デジタルマーケティングの特徴とメリットを解説!おすすめの実施方法

近年、「デジタルマーケティング」というワードを耳にする機会が増えています。

しかし、デジタルマーケティングの特徴を正しく理解している人は少ないのかも知れません。

この記事では、デジタルマーケティングのことをよく分からない人でも、理解できるように分かりやすく特徴を解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

いま注目のデジタルマーケティングとは

portrait of asian businesswoman on blue background
デジタルマーケティングとは、ずばりデジタルテクノロジーを利用したさまざまなマーケティングのことです。

デジタルテクノロジーを利用したマーケティング手法はさまざまあります。

  • ホームページ
  • CNC
  • loT
  • アプリ
  • メールマガジン など

デジタルマーケティングはどれかひとつの手法だけを実施するのではなく、さまざまな手法を組み合わせて実施することが多いです

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

デジタルマーケティングとWebマーケティングは、どちらもインターネット上でおこなうマーケティングのため混同されてしまいがちです。

まず、WebマーケティングはWebサイトを中心としたマーケティング施策のことを指します。

具体的には、SEO対策や、Web広告などがあります。

一方のデジタルマーケティングは、WebマーケティングのほかにアプリloTVRARなどのデジタル技術も含めたマーケティングです。

つまり、デジタルマーケティングの一部にWebマーケティングが含まれていると考えと分かりやすいでしょう。

デジタルマーケティングを実施するメリット

デジタルマーケティングならではのメリットは、おもに3つあります。

  • ターゲットユーザーが拡大する
  • 見込み顧客にアプローチできる数が増える
  • 効果測定がしやすい

それぞれ詳しく解説します。

ターゲットユーザーが拡大する

デジタルマーケティングを行うと、ホームページの閲覧者以外にもマーケティングが可能になります。

例えば、SNSは拡散力があるため自身が把握しているターゲット層だけではなく、ターゲットになる可能性がある潜在層にもアプローチすることができます。

また、VRやAR技術を利用すると商品やサービスには興味がない人でも、VRやARに興味があれば商品を知ってもらう機会になります。

このように、デジタルマーケティングは複数のチャネルでマーケティングができるためターゲットユーザーが拡大しやすくなります。

見込み顧客にアプローチできる数が増える

デジタルマーケティングは直接的な営業よりも効率よく営業ができます。

アポイントを取るために電話をかけるのと、メールを送るのではメールの方が効率的に見込み顧客に対してアプローチが可能です。

また、SEO対策をすれば、自社のホームページや商品が検索エンジンの検索結果で上位表示されるようになります。

自社のターゲットユーザーが検索しそうなワードで上位表示されるようになると、多くの見込み顧客の目に留まりやすくなります。

検索ユーザーが多いワードで上位表示されるようになると、自動的に安定して多くのユーザーにアプローチできるようになります

効果測定がしやすい

デジタルマーケティングは、ユーザーの行動分析広告の反応などさまざまなデータを収集できます。

このようなデータは、マーケティングを最適化するためには必要な情報です。

見込み顧客の行動や反応を分析することで、ユーザーがどのような情報を求めているのか、逆に不必要な情報はどれなのか分かります。

マーケティング施策は常にアップデートが必要なため、良質なデータが取得できるのは大きなメリットと言えるでしょう。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


デジタルマーケティングの難しいポイント

ビジネスマン
デジタルマーケティングは集客や売上アップにつながるメリットがありますが、いざ実施しようとしても難しいポイントもあります。

デジタルマーケティングに取り組む前に、メリットだけではなく難しいポイントも理解しておくといいでしょう。

コンテンツを作成しても効果が出るか分からない

デジタルマーケティングを始めるにあたって、ホームページやSNSアカウントを開設しても確実に効果が得られるわけではありません

効果を出すためには、ターゲットユーザーに合ったコンテンツを作成する必要があります。

そのためには的確なターゲット分析が重要です。

いきなりコンテンツを作成するのではなく、まずはターゲット分析から始めるといいでしょう。

分析方法が分からないと蓄積されたデータを有効活用できない

デジタルマーケティングは、分析と改善が必要です。

例えば、ホームページの離脱率が高い場合はサイトデザインを変更しなければいけないかもしれませんし、広告のクリック率が悪かったらキャッチコピーの変更が必要になるでしょう。

しかし、ユーザー行動が蓄積されたデータを分析をして、正しい方向に改善するには知識や経験が必要になるので注意しましょう。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


デジタルマーケティングは営業支援ツールやサービスの利用がおすすめ

デジタルマーケティングは有効なマーケティング施策ではありますが、専門的な知識がないと大きな効果を生み出すのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、営業支援ツールやサービスを利用することです。

営業支援ツールを利用するメリット

デジタルマーケティングの知識があまりない場合は、営業支援ツールを利用するのがおすすめです。

営業支援ツールを利用すれば、自動的にデータ分析をしてくれるのでマーケティングの知識があまりない場合でも安心です。

また、マーケティング担当者がほかの業務に取り組むことができます。

マーケティング担当者の業務は多岐に渡るため、一部の業務を任せられると業務効率化ができるようになるでしょう。

おすすめの業者(ツール)を紹介

Lefty
特徴

  • 現状分析やデザインなど100種以上の業務に対応
  • 相談窓口が一本化されているから問い合わせしやすい
  • ウェブサイトのアクセスユーザーの顔を確認できる
  • 各分野のスペシャルリストが担当者となりサポート
  • チラシやパンフレットなども対応

料金プラン

  • ライトプラン:10万円/月
  • スタンダードプラン:20万円月
  • プレミアムプラン:30万円/月
  • ※料金は2022年4月時点のものです

公式サイトURL:https://big-mac.jp/

※資料のダウンロードにはTSUTA-MARKE 無料会員登録が必要です

Beerfroth
特徴

  • AIにより営業ターゲットのデータを抽出
  • 実際の営業とデジタルマーケティングの営業と連携できる
  • ウェブサイトのアクセスユーザーの顔を確認できる
  • MA/CRM/SFA機能で売上に直結すべて対応できる
  • デジタルマーケティングをすべて対応できる

料金プラン

  • Basic:4,950円/月~
  • Standard:21,450円/月~
  • Professional:39,600円/月~
  • ※料金は2022年4月時点のものです

公式サイトURL:https://www.beerfroth.com/

SATORI
特徴

  • 900社以上の導入実績
  • 充実したサポート体制
  • 感覚的な操作が可能
  • 匿名のリード情報も取得できる

料金プラン

  • 初期費用:300,000
  • 月額費用:148,000円/月
  • ※料金は2022年4月時点のものです

公式サイトURL:https://www.beerfroth.com/

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事