ウェビナーで集客するときにおすすめのツールとポイントを解説!

ウェビナーで集客をするときは、とにかく分かりやすくコンテンツを作成することが重要です。

少しでも伝わっていなければ、それがユーザーにとってのハードルになります。

とはいえウェビナーで集客する方法が分からなければ、何をすればいいのか分かりませんよね。

この記事ではウェビナーで集客するときに意識するポイントや、おすすめの集客手法が分かるでしょう。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

ウェビナーで集客するときに意識する3つのポイント


ウェビナーは「Web」と「セミナー」を合わせた造語ですが、オンラインセミナーといった方が想像しやすいと思います。

来場してもらうセミナーよりも参加のハードルが低いですが、集客が重要です。

参加するメリットを伝える

インターネット上には多くのサービスがありますが、ユーザーには限られた時間しかありません。

ウェビナーに参加するメリットがなければ、ユーザーに振り向いてもらえないのです。

参加することで「どのような情報が手に入り、どのような未来が待っているのか」をしっかりと伝えます。

そのためには周囲のウェビナーと被らない独自性がある強みを、参加するメリットに活かしましょう。

参加する内容に特別感を付ければ、集客の相乗効果が高まる可能性があります。

誰でも分かる申し込み方法にする

集客をするときは、誰でも分かる申し込み方法にしましょう。

忘れがちなポイントですが、オンラインだからといってインターネットを使いこなしている人ばかりではありません。

申し込み方法が分からなかったので、参加を断念してしまうケースは多いです。

申し込みフォームを複雑にしすぎたり、ページの移動やスクロールをしてもわからなかったりすると、諦めてしまうでしょう。

応募者はインターネットに慣れていない人だと考えて、申し込みページを作成しするといいでしょう。

事前に参加者のモチベーションを高める

事前に参加者のモチベーションを高めることも、ウェビナーでの集客を効率化します。

ウェビナーの当日に視聴できる内容が分かるので、期待が高まるからです。

それだけではなくウェビナーと参加者のミスマッチも事前に防げるので、トラブルの軽減に繋がります。

メルマガなどでは参加者のモチベーションを高めるために、同じサービスの宣伝を違う切り口から何度も紹介する手法があります。

違う切り口から説明すれば多くのユーザーに合わせて伝わるので、トラブルが少なくなるのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


おすすめの集客手法3選


インターネットが発達した現在は、複数の集客手法を選択できます。

参加者が知りたい情報を確実に伝える

どんなコンテンツを作成するにしても、ウェビナーへの参加を検討している人が知りたい情報を確実に伝えることが重要です。

以下の情報は必須の項目になります。

  • 開催日時
  • 申し込み方法(受付期間)
  • 簡単な講師の詳細
  • ウェビナーの内容

ユーザーの後押しをするには、相手が持つ不安や疑問を解決する必要がある」という考え方があります。

前述の通り参加する意味やメリットがなければ、ユーザーは参加しなくてもいいのです。

情報をしっかりと伝えて、ユーザーの疑問をひとつずつ潰していきましょう。

ツイッターなどのSNSを使う

不特定多数のユーザーに向けて広告を打てるのがSNSの魅力です。

しかしアカウントに専門性がなければ、ユーザーからの信頼を得られません。

SNSをウェビナーの集客で利用するのなら、ひとつのアカウントに対してひとつのテーマを取り扱うようにするといいでしょう。

たとえば株式投資のウェビナーに集客するのであれば、講師のアカウントと株式投資について発信をするアカウントがある状態にします。

リスティング広告などのWeb広告を使う

インターネット上にはさまざまな広告があり、検索エンジンにも広告が表示されています。

リスティング広告は私たちが日常的に検索をするキーワードと連動して、検索結果を表示する広告です。

とはいえ同じキーワードで出稿している競合もあるので、オークションのような形で掲載順位が決定します。

リスティング広告は検索エンジン最適化のSEOとは異なり即効性がありますが、広告費用を払い続けなければなりません。

ウェビナーの参加者から得られる収益やキーワードなどをしっかりと分析して、費用対効果を考えてから決めるといいでしょう。

集客できないときにありがちな原因


ウェビナーで集客できないときは、重要な詳細がユーザーに伝わっていない可能性が高いです。

ウェビナーを開催する告知が遅い

ウェビナーを開催する告知が遅いと、既にスケジュールが入っていて参加できないユーザーが多くなります。

オンラインでもオフラインでも参加するのは人間なので、告知が遅すぎるのは親切ではありません。

ウェビナーを開催する前にはやることがたくさんあるので、最低でも1ヵ月前から告知するといいでしょう。

【ウェビナーを開催するときにやることの例】

  1. ウェビナーのターゲットを決める
  2. 詳細や申し込みのページを作成する
  3. 広告やSNSなどで集客開始
  4. 当日に使用する資料の作成
  5. アンケートの作成
  6. 開催の前日や当日にメールの作成

上記は全てではありません。

タスクをリスト化すると、ウェビナーの開催でやるべき作業が多いと分かるはずです。

ウェビナーの内容が伝わっていない

お伝えした通りウェビナーの内容が伝わらなければ、ユーザーは参加するメリットを感じません。

日時などの詳細以前に、ウェビナーのタイトルやキャッチコピーを明確にしておくことも重要です。

特に学べる内容や誰に向けたウェビナーなのかを、キャッチコピーでもユーザーに伝えておくといいでしょう。

リマインドメールを送っていない

開催の前日や当日にユーザーに送るメールを、リマインドメールといいます。

ユーザーは四六時中ウェビナーについて考えているわけではないので、ふとした拍子にすぐ忘れてしまうこともあります。

また一通目のメールには気づかなかったけれど、二通目でメールの到着に気づいたというユーザーはたくさんいます。

ユーザーにリマインドメールを送信するときも、文章の最初と最後に挨拶を書いたうえでビジネスマナーに配慮するといいでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


ウェビナーで集客したら追客を忘れずに


追客とは名前の通りユーザーを追う行為のことです。

商談に進むためにもしっかりと追客するのが重要です。

ユーザーに忘れられないために追客をする

ウェビナーの主催者が多いインターネット業界では、追客をしなければユーザーに忘れられてしまいます

とくに何度も視聴してもらっているユーザーは、しっかりと追客するといいでしょう。

実際に追客を経験するのがおすすめ

追客のやり方が分からない人も多いと思います。

イメージが湧かないときは、自分がインターネットから商品やサービスを購入したり、ウェビナーに参加するなどをして実際に追客されるのを経験するのがおすすめです。

自分自身が追客される経験を積んでいくと、効果的な追客方法が見えてきます。

これとは反対に離脱に繋がる追客の方法も分かるので、反面教師にしましょう。

既存のSNSやWebサイトを使って追客する

ウェビナーを開催するときに使用した、SNSアカウントやWebサイトがあれば追客に使えます。

引き続きSNSやWebサイトで専門性が高い情報を発信していくことで、視聴者に覚えてもらえるはずです。

可能ならWebサイトからメルマガを登録できるようにしておけば、限定的な内容も発信できるでしょう。

まとめ

ウェビナーで集客するときは、ユーザーにとってその内容を分かりやすく伝えることがポイントです。

思っていたよりも集客できない場合は、主催者とユーザーの間で認識がズレている可能性があります。

今一度ユーザーの立場に立って、発信している情報を確認してみましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説