マーケティング検定ってなに?特徴や取得のメリットを解説

マーケティングにも様々な資格があることをご存じでしょうか。

資格を取得によって実務や転職に役立つほか、資格取得の勉強でマーケティングの知識やスキルを獲得することも可能です

この記事では、マーケティングの資格の中でも知名度の高い「マーケティング検定」について詳しく紹介します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

マーケティング検定の基本を解説

マーケティング検定とは、公益社団法人日本マーケティング協会が主催している、内閣府認定の試験です。

多くの企業の研修でも多く採用されていて、マーケティング業界において知名度は高いです。

マーケティング検定は民間資格であり国家資格ではありません

あくまで内閣府認定の資格であり、法的根拠はないため注意が必要です。

マーケティング検定では、コンピューターを使用する「CBT試験方式」を採用しています。

全国各地のテストセンターで受験できるため、地方の方でも安心して受験可能です

マーケティング検定の難易度と勉強方法

勉強する人
マーケティング検定は1級~3級まであり、それぞれで難易度が異なります。

マーケティング検定の難易度と勉強方法を紹介します。

3級:マーケティング初心者レベル

3級はこれからマーケティングに触れる方向けの内容で、マーケティングの導入口にもなる試験です。

マーケティングの基礎知識があることが合格条件となっているため、マーケティングの実務経験がなくても勉強すれば十分に合格を目指せます。

マーケティング検定の中では1番難易度が低く、これからマーケティング職に就く人とりあえず基礎知識が必要な人におすすめです。

3級の試験範囲は下記の10領域にわたります。

  1. 基本概念
  2. 市場環境
  3. 戦略的マーケティング
  4. マーケティング・リサーチ
  5. 消費者行動
  6. 製品戦略
  7. 価格戦略
  8. コミュニケーション戦略
  9. チャネル戦略
  10. サービス・マーケティング

基礎知識と言えど、その範囲は広く設定されています。

これらを網羅するには、日本マーケティング協会が発行する「内閣府認定 マーケティング検定3級試験 公式問題集&解説」の使用がおすすめです。

問題集となっているため、試験のイメージがしやすくなっています。

また参考図書として「ベーシック・マーケティング(同文舘出版)」を使用することで、よりマーケティングに関する理解が深められます。

2級:マーケティング中級者レベル

2級は、マーケティング中級者向けの試験です。

基礎的なマーケティング知識はもちろんのこと、その応用まで幅広い知識が求められます。

3級よりもやや踏み込んだ内容を問われ、社会で活躍するマーケターレベルの知識が必要です。

2級の試験範囲は下記の16領域にわたります。

  1. マーケティング・マネジメント
  2. マーケティング環境の分析
  3. 資源配分と製品ポートフォリオ管理
  4. マーケティング組織のデザイン
  5. 産業と競争の構造
  6. 消費者行動の分析
  7. 価格設定のデザイン
  8. 製品開発と顧客価値
  9. ブランド・マネジメント
  10. マーケティング・コミュニケーション
  11. サプライチェーン・マネジメント
  12. 顧客関係マネジメント
  13. サービス・マーケティング
  14. 生産財(BtoB)マーケティング
  15. ソーシャル・マーケティング
  16. グローバル・マーケティング

2級の勉強には、日本マーケティング協会が発行する「マーケティング検定2級試験公式問題集&解説 上下巻」の使用がおすすめです。

上下巻網羅することで、2級の試験範囲を全てカバーできます。また参考図書として以下の3つの本の使用がおすすめです。

  • コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント基本編 第3版(丸善出版)
  • ゼミナール マーケティング入門 第2版(日本経済新聞出版社)
  • マーケティング New Liberal Arts Selection(有斐閣)

