クーポンを活用したマーケティングを解説!メリットと注意点とは

企業や店舗が経営戦略を行う際の1つの手法として「クーポン」が挙げられます。

クーポンの内容はそれぞれの企業や店舗によって異なりますが、主な利用目的や効果的な活用方法は共通している部分もあります

そのため、今回はクーポンを活用するメリットやクーポンを上手く活かすことができる方法について解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

クーポンの種類を紹介

クーポンといってもその活用法や種類はさまざまであり、クーポンを活用する用途によってその種類が異なります。

まずは、クーポンにはどのような種類があるのか「目的別のクーポン」と「得点別のクーポン」に分けて解説していきます。

目的別のクーポンの種類

クーポンを発行する目的はそれぞれの企業や店舗によって異なり、目的によって適切なクーポンの活用法が異なります。

主なクーポンを活用する目的は次の通りです。

新規顧客獲得の為のクーポン
企業や店舗が売上を伸ばす為にはまず新規顧客の獲得は必要不可欠です。
そのため、開業したてや売上が停滞してしまった際には新規顧客を獲得する為のクーポンを活用する必要があるのです。
クーポンを活用して新規顧客を獲得する際には初回限定新規の方のみなど初めて利用するからこその価値を生み出すことが重要です。
リピーター獲得の為のクーポン
売上を安定させるためには新規顧客の獲得のみならず、その後のリピーターに繋げることが重要です。
初めて利用した顧客に対して2回目以降も安くなったりお得な特典を付けることで、継続して商品やサービスを利用する価値を生み出すことができ、長期的な顧客に繋げやすくなるのです。
客単価向上の為のクーポン
クーポンの活用法は何も薄利多売をする為だけではありません。
使い方によっては客単価を上げることもできるのです。
例えば、一定以上の金額の商品を購入した顧客を限定としたクーポンを発行することで、「○○以上買えばお得」という認識を持たせることができるのです。
SNSのフォロワー獲得の為のクーポン
スマートフォンやSNSの普及により顧客がSNSから企業や店舗の情報を得る機会が増えており、SNSを活用したマーケティングも効果的となっています。
そのため、クーポンとSNSを併せて活用することで、効果的に情報の拡散や顧客の獲得ができるのです。

特典別のクーポンの種類

続いてはクーポンの特典別に分けた時の種類についてご紹介していきます。

無料クーポン
無料クーポンと言ってもただ商品を無料で提供するのではなく、「3,000円以上お買い上げの方は○○プレゼント」というケースもあります。
一定金額以上の購入をした顧客限定で別途の商品をプレゼントすることで、顧客にお得感を感じさせ客単価を上げることができるのです。
割引クーポン
割引クーポンとは、先ほど記述した「客単価向上の為のクーポン」と同様のように、「3,000円以上の方○%引き」のように活用することで客単価向上に繋げることができるのです。
誕生日クーポン
顧客の誕生日に関連するクーポンのことであり、今月誕生日の方限定などと打ち出すことで、お得感を当たるだけでなくイメージアップに繋げることができます。
お試しクーポン
お試しクーポンの主な目的は新規顧客の獲得であり、今まで利用をしていなかった顧客に対して体験する機会を与え、商品やサービスの良さを認知してもらうことができるのです。

クーポン発行するメリットと注意点

COUPON
クーポンを発行することでさまざまなメリットを得ることができますが、それに対していくつかの注意点も生じてしまいます。

それでは、クーポンを発行する際のメリットと注意点について解説していきます。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


クーポンを発行するメリット

クーポンの最大のメリットは顧客の興味付けと言えます。

今まで商品の購入やサービスの申し込みをしていなかった人でもクーポンの内容を見て興味や関心を持ってくれたり、今まで興味や関心を持っていた人にも継続して利用してもらうことができるのです。

また、クーポンを発行する際に時期ごとの特典を付けることでより効果的になります。

忙しくあまり集客を増やしたくないという時にはクーポンを発行せず、もっと集客が欲しいという時にはクーポンを発行することで集客を伸ばしやすくなります。

このように、特に力を入れる時期にクーポンを発行することで集客や売上の調整をすることもできるのです。

クーポンを発行する注意点

クーポンはただ単に発行すればいいというわけではなく、用途やターゲットを明確にして適切なクーポンを発行しなければいけません。

そのため、クーポンを発行する際には誰にメリットがあるのかどのような使い方があるのかという点を明確にしておく必要があるのです。

クーポンは消費者が活用する際の目線に立って発行する必要があり、ターゲットに合わせた内容でなければいけません。

若者を対象とするクーポンを発行したとしてもその特典内容が若者に響かない内容であれば利用してもらう確率は低くなってしまいます。

そのため、ターゲットとしている顧客の心に響いたり、クーポンを利用することでメリットに感じられる特典にしなければいけないのです。

また、クーポンは時期ごとに合わせた特典を入れることでより顧客に限定感を与えることで効果を発揮することができます。

通年で発行をしているよりも有効期限を定めて「今だから使える」という認識してもらうことが必要なのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


クーポン発行と同時に実施するのがおすすめの手法

おすすめ
マーケティングにおいてクーポンと他の施策を行うことでより効果的な戦略を取ることがでます。

実際にクーポンと併用できる施策はどのようなものがあるのか解説していきます。

口コミマーケティング

企業や店舗が行うマーケティングの中でも特に効果的なのが口コミマーケティングです。

口コミによる消費者のリアルな声を活用する口コミマーケティングでは、より商品やサービスに対しての信頼を獲得しやすくなっており、マーケティングにおいてはとても重要な戦略となります。

そのため、「クーポンと併用をして口コミを書いていただいた方は○%引き」などと活用することができるのです。

広告出稿

クーポンの重要な役割として消費者の興味付けがあります。

クーポンを発行する時には広告に出稿をしてより多くの消費者に認知してもらうことで、幅広い消費者の興味を引くことができるのです。

クーポンを利用したマーケティングがおすすめの業界

クーポンを活用したマーケティングを実施するには適した業界があれば、そうでない業界もあります。

基本的にクーポンを利用したマーケティングがおすすめの業界はBtoCの事業をしている業界です。

BtoCとは、企業対個人つまり、企業が一般の消費者に向けて商品やサービスを提供している事業のことです。

BtoBと呼ばれる企業間での取引ではクーポンなどによる割引や特典は実施しにくいですが、インターネットやSNSでの情報収集を頻繁に行っている一般の消費者に向けての事業であれば、クーポンによる興味や関心を引きやくなります。

まとめ

クーポンを活用したマーケティングを実施する際にはいくつかのメリットがあるのに対して注意点もあります。

また、自社の業界や提供している商品やサービスによって適切な活用方法が異なりますので、事前に自社がクーポンのマーケティングを行うにはどのような方法が適切なのか分析をしてみるといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説