集客で使うマーケティング用語を解説!

マーケティングを行う際にはさまざまな専門用語が使われており、シチュエーションに応じて適切な用語が異なります。

企業を相手にマーケティングを行う時や、企業からマーケティングを受ける時には専門的な用語を知っていることでマーケティングの仕組み自体を理解しやすくなります。

今回はそんなマーケティングの際に活用される用語について、用語を使用するシチュエーションや種類別に分けて解説していきます

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

マーケティング用語はすべて覚える必要はない

マーケティングの際にはすべての用語を覚える必要はありません

マーケティングを行う上では勉学的な知識よりも実務的な知識の方が重要なため、専門用語を多く知っていても、実際にマーケティングを行うための知識やスキルがなければ上手くマーケティングを行うことは難しいでしょう。

一方の、専門用語をあまり把握していない人でも、実務的なスキルや仕組みを理解できていれば効果的なマーケティングを行うことができます。

しかし、効果的なマーケティングを行うためには最低限の専門用語を理解しておく必要はあります。

また、顧客に対してマーケティングを行う際には顧客からの信頼を獲得するのは非常に重要なことであり、専門用語を多く知っていることで、「マーケティングのプロとして幅広い知識を持っている」というアピールにもなり、顧客からの信頼に繋がるケースもあるのです。

マーケティングの施策に関する用語

マーケティングの施策とは、マーケティングを行う際の手法や戦略のことを指します。

施策に関する主な用語は次の通りです。

ブランディング

商品やサービスが他の商品に比べて個性や特徴があることを「ブランド」と言います。

自社が提供している商品やサービスのブランド力を高め、他社が提供している商品やサービスと差別化を図ったり、市場においてのポジションを明確にすることを「ブランディング」と言います。

インバウンドマーケティング・アウトバウンドマーケティング

インバウンドマーケティング」とは、ソーシャルメディアやホームページ、SNSなどを活用して、自社が提供している有益なコンテンツを顧客に見つけてもらうための手法のことです。

それに対して、「アウトバウンドマーケティング」とは、マス広告やダイレクトメール、テレマーケティングのように顧客を追いかける手法のことを指します。

従来では企業側が顧客を追いかけるアウトバウンドマーケティングが主流でしたが、スマートフォンやSNSの普及によって消費者が情報を収集しやすくなった現在では、インバウンドマーケティングに力を入れる企業も増えてきています。

エンゲージメント

消費者が特定の企業や商品、ブランドに対して抱いている好感度や愛着度のことを指します。

消費者からのエンゲージメントが高ければ高いほど、「この商品(ブランド)だから購入する」というような効果を生み出すことができるようになり、継続的に商品の購入やサービスへの申し込みに繋がりやすくなるのです

ペルソナ

マーケティング戦略を練る際に、ある特定の項目に絞り設定される人物像のことを指します。

マーケティングでは特定のターゲットに対して効果的なアプローチや宣伝を行うことを目的としているため、性別年齢職業年収地域など細かい項目まで絞ります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


マーケティングの指標に関する用語

マーケティングの指標とは、マーケティングを行うための目安や参考にするデータを集める際に活用する項目のことを指します。

指標に関する主な用語は次の通りです。

コンバージョン

WEBマーケティングにおける「コンバージョン」とは、希望している成果のことを指します。

例えば、WEBサイトを運営している際のコンバージョンとは、商品の購入サービスへの申し込み資料請求などが挙げられます。

インプレッション

インプレッションとは、広告の露出回数のことを指します。

消費者が広告をクリックすると1インプレッションとカウントされ、リスティング広告などを含めた「WEB広告」においては効果を測るためにも重要です。

CPA/CPC/CTA/CVR

これらは全てWEB広告に関する項目であり、それぞれの意味は次の通りとなっています。

CPA・・・コンバージョンを1件獲得する為にかかったコスト
CPC・・・広告が1クリックされるまでにかかったコスト
CTA・・・WEBサイトに訪れたユーザーを「資料請求」や「お問い合わせ」などに誘導すること
CVR・・・コンバージョン率のことであり、「コンバージョン数÷訪問(セッション)数」によって算出

デジタルマーケティングに関する用語

アプリのイメージ
スマートフォンやインターネットの普及、IT技術の発展により、スマートフォンやタブレットなどのブラウザやアプリからの行動履歴、イベントなどのあらゆるデータを活用する「デジタルマーケティング」の重要性が増えています。

デジタルマーケティングに関連する用語を解説していきます。

アーンドメディア・オウンドメディア

アーンドメディア」とは、SNSやブログなどのように、消費者が情報の発信源となるメディアのことを指します。

アフィリエイターやユーチューバーをはじめした、「インフルエンサー」が増えていることもあり、アーンドメディアでは消費者の感想や意見などリアルな声が発信されているため需要が増えてきています。

それに対して、「オウンドメディア」とは、企業が自社で管理・運営しているメディアのことを指し、WEBサイトやSNSアカウント、メルマガなどが当てはまります。

オウンドメディアでは、企業として信憑性の高い情報を発信できるほか、運営を自身でコントロールすることができるというメリットがあります。

インフルエンサーマーケティング

芸能人や有名ブロガー、ユーチューバー、インスタグラマーなど世間への情報の発信力・影響力が高い人に商品やサービスの紹介をしてもらう宣伝方法のことです。

インフルエンサーマーケティングでは、アーンドメディアのように消費者としてのリアルな情報を発信できるため、スマートフォンやSNSの普及が増えている現在では、より効果的な戦略となっています。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


アクセス解析に関する用語

パソコンの画面
マーケティングにおいてWEBサイトやSNSなどを運営している際にはその傾向やデータの分析が必要となり、アクセス解析も必要不可欠となっています。

アクセス解析に関連する用語を解説していきます。

セッション

WEBサイトへ訪れたユーザーがアクセスしてから離脱するまでの一連の行動のことを指します。

セッション数が多ければ多いほど多くのユーザーがWEBサイトへ訪れているということになります。

直帰率

ユーザーがWEBサイトへ訪れた後、何もせずにすぐにサイトから離脱してしまう割合のことを指します。

直帰率が高ければ高いほどユーザーがサイトに対しての魅力を感じなかったということであり、直帰率が高い場合は早急に原因の解明や対策が必要です。

離脱率

ユーザーがWEBサイトへ訪れ、一回のセッションの内に対象ページでサイトから離れた時の割合のことを指します。

直帰率はサイトに訪れた後の割合に対して、離脱率はサイトに訪問後に何かしらの行動を取った後に離脱した割合となります。

離脱率が高いページはユーザーから関心を持ってもらえていないということであり、直帰率と同様に、早急な原因の解明と対策が必要です。

まとめ

マーケティングの際にはさまざまな専門用語があります。

マーケティングを実施する際には用語ごとの意味を正しく理解するといいでしょう。

用語を正確に理解することで、効果的な戦略を練りやすくなります。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説