載できるのでホームページのように利用することが可能です。

もちろん情報発信にも使えるので利用する企業が増加しています。定期的に新メニューの紹介キャンペーンなどを告知するとリピーター確保に繋がります。

6.Instagram

Instagram」は代表的なSNSの1つです。

最近では主に若い世代でInstagramを検索サイトとして利用している例が増えてきました。

飲食店にとっては料理やスイーツなど自慢の一品を画像で訴求できる点が最大のメリットでしょう。ハッシュタグをうまく使って集客に繋げましょう。

7.Googleマイビジネス

Googleマイビジネス」も無料で利用できるツールです。

ユーザーがグーグルマップやグーグル検索で自店を検索するとその結果が表示されます。

店舗の基本情報を掲載することが可能で、画像のアップや投稿機能も備わっています。もちろん口コミの管理や問い合わせへの返信も可能です。

8.レポハピ

レポハピ」は実際に記者がお店を取材して記事を作成し掲載するサイトです。

記事の品質が高いのが特徴といえます。

プロのカメランが撮影を行うのでお店の雰囲気やメニューなどが伝わりやすいものとなっています。

9.検索ドーンGYAX

検索ドーンGYAX」は店舗情報を管理するためのプラットフォームです。

様々なサイトに掲載されている自社情報を一括管理することが可能です。

SNSとの連携も図れるので有効なツールといえるでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


近年は新型コロナウイルス感染症対策が必須

昨今のコロナ禍ではコロナウイルス(COVID-19)への対策が必須となります。

マスク着用やアクリル板の設置、こまめな換気や客同士の距離を保つことなどが重要です。

まん延防止等重点措置が講じられている地域では特にこれらへの対応が求められます。そして対策をきちんと取ればそれが集客に繋がることになります。

成功した集客の事例を紹介


ここからは集客に成功した実際の事例を見てみましょう。いずれもチェーン店ですが十分参考になるはずです。紹介するのは焼肉店の「牛角」と回転寿司の「かっぱ寿司」、そして居酒屋の「居酒屋一休」の3つです。

1.牛角

焼肉チェーンの「牛角」はSNSを積極的に活用してクーポン券の配布キャンペーンの告知を実施しています。

11月29日を「いい肉の日」としてセールを行ったことも話題となりました。Twitterではハッシュタグを利用して情報の拡散に努めています。

2.かっぱ寿司

回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」はライン公式アカウントを利用して集客しています。

同チェーンは土日に家族連れの利用客が増えることから土日限定のクーポン券を配信するなど効率的に活用しているのが特徴です。

3.居酒屋一休

居酒屋チェーンの「居酒屋一休」はSNSとメルマガをうまく使い分けて集客しています。SNSは主に新規顧客に向けた告知に使い、メルマガはリピーターに向けてメニューにはない料理のクーポン券を配布しています。

新規顧客を取り込みつつリピーターには特別感を抱かせることで顧客確保に繋げています。

まとめ

最近ではオンラインを利用した集客方法が一般的になっています。

ユーザーもスマホからアクセスすることが多いのでSNSは必須といえます。

オフラインの手段も組み合わせて効果的な集客を目指しましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説