求人広告を出してもなかなか人材が集まらず苦労している企業も少なくありません。

しかし、同業他社ではリクルート活動がうまくいっているというケースもあります

今回は求人広告の媒体の種類や選び方、求人広告を制作する際のポイントについて解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

求人広告は「インターネット広告」と「紙媒体」に分けられる

求人広告は大きく「インターネット広告」と「紙媒体」の2つに分けられます。

どちらか一方を選ぶ方法もありますが、求人内容によっては組み合わせて広告展開をはかるのも有効な手段です。

求める人材によって手法が変わるため、柔軟に考えるといいでしょう。

紙媒体の種類と特徴

かつては求人広告といえば紙媒体が中心でした。

現在ではインターネット広告に押されつつありますが、それでも求める人材によっては有効な手段です。

紙媒体には次のような種類があります。

新聞広告

インターネットが普及する以前は新聞の求人広告欄で募集をかけることが一般的でした。

現在では、若年層の新聞離れも手伝って寂しいものになりつつありますが、まったく効果がないということはありません。

具体的には、会計事務所など固い職業の人材を募集する際には有効といえます

折込チラシ

新聞の折込チラシで募集をかける方法です。

一部のエリアに集中できるというメリットがあります。

地域情報誌

その地方に特化した情報誌に求人広告を掲載する方法です。

これもエリアを特定できるメリットがあります。

チラシのポスティング

求人チラシを作成してポスティングをする方法もあります。

地域密着型の企業に向いています。

インターネット広告の種類と特徴

紙媒体に変わって求人広告の主流となったのがインターネット広告です。

紙媒体よりも情報量が多く、長く掲載できるというメリットがあります。

かつてはインターネット環境と情報端末が必要なので、及び腰になる企業もありましたが、現在ではスマホを持っていない人を探す方が難しいでしょう。

求人サイトの種類は大きく2つあります。「総合型求人サイト」と「特化型求人サイト」です。

総合型求人サイト

あらゆる業種や職種を扱っている求人サイトです。

限定的ではないので多くの人に見てもらえるというメリットがあります。

特化型求人サイト

業種や職種、地域などを限定して募集することができる求人サイトです。

総合型求人サイトよりも利用者は少ないかも知れませんが、限定することにより採用に繋がりやすいというメリットがあります。

インターネット広告は求人サイト担当者と作成する

パソコンを操作する人
インターネット広告を出稿するには、まず利用する媒体を選ぶ必要があります。

媒体により強みが異なるので、求める人材に合わせなければなりません。

また実際に広告を制作する際には、求人サイトの担当者と相談をしながら進めることになりますが、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

求人広告を出稿する媒体を選ぶ

どんな人材を求めるのかによって出稿する媒体は違ってきます。

雇用形態によっても異なるので、まずはそこを明確にしておく必要があります。

例えばアルバイトやパートを求める場合と、新卒や中途採用の正社員を求める場合で異なりますよね。

前者であればマイナビバイト・バイトル・フロムエーなどが向いています。

後者であればマイナビ転職・リクナビNEXT・type(タイプ)などが主力の媒体といえます。

求人広告制作のポイントについて

求人広告を出稿する媒体を決めたら、求人サイトの担当者と相談しながら、求人広告の制作に入ります。

しかしその際には押さえておきたいポイントがいくつかあります。

キャッチコピーで差別化をはかる

求人広告ではキャッチコピーがとても重要です。

シンプルすぎると人の心に刺さりません。

人は無意識に自分の求める情報をキャッチしようとするものです。

例えば「未経験者可」などのキーワードがキャッチコピーにあればそれだけ人目を引くものです。

■実例
  • 「コールセンターのお仕事です」×
  • 「マニュアル完備でラクラク対応!コールセンターのお仕事です」○

  • 「ホールスタッフの募集です」×
  • 「交通費全額支給!未経験者大歓迎!ホールスタッフの募集です」○

  • 「調理スタッフを募集します」×
  • 「経験者優遇!まかない料理付き!調理スタッフの募集です」○

具体的な仕事のイメージが浮かぶようにする

具体的な仕事のイメージが浮かぶようにするのも大切です。

自社について知らない人やその仕事の未経験者でもわかるように記載するといいでしょう。

実例
  • 「ホール業務全般および接客」×
  • 「ホールでの注文と配膳および会計とレジ締めまで」○

  • 「事務作業全般」×
  • 「伝票作成や勤怠集計、領収書の整理や資料作成など事務作業全般」○

  • 「組み立て加工など製造作業」×
  • 「工作機械を使って家電製品の部品を加工および組み立てる製造作業」○

求める人物像を明確にする

求める人物像を明確にしましょう。

求人広告を見た求職者に「これはわたしだ!」と思わせることが応募に繋がります。

実例
  • 「事務作業経験者」×
  • 「Excel・Word・PowerPointが使え会計ソフトの操作に慣れた方」○

  • 「未経験者可」×
  • 「未経験者でもホウレンソウがしっかりできる方は歓迎します」○

職場の雰囲気を伝える

単に文章で「明るく楽しい職場です」と書いても求職者には刺さりません。

具体的に職場の雰囲気を伝えるには、写真を使うことがおすすめです。

事務所の内外や作業場所など数点用意した方がいいでしょう。

労働条件を明示する

労働条件を明示しておかなければ求職者は集まりません。

勤務時間や残業の有無、給与などを曖昧にしておくとトラブルに発展する可能性があります。

また休日や休暇についても正確に記載しなければなりません。

実例
  • 給与:月給30万円×
  • 給与:月給30万円(月20日勤務・残業代含む)○

  • 休日/休暇:週2日/有給あり×
  • 休日/休暇:完全週休2日制(土日休)/初年度7日間の有給休暇あり○

求人広告を出稿する

ポイントを押さえた求人広告の制作が終わったら、いよいよ媒体に出稿することになります。

しかし出稿前に細部の確認を忘れずに行いましょう。

特に給与や休日・休暇などの待遇面に間違いがないか注意します。

広告掲載後に間違いが判明した場合は、すみやかに求人サイト担当者と連絡を取り修正する必要があります。

公式サイトにも求人情報を載せる

パソコンを持つ人
求人広告を出稿したのなら自社の公式サイトにも求人情報を掲載しておきましょう

求人サイトから公式サイトに紐付けしておくことも大切です。

また求人サイトによってはフォーマットに自由度がなく動画の掲載ができないことがあります。

自社の公式サイトであれば、自由に編集を行えますから、フォーマットに従う必要はありません。

会社概要などを見てもらうことで、応募意欲を高めてもらう効果も期待できます。

まとめ

少子高齢化により若年層が減っている昨今では、求人はなかなか困難になっています。

しかしポイントを押さえた求人広告なら求職者の心に届きます。

的確なアプローチをすることで、求人広告から求める人材の応募があるでしょう

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事