駅に広告を出稿するメリット!掲載費用や出稿手順も解説

駅に広告を出稿したいと思っても出稿費やメリットなど、詳細が分からなくてつまづいている人もいるでしょう。

利用者の目線に立った駅の広告は、目につくことが多いことから訴求力があります。

この記事では、駅に広告を出す際の疑問点を解説しています。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

駅にある広告の種類と特徴

駅にある広告といえばポスターなどの紙媒体をイメージするかと思いますが、じつはほかにもあります。

多様化する広告の種類特徴を解説します。

駅貼りポスター

駅を利用する人に訴求したいときは、駅構内に貼り出す「駅貼りポスター」が活用できます。

通勤で電車を使っている人なら、駅貼りポスターを見たことがない人はいないはずです。

駅を利用する人の印象に残りやすかったり、設置する駅ごとに効果が違ったりする特徴があります。

主な駅貼りポスターは1つの駅に1枚貼るものと、複数のポスターを貼るものの2タイプに分かれます。

また、ポスターにクイズをつけて、全ての駅の回答を集めるとプレゼントがもらえるキャンペーンを実施することもあります。

ユニークな広告を作れば1回でユーザーの印象に残り、後に出すキャンペーンなどにも良い効果が現れるのです。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージは駅構内だけに限らず、オフィスや学校などで見たことがある人も多いと思います。

ポスターより多くの情報を伝えられたり、視覚に強く訴えられることが、デジタルサイネージの特徴です。

スライドや動画も配信できるので、写真のスライドショーのように画面が動く広告があります。

ポスターの場合は、どれだけインパクトがあっても1枚に収まる内容しか配信できません。

デジタルサイネージなら音楽や音声と合わせて画面を動かせるので、より視覚に強く訴えられます。

柱巻き広告

柱巻き広告は「アドピラー」と呼ばれており、短期の出稿が可能です。

期間限定のキャンペーンなど、短期スパンでの出稿を考えている人に向いています。

柱に連続して出稿したり360度どこからでも広告を確認できたりするのが、柱巻き広告ならではの魅力です。

これらはデジタルサイネージの広告にはない魅力なので、デジタル化が進む現在でも十分に利用する価値があります。

またコンコースや通路にも広告を出稿すれば、駅ビルの利用者にも注目してもらえます。

駅広告のメリット

MERIT
駅広告はアナログからデジタルまで揃っていますが、駅広告ならではのメリットをチェックしましょう。

信頼性が高い

電車は公共の交通機関なので、信頼性が高いことがメリットになります。

基本的に駅の構内に広告を出稿すると出費がかさみますが、一般的にもその認識が広まっています。

つまり駅に広告を出稿するだけで、「商品やサービスが売れている企業だ」と認識されやすくなります。

繰り返し訴求できる

通勤や通学の手段を日ごとに変えている人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

多くの人が毎日同じ手段で移動しているので、一度出稿しただけで繰り返し訴求できるのが駅広告のメリットです。

狙ったエリアへのアプローチが可能

基本的に駅広告は、駅や期間を決めて出稿します。

そのため狙ったエリアにアプローチできるため、無駄な広告にならなくなります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


駅広告の注意点

駅広告には紙媒体特有の注意点があるので、他の広告媒体と比較するといいでしょう。

出稿費用が高い

駅広告は出稿費用が高いので、しっかり予算と照らし合わせましょう。

たとえばJR東日本の駅貼りポスターの場合、7日間で21,000円の広告枠があります。

この金額は一番小さいサイズのポスターなので、大きなサイズを希望するのなら、さらに値段が高くなります。

大型のパノラマタイプは、駅によって最低でも7日間で50,0000円です。
(参考:交通広告ナビ|駅広告(駅貼りポスター)+JR東日本 料金

効果測定が難しい

インターネット広告なら、複数のクラウドサービスを使えば基本的にユーザーの動向をチェックできます。

しかし駅広告は、「一体どれだけの人が広告を見てお店に来てくれたのか」を測定するのが困難なので注意が必要です。

出稿手順には審査がある

駅広告は複数の審査があります。

広告を出稿する大まかな手順は、以下の通りです。

広告を出稿する手順
  1. 媒体を選ぶ・・本来は広告を出稿する媒体を選びます。今回は駅広告ですが、出稿する目的をはっきりさせましょう。
  2. 広告の提出時期を決める・・商品やサービスを提供する時期と合わせるために、提出時期を決めます。
  3. 広告主審査・・基本的に一般的な事業を行っていれば問題ないです。しかし稀に競合にあたる企業の広告を禁止している私鉄があります。
  4. 枠抑え・・広告を掲載する期間や枠の数量などを決定して、実際に申し込みます。タイミングよく枠が空いていればスムーズに確定しますが、そうでなければプランを考え直さなければなりません。
  5. 広告デザインの審査・・先方が広告のデザインが適切かどうかを見極めるために、広告デザインの審査があります。駅広告はデザインや掲載する言葉などが厳しく決められているので、何度もNGになる可能性があります。

▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


駅に広告を出す業界はさまざま

駅構内の写真
ITやアプリケーション、飲食店など、駅に広告を出す業界は多岐に渡ります

例えば、アプリの開発をしているIT企業は、「一緒にIT企業を創りませんか?」といったコピーで出稿した事例があります。

また、あるカフェでは利用者の増加やキャンペーンの告知を目的として、メニューの横にデジタルサイネージの広告をつけました。

デジタルサイネージの広告を導入している飲食店はまだ多くないので、通行者にインパクトを与えられるでしょう。

まとめ

インターネット広告が主流になっている現在でも、駅広告のニーズは高いです。

駅広告はポスターだけではなく、デジタルサイネージも増えつつあります。

さまざまな業界が駅広告に注目しているので、予算と照らし合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説