飲食店のマーケティング手法を解説!オンラインマーケティングが注目

飲食店のマーケティングでは、インターネットを活用した手法が主流になっています。

とはいえオンラインマーケティング一つとっても多様化しているので、どんな手法があるのか分からない人もいるでしょう。

この記事では、飲食店の集客に有効なマーケティング手法の特徴を解説しています。

飲食店のマーケティングはインターネットを活用した手法が増えている

通信
飲食店のマーケティングといえば、ひと昔前までは店頭やチラシでの集客が主流でした。

ところが現在では、インターネットを活用した手法、「オンラインマーケティング」も多様化しています。

オンラインマーケティングでも考え方の基本は同じ

飲食店を運営していると「どうすれば、たくさんある店舗の中から自分の店舗を選んで来てもらえるか」と考えるでしょう。

自分の店舗に来てもらうために、顧客のニーズを満たしたり不安を解消したりする方法を考えるのがマーケティングです。

この考え方は、マーケティングの手法がどのようなものでも変わりません。

オンラインマーケティングでもオフラインでも、考え方の基本は同じです。

飲食店のマーケティングではチラシ広告も有効

オンラインマーケティングが主流になってきているとはいえ、飲食店ではチラシ広告もまだまだ有効な手段のひとつです。

チラシはWebでの集客と比べて、アプローチするターゲット層を限定できます。

オンラインマーケティングが多い中で紙媒体を使うことにより、顧客の印象に残る可能性が高まります。

地域密着型の飲食店が集客する場合は、オンラインマーケティングよりチラシで集客した方が効果的です。

テレビを観ていて興味を持った飲食店に行こうとしたら、気軽に行けない場所でがっかりした経験はありませんか

このケースのように、地域を限定して情報を届けるのであれば、多くの人に届くWebよりチラシの方が向いています。

インターネットを活用したマーケティングの具体例

スマホを見る3人の女性
現在は美味しい料理を提供していれば繁盛した時代とは異なり、マーケティング手法を組み合わせる店舗も出てきました。

そのため他店に勝つには、さまざまなマーケティング手法を覚えることも重要です。

ここでは、インターネットを活用したプラットフォームを5種類紹介します。

グルメサイト

飲食店がグルメサイトを活用すれば、認知度が向上したりさまざまな機能が使えたりするメリットがあります。

多くの人が知っている「食べログ」は、3,996万件の口コミ情報がある大手のグルメサイトです。

スマートフォンを利用した月間利用者数はおよそ9,781万人なので、登録すれば多くの人の目に留まる可能性があります。

グルメサイトは食べログ以外にも「ホットペッパーグルメ」や「Retty」などを含む20サイト以上が存在しています

多くのグルメサイトに登録して使いこなすのは大変なので、目的別に有名なサイトのなかからひとつかふたつ登録するのがいいでしょう。

アプリ

顧客はスマートフォンを肌身離さず持ち歩くので、店舗にアプリがあるとオンラインとオフラインを繋ぐ架け橋になります。

飲食店に行った際に、「今アプリを登録すると割引クーポンが使えます」と言われた経験があると思います。

アプリは、今や飲食店の運営では欠かせない集客ツールのひとつなのです。

飲食店がアプリを導入すれば、リピーターとの接点の確保に繋がります。

また情報の収集や分析が可能になるので、商品やサービスの質を向上させるきっかけになります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


SNS

SNSは自分の店舗を周知させるための広告になるので、飲食店の運営と相性が良いプラットフォームです。

たとえばInstagramでは写真で一瞬の美しさをシェアします。

多くの写真を眺めているときに、美味しそうな料理の写真があれば注目するのではないでしょうか。

グルメや料理のレシピはInstagramの特徴と相性が良いので、綺麗な料理の写真はよく投稿されています。

最近ではマーケティングを実施する飲食店のニーズを汲み取って、キャンペーンクーポンなどに対応しているSNSもあります。

ホームページ

店舗のマーケティングには、ホームページも欠かせないコンテンツのひとつです。

あるイタリアンレストランは、大きな画面で料理を見せて、「どのような料理が楽しめるか」を簡潔に伝えています。

ホームページを作るときは、実際に複数のホームページを調査して、「この店舗に行ってみたい」と思うところがあったら、その理由を深掘りするといいでしょう。

GoogleMAP

マップエンジン最適化のことを「MEO」といいますが、これは実店舗に集客する際に欠かせない対策です。

ここでいう「マップエンジン」はGoogleMAPのことを指しています。

つまりMEO対策とは、GoogleMAPに表示される検索結果で上位表示を目指す施策のことです。

飲食店ではMEO対策がとても重要になります。

MEO対策を実施して上位3位以内に入ると、SEO対策をしたポータルサイトより上に表示されるため、多くのユーザーにアプローチができるようになります。

インターネットマーケティングのメリット

インターネットマーケティングのメリットは、期間限定商品新商品の告知が可能なことです。

また、店舗に来てもらいたいターゲット層が多いSNSを使って、クーポンを発行することもできます。

Instagramの投稿写真をクーポンとして活用する事例があります。

投稿写真にクーポンをつけたり、指定のハッシュタグで投稿してもらったりすれば、クーポンとして利用できるのです。

LINE公式アカウントの「リッチメニュー」を活用すれば、顧客を期間限定商品や新商品のページに誘導できます。

リッチメニューではホームページやクーポン画面などに誘導できるので、飲食店と相性が良いサービスです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


飲食店のマーケティングは手法に悩むので外注するのもあり

多様化したマーケティング手法の中から、自分の店舗に合ったものを選んで実施するのは困難です

店舗を運営しているとなると、オンラインマーケティングにばかり時間をかけるわけにもいきません。

そんなときのために、オンラインマーケティングを外注化する選択肢があることを覚えておきましょう。

飲食店に特化した集客やコンサルティングのサービスなら、飲食店の悩みを熟知しているので専門的な対応が可能です。

マーケティングの手法で悩んだら、飲食店を専門とするコンサルティングサービスに依頼するのもひとつの方法です

まとめ

飲食店のマーケティングでは、インターネットのほかチラシでの集客も使えます。

顧客に来てもらうために、インターネットやチラシなど自分の店舗に合った集客手法を実施するといいでしょう。

集客で行き詰まったら、マーケティングのプロにサポートを受けるという選択肢もおすすめです。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説