影響力のある広告とは|印象に残る広告の共通点を解説

影響力がある広告を作るには、ユーザーの目線に立つ必要があります。

ユーザーはどんな情報に興味を持ち、どんな広告を見るのか」と常に考えれば、ユーザーにとって良い広告になるでしょう。

しかし実際は、行動を起こしてもらうように人の気持ちを考えるのは難しいものです。

この記事では、ユーザーに影響を与える広告の特徴や、広告媒体ごとのポイントを解説します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

影響力のある広告は消費行動に影響する

広告はユーザーの消費行動に影響を与える、つまり人の心を動かす必要があるものです。

人の心を動かすために複数の心理的なテクニックを使っているのが、影響力がある広告の特徴です。

広告には人の顔を入れるのが効果的

消費者に目で追ってもらうために、人の顔を入れるテクニックがあるのです。

さまざまな広告で、笑顔の女性が上を向いている写真を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

笑顔であれば安心できるうえに、良い未来をイメージできます。

そのため、笑顔の写真は頻繁に使われているのです。

希少性が高いと欲しくなる

誰でも手に入れられる商品やサービスはニーズが低くなります。

これとは反対に、手に入れるのが難しければ難しいほどニーズが高くなります

「限定」という言葉に弱い人は多いのではないでしょうか。

周囲に持っている人が少ないほど欲しくなることを「スノッブ効果」といいます。

希少性が高いと欲しくなる心理は、さまざまなシーンで働いているのです。

広告媒体によって抱かれやすい感想が変わる

MARKETING
現在はチラシ広告からインターネット広告まで、広告媒体が多様化しています。

広告であれば何でもいいわけではなく、広告媒体によって伝わるイメージが異なるので注意が必要です。

電車広告

電車広告は広告の中でも視認性が高く、多くの人の印象に残ることが特徴です。

また職場に行くために多くの人が電車通勤をしているので、広告接触率が高まります。

  • 広告接触率とは|広告の到達指標のひとつで、広告を見たか否かを段階的に表し、広告を見た人の割合をチェックするものです。
  • 視認性とは|デザイン用語のひとつで、見やすさのことです。

しかし通勤中にスマートフォンばかり見ている人が増えてきており、電車広告のあり方が変化しています。

インターネット広告と併用するなど、広告の出し方も考える必要があるのです。

SNS広告

SNS広告に関しては、「信頼性に欠ける」と感じる人がいる一方で、「面白いからシェアしたい」と考える人もいます。

しかし、動画投稿SNSのYouTubeでは、あまりにも頻繁に似た広告が流れるので、「効果があるわけないだろう」と画面を閉じてしまう人もいます。

ただし、SNS広告でマーケティングに成功した事例もあるのです。

ある百貨店では、ホワイトデーのキャンペーンとして出稿した広告によって、購入数が増加しています。

健康食品を提供する会社はInstagramFacebookへの配信により、オンラインでの売上が伸びました。

ユーザーに面白いからシェアしたいと思ってもらえれば、広く拡散する事例です。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


スマートフォンの普及でインターネット広告が伸びている

CONTENT
スマートフォンの保有率は、総務省の調査によると2019年の時点で67.6%です。

現在ではさらに伸びていることが考えられます。

インターネット広告の売上高はスマートフォンの保有率と比例して2019年から向上しています。

今後も伸びる可能性がある広告媒体なので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。
(参考:総務省|令和2年版 情報通信白書|情報通信機器の保有状況

影響力のある広告を目指すときの注意点

お伝えした通り、影響力がある広告とは、人の心を動かす広告です。

人の心を動かす媒体を扱うときには、慎重に仕事をしなければなりません。

ユーザー目線を忘れない

どのような広告を作るにしても、ユーザー目線を忘れてはなりません。

広告は人の心を動かす、つまりユーザーの心を動かすものだからです。

ユーザーの考え方が分かっていないのに、自社の商品やサービスが売れる広告は作れません。

作り手側の考え方だけ重視してしまうと、売りたい気持ちが全面に出てしまうのでユーザーに嫌われる広告になります。

広告を見て「邪魔だな」、「本当に効果があるの?」とイライラしたり不信感を抱いたりした経験がありませんか。

それなのに作り手側になった途端に、その考え方が抜け落ちてしまうのです。

炎上対策を怠らない

SNS時代が活発である現在では、炎上対策が必要不可欠です。

投稿内容が悪くなくても、場合によっては炎上するケースがあります。

たとえば過去の言動などですでに悪いイメージがついていたり、ほかの場所から飛び火したりするケースです。

炎上対策の例
  1. 投稿内容が適切かどうかを見極める
  2. ダブルチェック以上を心がける
  3. 炎上するものだと考えて対策する

投稿内容が適切かどうかを見極めることが重要です。

社内でさまざまな年代の男女にチェックしてもらうのがいいでしょう。

そうすることで炎上リスクを下げられるだけではなく、社員のコンプライアンス意識の向上が期待できます。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


マイナスプロモーションにならないようにする

マイナスプロモーションとは、宣伝すればするだけ逆効果になってしまうプロモーションのことです。

これはインターネット広告やWebサイトの運営で困っている時より、慣れてきた頃に注意すべき内容です。

例えば、定期的に更新していた店舗ブログを更新しない日が増えると、更新されていない情報がユーザーに届きます。

そうなると、更新されていない情報を見たユーザーから、閉店したと思われてしまうケースがあるのです。

まとめ

影響力がある広告を作る際の考え方や、注意点などをお伝えしました。

影響力がある広告は、拡散力があり注目もされやすいので炎上リスクもあります。

広告担当者だけできめるのではなく、さまざまな年代の男女にチェックしてもらうと炎上を避けられるようになるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事