言葉を正しく理解する上で大事なのは、その言葉を言い換えてみることです。

言い換えられた言葉によって、その言葉の本質が浮かび上がります。

この記事では「マーケティング」という言葉の持つ意味と類語について解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

まずはマーケティングの正確な意味を知る

「マーケティング(marketing)」とは価値のある製品を提供するための活動や仕組みのことを指します。

つまり顧客とクライアント、パートナーと社会にとって価値のあるものを創り、送り届けるための様々な活動やプロセス、組織のことを「マーケティング」と呼ぶわけです。

日本マーケティング協会は1990年に次のように定義しています。

日本マーケティング協会による定義
マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

  • 組織:教育、医療、行政などの機関、団体などを含む。
  • 視野:国内外の社会、文化、自然環境の重視。
  • 顧客:一般消費者、取引先、関係する機関・個人、および地域住民を含む。
  • 活動:組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動をいう。

代表的な3つのマーケティング

代表的な3つのマーケティングについて紹介します。

マスマーケティング

不特定多数を対象にしたマーケティングです。

「マス」の名前の通りマス4大メディアである、新聞・雑誌・ラジオ・テレビをツールとして使います。

新聞や雑誌広告、ラジオやテレビのコマーシャルが代表例となります。

インターネットが普及した現在でも、有効なマーケティングとして使われ続けています。

ダイレクトマーケティング

顧客層を定めて双方向のコミュニケーションを基に販売促進を図るマーケティングです。

通信教育や通信販売、Eコマースなどでよくみられる手法です。

インターネットの普及により活用できる場は拡大しています。

SNSやメールなどを利用して双方向のコミュニケーションを展開するケースが代表例といえます。

ゲリラマーケティング

コストをかけずにゲリラ戦のように行うマーケティングです。

例えば製品やサービスにインパクトを付与し、そのサプライズにより顧客を獲得するケースが代表例です。

主にTwitterによるバズリを目的としたバズ・マーケティングもこれに含まれます。

コストがかからないので中小企業スモールビジネスでも活用することが容易です。

ツールから見た3つのマーケティング

行う場所や使用するツールからみるとマーケティングは3つにわけられます。

リアルマーケティング

リアルな場所や空間において行われるマーケティングです。

実演販売や街頭でのサンプリング集客イベントなどが該当します。

製品やサービスなどを、実際に体験してもらうことが可能なので、現在でも広く実施されています。

デジタルマーケティング

インターネットを使用して行うマーケティングです。

Webサイトや各種のSNS、Eコマースなどが該当します。

リアルマーケティングとは対象的な手法ですが、併用して行うことも少なくありません。

O2Oマーケティング

O2OはOnline To Offlineの略称です。

つまりインターネットで集客し、それを実店舗に結びつけるマーケティングのことを指します。

逆に実店舗からEコマースなどへ繋ぐこともO2Oマーケティングに含まれます。

デジタルとリアルを繋ぐ手法で、近年注目を集めるマーケティング手法です。

マーケティングと言い換えられる類語

悩む女性
マーケティングと言い換えられる類語について一覧をまとめました。次の言葉が該当します。

マーケティングの類語
集客、動員、人集め、出荷、市販、販売、セールス

「マーケティング」の前に付く用語

「マーケティング」の前に付く用語もあります。

いずれも近年重視されるようになったデジタルマーケティングに関する用語です。

インバウンドマーケティング

「インバウンドマーケティング」とはWebサイトやブログ、SNSなどで役立つ情報を提供して自社を見つけてもらい、見込み顧客を獲得し育成して、顧客になってもらうまでのマーケティング手法のことです。

中長期的な取り組みになるのが普通で一朝一夕で結果が出るものではありません。

また各種のSEO対策を十分講じておくことが必須となります。

コンテンツマーケティング

「コンテンツマーケティング」とはWebセミナーや電子書籍などのコンテンツを作成し見込み顧客に提示する手法です。

見込み顧客にメールアドレスなどの連絡手段を提供してもらうことにより、継続的に次のマーケティングに繋げることができます。

検索エンジンマーケティング

「検索エンジンマーケティング」とはGoogle検索を用いたマーケティング手法です。

自社サイトが検索結果の上位に来るようにSEO対策を行ったり、リスティング広告などの有料のサービスの利用も含まれます。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


アフィリエイトマーケティング

「アフィリエイトマーケティング」とは外部サイトの紹介によって上がった売上から一部をそのサイトに紹介料として支払う手法です。

手間をかけずに集客からクロージングまで持ち込むことが可能です。

SNS マーケティング

「SNS マーケティング」とはTwitterやInstagram、FacebookやLINE、You TubeなどのSNSを駆使して行うマーケティング手法です。

特にInstagramLINEはビジネスユースで利用することができ集客には役立つツールといえます。

メールマーケティング

「メールマーケティング」とはメールを使って見込み顧客にメッセージを送るマーケティング手法です。

ただし見込み顧客によっては迷惑メールに仕分されることもあるので、大量に送り付けたりすることは避けた方が無難でしょう

モバイルマーケティング

「モバイルマーケティング」とはスマートフォンやタブレットをはじめとする携帯端末を対象に行われるマーケティング手法です。

スマホの普及率は高く利用していない人はいないといってもいいでしょう。

現在ではパソコンを対象としたデジタルマーケティングよりも重要になっています。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


マーケティングを言い換えるときは意味を社内で統一する

ガッツポーズの女性
マーケティング用語を言い換えるときは、その意味を社内で統一する必要があります。

特に意味を一致させておかないと混乱をきたすのが次の8つの用語です。

  • リード
  • パイプライン
  • ホットリード
  • 新規と既存
  • 「大企業」と「中小企業」
  • 商談
  • コンバージョン(CV)
  • キャンペーン

例えば「商談」ですが見込み顧客の段階から使うのか、あるいは契約に向けて協議がスタートした時点から使うのかで、意味合いが異なってきます。

どちらがいい悪いではなく、どこから使うようにするのかを決めておく必要があるわけです。

まとめ

マーケティングは言い換えられますが、誤解を招くリスクがあります。

社内で使うビジネス用語については、その意味を統一しておいた方がいいでしょう。

混乱を未然に防ぐことができます。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説