集客をウェブサイトでおこなうメリットと注意点を解説!

現在では大企業だけではなく、中小企業やベンチャー企業でもホームページを持つことが普通になっています

しかしせっかくホームページを立ち上げても、なかなか集客に結びつかず悩んでいる方も少なくないようです。

そこでこの記事では集客をウェブサイトで行うメリットと注意点について詳しく解説しています。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

集客できるホームページの特徴

集客できるホームページには6つの特徴があります。

それは次の通りです。

  • 明確なゴールが設定されている
  • ターゲットのペルソナ設定ができている
  • 提供する商品やサービスのアピールポイントが明確
  • ユーザーファーストで作られている
  • 定期的に更新している
  • 修正や改善を繰り返している

それぞれ解説します。

1.明確なゴールが設定されている

集客ができるホームページには明確なゴールが設定されています。

来てくれたユーザーに対し「これをしてほしい」というメッセージをわかりやすく提示しているのです。

例えば商品やサービスを購入してほしい、メールマガジンの読者になってほしいなど、何をしてほしいのか明確なゴールがあればユーザーが戸惑うことはありません。

2.ターゲットのペルソナ設定ができている

購入してほしい商品やサービスのターゲティングや、ペルソナ設定がしっかりできていることも重要です。

つまり誰(ペルソナ)に対してどんなメッセージを送るのかということです。

ペルソナ設定がしっかりしていれば、自ずと送るべきメッセージが明確になります。

3.提供する商品やサービスのアピールポイントが明確

購入してほしい商品やサービスの、アピールポイントを明確にする必要があります。

その商品やサービスにはどんな特徴があるのか、どこが競合他社とは違うのかを、明確に伝えなければユーザーは戸惑うことになります。

注意したいのは第三者的な目線で伝えることです。

4.ユーザーファーストで作られている

ホームページの操作性がユーザーファーストになっていることも大切です。

直感的に理解できるようなレイアウトや構成になっていなければ、ユーザーは離れてしまうかもしれません。

また最近ではスマホで閲覧する方が増えています。

スマホでどのように表示されるのかチェックする必要があります。

5.定期的に更新している

ホームページの情報は常に最新のものでなければなりません。

そのためにも定期的に更新する必要があります。

例えばコンテンツの1つにコラムがあるのなら、週に1度は新しいコラムを追加するべきです。

1ヶ月に1回程度ではユーザーはやがて離れていきます。その他の情報も常に最新のものにしましょう。これはとても大切です。

6.修正や改善を繰り返している

ホームページは作ったらそれで終わりではありません。

常に修正を加え改善に努めることも非常に重要になります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


集客できるホームページの作り方

Wordpress
集客できるホームページを作るにはいくつか押さえておくポイントがあります。それは次の通りです。

  • 目的とペルソナを明確にする
  • ペルソナにとって魅力的なコンテンツの作成
  • 提供する商品やサービスをアピールするコンテンツの作成
  • ユーザビリティに優れたコンテンツの作成
  • 常に最新情報を掲載する
  • 効果測定を継続して行う

それぞれ解説しましょう。

1.目的とペルソナを明確にする

まずはペルソナを明確に設定しましょう。

そしてそのペルソナに何をしてほしいのか、目的をはっきりさせることです。

例えば顧客リストの作成が目的なら、メールマガジンの読者になってくれるよう働きかけるといった具合です。

もちろん商品やサービスの購入に結びつけることも大切ですが、まずはホームページを通じて自社や商品・サービスのファンに取り込むことが第一歩となります。

2.ペルソナにとって魅力的なコンテンツの作成

ペルソナにとって魅力的なコンテンツを作成しましょう。

その商品やサービスを利用すると、どんな利益を受けられるのかを、わかりやすく紹介します。

コラムやブログで情報を発信するのもおすすめです。

3.提供する商品やサービスをアピールするコンテンツの作成

提供する商品やサービスをアピールするコンテンツの作成も大切です。

テキストのみではなく、画像や動画を使ってわかりやすく紹介すると効果的です。

4.ユーザビリティに優れたコンテンツの作成

ホームページのレイアウトや構成がユーザビリティに優れていることも大事です。

ユーザビリティとは使い勝手がいいことを指します。

次のポイントに留意してコンテンツを作成しましょう。

  • 見やすくわかりやすい
  • 操作がしやすい
  • 迷わせない導線設計
  • PCとスマホの両方に対応している
  • SSL化対応
  • ページ表示のスピードが速い

5.常に最新情報を掲載する

当たり前のことですがホームページに掲載する情報は、常に最新でなければなりません。

商品やサービスの内容が変わったのなら、ただちに更新するべきです。

生産中止や新商品の紹介なども、いち早く反映させる必要があります。

情報が古いままでは信用されなくなるでしょう。

6.効果測定を継続して行う

ホームページの効果測定は継続して行いましょう。

結果を分析して改良できるところを探すようにします。

そしてこまめに手を加えることで、ホームページの質を上げていきましょう。

ホームページに集客する具体的な施策

ホームページに集客する具体的な施策は大きく2つあります。

それはお金をかけずに無料で行う方法と、予算を組んで有料で行う方法です。

無料で行う集客方法

無料で行う集客には以下のような方法があります。

SEO対策

SEO対策をしっかり行うことで自社のホームページの検索順位を上げましょう。

しかしすぐに結果が出るものではないことも理解しておきます。

SNSへの投稿

SNSのなかでも、InstagramとLINEにはビジネスユースが設定されています。

自社のホームページへの誘導が図れるので利用しない手はありません。

有料で行う集客方法

有料で行う集客には以下のような方法があります。

リスティング広告

GoogleやYahoo!でキーワードを検索すると、検索結果に表示されるテキスト広告です。

検索結果と区別するために左肩に「広告」と表示されます。

ディスプレイ広告

ネット上のさまざまな場所に表示される広告です。

最近では動画が主流となっています。

SNS広告

TwitterやInstagram、FacebookやLINEなどのSNSに広告を出稿します。

とくにTwitterは拡散性が高いのが特徴です。

これらはインターネット広告と呼ばれるものですが、短期集中型で施行すれば効果が上がるでしょう。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


集客方法を選ぶときの考え方

考える女性
集客方法を選ぶときの考え方は、予算をどれくらいかけられるのかです。

予算次第ではせっかく集客しても思ったような結果が得られなかったり、赤字になってしまったりすることもあります。

また、ターゲットに合わせた宣伝方法を取ることも重要です。

例えば、SNSでもそれぞれに特徴があります。

自社の商品やサービスと相性のいい方法を選ぶといいでしょう。

まとめ

集客に結びつくホームページについて解説してきました。

ポイントを押さえたホームページ作りを行い、予算に応じた宣伝をすることで集客につなげます。

丁寧に更新していれば結果がついてくるので、長期的なプランで施策を実行するといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説