広告の効果測定を解説!よく利用する指標や考え方とは

「広告効果測定」とは、出稿した広告を閲覧する前と閲覧した後でユーザーがどのような行動を取り、意識や感情にどのような変化があったのかを具体的に測定することを言います。

おもに、出稿した広告がどれだけのユーザーに閲覧されたのか、広告を閲覧されてからイメージアップにつながったのか、売上に対してどれだけ影響が出たのかなどを測定します。

この記事では、「広告効果測定」を行う際の考え方やチェックすべきポイント、効果測定を行う際のおすすめのツールについて解説していきます。

広告効果測定によく使う指標

グラフを見る人
広告効果測定に使う指標として、「CPA(CPR/CPO/獲得単価)」「CTR(クリック率/開封率/反応率/反響率)」「CVR(コンバージョン率/購入率/成約率)」の3つが挙げられます。

それぞれ意味や計算式が異なりますので、詳しく解説していきます。

CPA(CPR/CPO/獲得単価

CPAとはCost Per ActionまたはCost Per Acquisitionのことであり、商品の購入やサービスへの申し込み、資料請求、問い合わせなど広告を出稿する目的の行動を取ったユーザーの1人あたりの獲得単価のことを言います。

業界によってはCPR(Cost Per Response)やCPO(Cost Per Order)という言葉が使われるので注意が必要です。

CPAはその数値が低ければ低いほど効率的に広告運営ができており、数値が高ければ高いほどCV(コンバージョン)1件あたりの広告費用が高くなり、広告の掲載費に対しての効果が薄いということになってしまいます。

CPAを図ることで、出稿している広告はどれほどの費用対効果があるのかということを把握できるため、広告の必要性や見直しが必要な指標として非常に重要です。

CPA・CPR・CPOの計算式は次の通りです。

CPAの計算式
CPA = コスト ÷ コンバージョン数
※コンバージョンとは、広告やサイトに訪れた際に出稿目的の行動を取ったユーザーの数のことを指します。
CPRの計算式
CPR = コスト ÷ 反応件数 
CPOの計算式
CPO = コスト ÷ 購入件数 

▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


CTR(クリック率/開封率/反応率/反響率)

CTRとは、「Cost Per Rate」の略でありクリック率のことを指します。

一般的にWeb広告のようにユーザーが「クリック」を行う際にはクリック率、メルマガやダイレクトメールのように「開封」を行う際には”開封率”と呼ぶこともあります。

CTRの数値が高い広告はそれだけ多くのユーザーが訪問しているということであり、ユーザーが多く訪問することでコンバージョン率が高くなったり広告自体のランクが高くなります

広告のランクが高くなると、それに応じて得られるメリットは「入札単価が安くなる」「上位掲載されやすくなる」「配信量が増える」などが挙げられます。

CTRの計算式は次の通りです。

CTRの計算式
CTR = クリック数 ÷ インプレッション数 × 100 
※インプレッション数とは、ユーザーの元に広告が表示された回数のことです。

CVR(コンバージョン率/購入率/成約率)

CVRとは、「Conversion Rate」の略でありコンバージョンのことを指します。

コンバージョンの数として計算する基準は広告の種類によって「クリック数」「サイトへの訪問」「商品の購入」「サービスの成約」などさまざまあります。

コンバージョン率が高ければ高いほど、掲載した広告からユーザーが理想的な行動をしてくれているということであり、広告の効果が出ているということになります

CVRの計算式は次の通りです。

CVRの計算式
CVR = コンバージョン数 ÷ セッション(サイト訪問)数 × 100 

広告効果測定とアクセス解析の違い

広告効果測定」と「アクセス解析」は同じように捉えられることもありますが、実際には明確な違いがあり、簡単に言えば、それぞれで評価の対象が異なります。

先ほど記述したように「広告効果測定」は広告の成果が対象とされ、広告を閲覧することでどのような行動を取ったのか、どのくらいのユーザーが広告をクリックしたり成約をしたのかという効果を測定します。