上記の参考図書は、2級の試験範囲を全てカバーしているわけではありません。

あくまで公式問題集の補助的な役割として活用することがおすすめです。

1級:マーケティング上級者レベル

1級では、プロフェッショナルのマーケターとしての実力が問われます。

マーケティングの基礎から応用までの理解はもちろんのこと、実践的な思考力を図るために事例問題が出題されます。

そのため他企業からスカウトされるほどのマーケティングレベルの知識とスキルが必要となり、難易度も高く設定されています。

1級ではマーケティングの実力を評価するため、具体的な教材はありません。

勉強には自身のマーケティング関連書籍や、ケーススタディの書籍を基に行うと良いでしょう。

また、日本マーケティング協会HPに掲載される参考情報を確認するのも手です。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


マーケティング検定の取得がおすすめの人

先生
マーケティング検定は、どのような人にとって役立つ資格なのでしょうか。

メリットと共に紹介します。

マーケティング職を目指す人

これからマーケティング職を目指す、そんな方にマーケティング検定の取得をおすすめします。

特にマーケティング検定3級であれば、マーケティングで必要となる基礎知識が出題されるためおすすめです。

公式問題集や参考図書をしっかりと学習し試験クリアレベルに達すれば、マーケティングの基礎部分は出来上がっているはずです。

それを足掛かりに、マーケテターとして活躍できるかもしれません。

また、より知識を深めるためにマーケティング検定2級の取得もおすすめです

マーケティングを良く学びたい人

マーケティングをより学びたい人には、マーケティング検定2級の取得をおすすめします。

マーケティング検定2級ではマーケティングの基礎知識に加え応用知識までカバーされています。

そのためマーケティング検定2級取得のための勉強を通して、マーケティングのより深くまで知識を広げることが可能です。

また、マーケティングを良く学ぶためにはマーケティング検定公式問題集と共に、参考図書を使用することをおすすめします。

参考図書を読み込むことで、より一層マーケティングに関する知識を身に付けることが可能です

顧客に専門性をアピールしたい人

顧客に専門性をアピールしたい場合、マーケティング検定1級の取得をおすすめします。

マーケティング検定1級を持っていれば、マーケティングの知識のみならず、実践的なスキルまで持っていることをアピールできます。

またマーケティング業界に詳しい顧客であれば、マーケティング検定1級の難易度の高さから専門性を十分に感じ取ってくれるはずです。

一方でマーケティング検定3級には、さほど専門性をアピールする力がない点に注意する必要があります。

先述しましたが、マーケティング検定3級はマーケティングの基礎知識を問うものであり、マーケティング初心者向けの試験です。

顧客に専門性をアピールしたい方は、マーケティング検定2級、できれば1級の取得を目指すと良いでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


マーケティング職をするのに必ず検定が必要なわけではない

ここまでで、マーケティング検定を取得するメリットを紹介しました。

しかしながらマーケティング職をするには、必ずしも検定が必要なわけではありません

資格がなくてもマーケターとして活躍している人は数多くいます。

マーケティング検定は、コンピューター上で行われるCBT試験方式のテストです。

あくまでバーチャル上での試験であり、現実世界で直面する様々な事態は網羅できていません。

市場の変化と共に、マーケティング業界は刻一刻と変化しています。

資格取得のための知識やスキルも十分に役立ちますが、求められるのはあくまで「実践的なスキル」です。

検定にとらわれすぎず、時代の流れと共に活躍できるマーケターになることが重要です。

まとめ

マーケティング検定は、公益社団法人日本マーケティング協会が主催しているマーケティングの知識やスキルを問う検定です。

1級から3級まであり、それぞれ難易度が異なります。

3級は初心者向けの内容で、マーケティング職を目指す方にもおすすめです。

2級は応用知識も必要となるため、よりマーケティングについて学びたい人にもおすすめです。

1級は実践的なスキルも必要となるため、取得することで専門性をアピールできます。

しかしながらマーケティング職に就くために、必ずしも資格は必要ではありません。

あくまで検定は補助的なものであることを念頭におくことが重要です。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説