広告が法律で規制されるケースもある!とくに気を付けたい業界とは

広告を規制されると自由な表現ができないため、億劫に感じる人もいるのではないでしょうか。

ところが広告の規制は消費者を守っているだけではなく、広告の作り手側も守っているのです

この記事では、広告が規制される理由や目的、注意したい業界などを解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

広告を規制する理由と目的

Business
広告の規制は消費者と広告の作り手、両方にかかわる重要なものです。

消費者を守るため

広告を規制する主な目的は、消費者や著作物などを守り、事業者に公正な競争をさせるためです。

消費者が、商品やサービスの内容や値段が本来よりも優れているものだと誤解してしまうような広告を「誇大広告」といいます。

広告を作るポイントになるのは「いかにして消費者の購買意欲を搔き立てるか」です。

しかし購買意欲を掻き立てるために度を過ぎた表現方法をしてしまうと、消費者に誤解を与えます。

商品やサービスがすごく良いものだと思ったのに、そうではなかった」という例は誰にでもよくあります。

しかし、それが広告を作る側の表現によって引き起こされたものであれば、問題になってしまいます。

広告の作り手である企業を守るため

これは消費者だけの問題ではなく、競合他社との問題もあります。

競合他社が製品に使用している名称を不正利用したり、自社の価値を上げるために競合他社を貶めるような表現はできません

「景表法」と「薬機法」とは

広告にかかわる法律で主な種類は「景表法」と「薬機法」です。

それぞれ詳しく解説します。

景表法とは

景表法は「景品表示法」といい、以下を規制する法律です。

景表法が禁止する範囲
  • 消費者が誤解するような広告を出稿すること
  • 消費者が判断できなくなるような過大な景品を提供すること

お伝えした事例のように、消費者から見て商品やサービスが実際よりも優れたものだと誤解させる方法を「優良誤認表示」ともいいます。

たとえば、殺虫剤を出していたあるメーカーが、消費者庁より措置命令を受けました。

措置命令とは
消費者庁が事業者や商品、サービスを調査した結果、違反行為が認められるケースがあります。
そのようなときは、消費者庁から誤認の排除や再発防止などを命じられます。

広告の内容だけに限らず、過大な景品を提供することも禁止されているので注意してください。

薬機法とは

化粧品サプリメント医薬部外品などの安全性や有効性を守るための法律です。

これらは基本的に医薬品ではないので、医療に該当する効果を表示できません。

たとえば化粧品などで、根拠がなく治療を伴わないのに「シミが消える」と広告に表示するのはNGです。

化粧品などは使っていい表現が決められているので、薬機法を守って広告を作ると同じような内容になりやすい特徴があります。

そこでパッケージのデザインに注目したり、使い心地の良さを表現したり、工夫が必要です。

医療業界や健康食品の販売業者は要注意

ビジネスウーマン 1番
医薬業界や健康食品などの販売業者は注意が必要です。

医薬品や医療機器は国民を守り、有効性や安全性を確保するカテゴリーに該当します

製造や販売までの流れで一貫した規制を実施しているので、当然広告の表示もかかわってきます。

一方、健康食品は直接薬機法の規制を受けるカテゴリーではありません

どのような製品が健康食品に該当するかというと、一般の食品よりも健康に良く、あくまでも栄養成分を補う立ち位置の食品です。

直接薬機法の規制を受けるカテゴリーは、以下の通りです。

薬機法の規制を受けるカテゴリー
  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品
  • 医療機器および再生医療等製品

直接薬機法の規制を受けないとはいえ、健康食品には薬のような効果は認められていません。

医薬品のような効果を記載したり、医薬品にしか使えない成分を使ったりできないのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


広告トラブルを防ぐ方法

広告のトラブルを防ぐために、専門家に依頼する手段もあります。

法律を確認できるだけではなく、各媒体で広告の審査が通らずに困っている人もご確認ください。

広告の専門家に外注する

一般的に広告を専門家に外注するメリットとして挙げられるのは、自社の負担の削減専門知識を持っていることです。

広告における専門知識とは当然、法律も該当します。

しかし専門家にも得意、不得意なカテゴリーがあるため、広告の運用や作成を専門家に外注するときは、以下の項目をチェックするといいでしょう。

  1. 得意とする広告の種類をチェックする
  2. 実績や資格をチェックする
  3. 自社が広告に使える予算をチェックする

依頼を考えている専門家が、得意としている広告の種類をチェックするのがおすすめです。

例えば、「インターネット広告」といっても、これだけの種類があります。

  1. リスティング(検索連動型)広告
  2. アフィリエイト広告
  3. ディスプレイ広告
  4. SNS広告
  5. 動画広告

現在では広告の種類が多様化しているので、上記は一部です。

リスティング広告がユーザーの検索結果と連動するのに対して、ディスプレイ広告はホームページなどのコンテンツに表示される広告です。

アフィリエイターが所持しているホームページなどに表示するのが、アフィリエイト広告になります。

SNS広告はSNSに表示される広告を指しており、動画広告は静止画ではなく動画を使用する広告です。

広告の種類と自社が扱う商品やサービスの業界によって、頻出するNGワードなども変わることが考えられます。
広告の種類と自社の業界を伝えて、実績があるか否かをチェックするといいでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


弁護士に相談する

専門家による広告チェックのニーズが高まっているので、広告関連の相談を受けつけている弁護士事務所が増えてきています

広告の規制は法律にかかわる内容なので、どうしても専門的な知識が必要になります。

そのうえ法律に違反しているかどうかは、広告全体を見て判断するものです。

広告の知識がない一般人がすべての表現を見極めるのは難しいので、弁護士に相談するのもひとつの方法です。

まとめ

広告が法律で規制されている理由は、広告主と消費者を守るためです

複雑な話なので不安がある人は、外注も選択肢のひとつだと覚えておくといいでしょう。

もし、自社で広告を作成する場合は、法律は改訂されていることもあるので必ず最新の情報か確認するのがおすすめです。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事