じつは似ている!?マーケティング職と企画職の違いを解説

マーケティング職と企画職は同じような認識をされがちです。

しかし、この2つには明確に違いがあり、仕事内容や求められるスキルが異なります

今回はそんなマーケティング職と企画職を比較しつつ、それぞれの特徴を踏まえ上手くマーケティングを実施する方法について解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

マーケティング職と企画職の仕事内容

「マーケティング職」と「企画職」は同じように認識をされるケースが多いですが、実は仕事内容に違いがあるのです。

まずは「マーケティング職」と「企画職」の明確な違いを把握するために、それぞれの仕事内容について解説していきます。

企画職の仕事内容

企画職の主な仕事内容は、消費者に提供する商品やサービスを生み出すための企画を練る業務に加えて、既存の商品やサービスを改良する為の企画を練る業務もあります。

商品の企画をする際には企業目線で企画をするのではなく、ユーザーのニーズに合ったモノを作りだすべきであり、どのようなユーザーに商品やサービスを提供するのかターゲット決めが重要となります。

そのため、年代、性別、属性、年収などある程度項目を絞る必要があるのです。

マーケティング職の仕事内容

マーケティング職の主な仕事内容は、企画職で企画した商品やサービスを消費者に販売・提供する為に市場調査販売促進の戦略を練る業務です。

マーケティング職では消費者に対して宣伝を行ったり消費者とのつながりを作ることが重要です。

そのため、自社で企画した商品やサービスを消費者に知ってもらい、購入や成約に繋げられるように、ターゲットに対しての適切な宣伝方法やアプローチ方法の戦略が重要となります。

企画とマーケティングは別物

MARKETING
「企画職」と「マーケティング職」の仕事内容について解説した通り、マーケティング職と企画職には業務内容に違いがあり、目的も異なります。

「企画職」は消費者に提供する新しい商品やサービスを開発する業務であり、「マーケティング職」は企画した商品やサービスを消費者に売る為に市場調査や販売促進の戦略を考える業務のことを指します。

例えば、企画職では市場や競合他社、消費者のニーズを調査して「市場や他社ではどのような商品やサービスがあるのか」、「ユーザーはどのようなニーズがあり、問題を抱えているのか」という点を把握し、それに対してどのような商品やサービスを開発するべきかを企画する必要があります。

それに対して、マーケティング職では、さまざまなマーケティング手法によって消費者に対して商品やサービスの認知度を高めたり販売促進を行います。

マーケティングの例としては、SNSを活用する「SNSマーケティング」や既存顧客からの口コミを活用する「口コミマーケティング」などがあり、企画開発の際に定めた消費者に対して適切なアプローチをかける為にはどのような手法がベストなのかの戦略を練る必要もあります。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


マーケティング職と企画職に求められるスキル

SKILL
マーケティング職と企画職は仕事内容が異なることもあり、それぞれで求められるスキルが異なります。

マーケティング職では商品のPR力、企画職では発想力が特に求められます。

それでは、それぞれの求められるスキルについて解説していきます。

企画職に求められる「発想力」

企画職は新しく商品やサービスを生み出したり、既存の商品やサービスの改善点を見つけ出す仕事であり、市場や競合他社、顧客のニーズ、更には自社の売り上げ向上などの目線から新しい発想を生み出さなければいけません。

そのため、既存の商品やサービス、考え方にとらわれず、斬新な考え方が必要とされるのです。

企画職において、新しい発想ができなければ自社の既存の商品や他社の商品と被ってしまい、当たり障りない商品開発となってしまうのです。

そのため、時には常識にとらわれないような発想も必要とされます。

マーケティング職に求められる「商品のPR力」

マーケティング職は自社の商品やサービスをいかに効果的に顧客へ販売・提供できるかの戦略を練る業務であるため、商品やサービスを宣伝するためのPR力が必要となります。

商品やサービスを顧客へ宣伝や販売促進をする際には、定めたターゲットに対して適切なPR方法を選択するべきであり、PR方法を誤ってしまうといかに宣伝をしても商品の購入やサービスの成約に結び付けることができません。

また、商品やサービスをPRする際には宣伝の為の広告費がかかることがほとんどであり、宣伝をしても成約に繋げることができなければ費用が無駄になってしまいます。

そのため、いかにしてコストを抑えて効果を出せるPRをするための戦略を練らなければいけません。

共通して求められる「分析力」

「企画職」と「マーケティング職」に求められるスキルを解説しましたが、この2つの業務は共通して分析が重要となります。

他社との差別化を図れて顧客のニーズに合う商品やサービスを開発する時も、顧客に対して効果的な宣伝をする時も共通して的確な分析が必要とされるのです。

分析を誤ってしまうと、顧客のニーズとズレた商品やサービスを開発してしまったり、顧客に適切な宣伝ができずに購入や成約に繋げられない状態になってしまうのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


連携することで大きな利益を生み出せる

ここまでで「マーケティング職」と「企画職」の違いやそれぞれの仕事内容について解説してきましたが、実はこの2つを組み合わせることで効果的な経営戦略に繋げることができるのです。

主な組み合わせ方としては、「企画職」で商品やサービスを開発する際に分析した市場や競合他社、定めたターゲットのニーズを「マーケティング職」の宣伝方法を決める際に、どのようにして他社と差別化を図るのかターゲットに対して適切な宣伝をするにはどのような宣伝方法が適切かという分析に生かすことができるのです。

まとめ

ここまでで解説したように、「マーケティング職」と「企画職」は同じように捉えられがちですが、仕事内容や求められるスキルに明確な違いがあります。

しかし、「マーケティング職」と「企画職」には共通する点もあり、マーケティングと企画を組み合わせることでより効果的な商品の開発から宣伝・販売促進につなげることができるのです。

企画とマーケティングを的確にこなす為の根本的な考え方としては「市場や業界を理解し、顧客のニーズを的確に理解する」という点が重要となります。

そのため、「企業側がどんな商品を提供したいのか」ではなく、「顧客側がどんな商品を欲しているのか」という点を的確に捉えなければいけません。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事