広告作成のコツを解説!デザインとコピーそれぞれのポイント

広告作成のコツが分からなくて、日々悩んでいませんか。

今回は、広告作成においてデザインやコピーの基礎的な考え方を解説しています。

広告の作成で行き詰まったときは、この記事を参考に作成フローを見直してみてはいかがでしょうか。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

デザインやコピーが優れた広告のメリット

デザインやコピーが優れた広告には集客力があります。

集客力があるとどのようなメリットがあるのか解説します。

収益向上まで最短で辿り着ける

集客力があれば、その分売上が伸びる可能性が高まります。

マーケティングにおいて、売上を伸ばす手段は環境によって異なります。

それにこれまでのデータがなければ、どこにどれだけコストをかければいいのか分かりません。

そのような中で集客力がある広告を作成できれば、マーケティングにおいてひとつの指標になるでしょう。

消費者が拡散してくれる

心に残ったり、話のネタにしやすかったりするコピーは、SNSで消費者が拡散してくれます。

ツイッターでハッシュタグになることもあり、心に残るコピーは消費者が自ら発信してくれるのでそれ自体が広告になります。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


デザインとコピーを作成する際の基本的な考え方

MOCK-UP
広告の作成では、デザインでもコピーでも考え方の根本的な部分は似ています。

それはマーケティングの基礎でもあるので、ここでチェックしてみましょう。

デザイン作成の基本

デザインの基本は、以下のポイントを押さえて作成します。

デザインの基本
  • 誰が・・・誰に向けたデザインを作るのか
  • 何で・・・消費者が自社の商品やサービスを手にする理由
  • どうする・・・消費者が商品やサービスが欲しい際にどんな行動を起こすべきか

基本の3点をおさえるには消費者を無理に広げず、絞って考えるといいでしょう。

コピー作成の基本

デザインの基本でお伝えした「消費者を無理に広げず、絞って考える」ことは、コピーの作成でも同じです。

そのうえで、コピーには以下のポイントがあります。

コピー作成の基本
  • すぐに誰でも理解できる内容である
  • 短く簡潔である
  • 商品やサービスなどとコピーの内容が一致している

コピーの大前提として、「すぐに誰でも理解できる内容である」というものがあります。

難しい漢字を使っていたり回りくどい言葉を使っていたりする場合は、それだけで消費者を離脱させてしまう可能性があるからです。

あまり意味が分からないコピーを見て、目に留まりはするものの、すぐにその場を立ち去った経験があるでしょう。

また誤解を招くようなコピーは炎上のリスクがあるので、第三者を交えてダブルチェック以上の確認が必要不可欠です。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


広告作成時の注意点

広告作成時にはいくつかの注意点がありますが、ここでは忘れがちな内容をお伝えします。

適切な広告費で作成する

広告の作成は、適切な広告費を算出してからはじめます。

インターネットや紙媒体など広告のプラットフォームが多様化しているので、広告にお金をかけたい気持ちも分かります。

しかし最初から広告費をたくさんかけてしまうと、後で運用の方法を軌道修正したいときに困難になるでしょう。

適切な広告費で作成するには、売上の目標額から逆算して予算を算出するのがおすすめです。

ユーザー目線で作成する

ユーザー目線とは、消費者の立場に立って作成しようということです。

消費者の立場に立って作成された広告は、自分事のように考えられており、自然に「商品やサービスを購入したい」と思えます。

広告を見てユーザーの満足度が高まれば、自然に商品が売れていくでしょう。

広告を出す媒体も重要

COTION
広告を出稿する媒体は多様化しています。

ここでは代表的なものを一部紹介します。

SNS広告

TwitterやInstagramなど、SNSをプラットフォームにした広告を「SNS広告」といいます。

テキストとバナーの形式が一般的でしたが、最近ではSNSによってカルーセルなども配信が可能です。

ターゲティングの精度が高く、潜在顧客に訴求できるのがSNS広告のメリットです。

SNSではアカウント登録の際に、年齢や性別だけに限らず学歴や趣味などの入力が必要です。

また、多くのユーザーに対して広告が配信されるので、潜在顧客に訴求できます。

チラシ広告

インターネットを通して配信するインターネット広告が主流ですが、環境によっては紙媒体も有効です。

ほかの媒体でも同じですが、チラシ広告は特にデザインとコピーがポイントになります。

特定のエリアに向けた配布が可能で、保存性に優れていることがチラシ広告の特徴です。

まとめ

広告作成の基礎は、媒体が何であっても基本的には変わりません

ユーザー目線で作成された広告は、いつまでも多くの消費者に愛される広告になります。

利便性だけではなく考え方や日常生活など、消費者のあらゆる場面を想像してみてみるといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説