それに対して「アクセス解析」ではWebサイトの現状が評価の対象となり、Webサイトに訪れたユーザーがサイトのどのページに訪問しているのかどのくらいの時間サイトに滞在していたのかなどを分析することが出来ます。

効果測定におすすめのツールやソフト

おすすめ
現在では、IT技術の発展により広告効果測定を行うツールやソフトが多く開発されています。

今回はWeb広告をはじめとした、その他の広告の効果測定を行う際にオススメなツールやソフトについて、代表的なものをいくつかご紹介していきます。

アドエビス

アドエビスでは、ユーザーがサイト内でどのような経路でコンバージョンに繋がったかということを解析できるツールであり、コンバージョンの計測漏れや複雑なデータ集計にも対応しています。

基本的に費用をかけずに使用することができますが、オプションによっては別途で費用が発生するものもあります。
(参考:アドエビス(AD EBiS) 広告効果測定プラットフォーム

Web Antenna

Web Antennaは、広告だけでなくメールやSNS、検索などによる流入データの効果を測定でき、一括で管理を行うことも可能であり、それぞれの流入経路ごとの効果を把握しやすくなるのです。
(参考:広告効果測定ツール「ウェブアンテナ(WebAntenna)」

広告別その他のオススメツール

先ほどご紹介した3つのツールの他にも広告別でオススメのツールがありますので、それぞれ簡単にご紹介します。

テレビCMの効果測定におすすめのツール
  • ノバセル
  • Madison
  • SMART
屋外広告の効果測定におすすめのツール
  • OOHATLAS
  • AdVice
  • cinarra
オンラインとオフラインの統合的な効果測定におすすめのツール
  • ADVA MAGELLAN

▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


効果測定ツール・アプリを選ぶときのポイント

先ほど記述したように広告別でおすすめのツールがあるように、それぞれのツールの特徴が異なります。

実際に効果測定のツールやアプリを選ぶ際にはどのような点に注意すべきなのか、そのポイントを解説していきます。

さまざまな広告に対応できるか

効果測定ツールやアプリを選ぶ際には、一部の広告にしか対応していないツールを選んでしまうと他のツールやアプリと併用しなければいけないということもあり得ます

測定の効率が悪くなってしまい、測定にかかる手間が増えてしまいます。

そのため、できるだけ自身が測定をしたい広告に複数対応しているツールを選択するべきなのです。

確認したい点を測定できるか

ツールやアプリを選ぶ際には広告だけでなく、自身で確認したい点がしっかりと対応できるのかが重要となります。

いかに複数の広告に対応していようとも、自身で確認したい点が測定できなければツールを導入する意味がなくなってしまいます。

そのため、ツールごとにどの点まで測定ができるのかという点をしっかりと把握する必要があります。

使いやすいか

どれだけ良いツールを導入しても、しっかりと使いこなせなければ不十分な測定で終わってしまうこともあり得ます。

そのため、導入する前に自身で扱えるほどの難易度なのかを確認してから導入するツールを選ぶべきなのです。

予算に合っているか

効果測定ツールやアプリでは初めから費用が発生するモノがあれば、無料で始めることができるモノもあります。

有料ツールの方が機能面で優れているケースが多く、使い勝手が良くなりやすいですが、その分高い費用がかかってしまいます。

そのため、ツールを導入する前に予算を設定しておき、その予算内で理想の測定ができるツールを探すべきなのです

サポートの手厚さ

測定ツールを導入しても、使い慣れていなければ操作方法やどこまで測定できるのかという疑問点が浮かんできます。

その際にツールやアプリの運営会社からのサポートを受けられなければ疑問や問題を解決することが困難となってしまいます。

そのため、事前にそのツールのサポートはどこまで行ってくれるのかを調べておくと良いでしょう。

まとめ

広告を出稿している際の効果測定について解説してきましたが、ここまでで記述したようにそれぞれのツールやアプリによって特徴が異なるため、使用する人や企業によってメリットやデメリットが大きく異なります。

そのため、広告の効果測定を行う際には、自身ではどの点を把握して、測定にはどのくらいの費用をかけられるのかという点をしっかりと把握しておく必要があると言えるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説