集客の計画を立てるときの手順を解説!基本的な考え方とは

集客を獲得する為には自社で扱っている商品やサービスの宣伝が必要となり、さまざまな企業があらゆる手法で宣伝や販売促進を行っています。

しかし、ただ単に広告に出稿すれば集客が獲得できるというわけではなく、しっかりとした戦略を練らなければいけません。

そのため、今回は集客を獲得するための戦略の練り方や獲得する為の施策について解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

まずはターゲット分析が重要

集客を獲得する為の第一歩としてターゲットの分析が必要不可欠となります。

ターゲットを分析するための方法としては次のようなやり方があります。

自社の商品やサービスを理解する

ターゲットを決めるには、まず自社の商品やサービスを理解しなければいけません。

商品やサービスを理解するというのは、自社の商品を購入したりサービスを利用することでどのような消費者にメリットがあるのかという点を把握することです。

自社の商品やサービスを把握していなければ消費者に宣伝をする際に適切な手法が異なります。

そのため、集客を獲得する為には自社の商品やサービスの理解が重要となるのです。

ペルソナの設定

「ペルソナ」とは、特定の項目や条件を絞ることで架空の人物像のことを言います。

例えば、性別、年齢、住まい、年収、家族構成などの項目に当てはまる人物(ペルソナ)を想定し、その人物は「どのような商品やサービスに興味を示すのか」、「どのような宣伝方法が適切なのか」を分析することができるのです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


競合調査や他社分析をして市場を把握する

TARGET
自社の中で商品やサービスの把握、ターゲットの分析ができた後に行動すべきは他社や競合の把握です。

多くの企業が存在する現在では、さまざまな商品やサービスの供給が溢れており、いかなる業界でもかなりの競合他社が存在しており、中には同じような商品やサービスを提供している企業もあります。

しかし、消費者からの興味や関心を引くためには「他社との差別化」を図り、自社独自の強みや特徴を生み出す必要があるのです

そのため、まずは競合他社や市場では「どのような商品やサービスが溢れているのか」、「どのような宣伝方法を行っているのか」という点を把握しておくことが重要です。

【ジャンル別】集客施策を解説

壁にグラフを書く人
宣伝を実施する前に事前の分析や戦略を練った後は、どのような方法で宣伝を行うかが重要です。

IT技術の発展やインターネットの普及によって集客を獲得する為の施策はかなりの数があり、あらゆる施策を実施することでより集客が獲得しやすくなります。

それでは、集客の為の施策を解説していきます。

ホームページ

今では企業が自社独自のホームページを作ることは当たりまえとも言われているほどでもあり、多くの企業が自社のホームページから集客を獲得しています。

独自のホームページを作成することで、自社で提供している商品やサービスの紹介や実績を細かく紹介することができるだけでなく、企業自体の設立年月日や資本金、沿革などを紹介することで社会的信用を獲得することができるのです。

しかし、ホームページは基本的にGoogleやYahoo!ジャパンなどの検索エンジンで消費者が検索をした際に表示をさせなければ閲覧してもらうことができません。

そのため、SEO対策と呼ばれる、検索順位を向上させるための対策が必須となるので要注意です。

SNS広告

インターネットやスマートフォンの普及によって「Facebook」や「Instagram」、「LINE」などのSNSの利用者が増えている兼ね合いで、多くの企業がSNS上で商品やサービスの情報を拡散して集客を獲得しています。

SNSの最大のメリットは「拡散力」であり、SNSで発信された情報は日本中や世界中に拡散がされることで、不特定多数の消費者に対しても宣伝を行うことができるのです。

また、自社で管理しているSNSアカウントを消費者からフォローや登録、「いいね」などのアクションをおこしてもらうことで、リピーターに繋がりやすくなるのです。

チラシ

「ホームページ」や「SNS」などのオンラインでの集客が注目されている中で、従来の集客方法である「チラシ」による集客の獲得も可能です。

チラシでの集客は基本的に地域密着がメインであり、企業や店舗の近辺に住んでいる消費者に対して集中的に宣伝を行うことができるのです。

チラシを活用する際の注意点としては、見られずに捨てられてしまう可能性もあるという点です。

インターネットの普及によってオンラインの広告が主流になりつつある中で、チラシを見ない消費者が増えており、地域にチラシを配布しても見られずに捨てられてしまうというケースも少なくないのです。

口コミマーケティング

消費者からの口コミを生かして商品やサービスの良さを広めたり社会的信用を獲得する「口コミマーケティング」ですが、口コミの最大のメリットは消費者のリアルな声という点です。

口コミは実際に商品の購入やサービスを受けた消費者が自身の体験を発信することで、他の消費者に対して信頼性のある情報となるのです。

しかし、口コミマーケティングの注意点として、消費者に無理やり口コミを書かせたり、「サクラ」などのステルスマーケティングは信頼を失う可能性が高いため絶対にNGという点です。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、Googleが提供しているサービスのことであり、Googleのマップ上に企業や店舗の情報を登録して消費者がGoogleやGoogleマップで特定のキーワードを検索した際に表示されるようになります。

主な登録情報は住所、電話番号、保有しているWEBサイト、営業時間、事業内容、口コミ、写真などがあります。

Googleマイビジネスに登録することで、企業や店舗の情報だけでなく、道のりを調べることができたり、消費者が口コミを書けるようになるというメリットがあります。

費用をかけることなく登録や活用が可能なため、飲食店や美容院などの実店舗を構えている事業では特に実施することをおすすめします。

看板

従来の看板では駅構内や車道の大通り沿いに設置する静止画の看板が多くありましたが、IT技術や映像技術の発展により、電光看板デジタルサイネージ”と言われる電子型の看板が多く導入されています。

そのため、従来の看板では夜などの暗いシーンでは消費者の目に止まりにくいという欠点がありましたが、夜でも目立つように設置ができ、閲覧がされやすくなっているのです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


自社に合った集客施策の選び方

集客の施策はさまざまあり、今回ご紹介した施策以外にも数多くの手法があります。

複数の施策を組み合わせることでより効果的になるケースもありますが、最も重要なのは自社のターゲットに合った施策を選ぶべきという点です。

いかに良い商品やサービスを扱っていてもターゲットに対して適切な宣伝方法を実施しなければ商品の購入やサービスの成約に繋げることは困難です。

例えば、高齢者向けのサービスを提供している企業が、高齢者の方があまり利用をしないSNSで宣伝を行っても閲覧される割合は少なくなってしまいます。

そのため、いかに現在ではSNSでの宣伝が注目されていても、高齢者の方が見やすい「チラシ」や「看板」で宣伝を行うべきなのです。

まとめ

集客の手法はそれぞれの企業で扱っている商品やサービス、ターゲットによって異なるため、まずは自社とターゲットの理解が必要不可欠です。

また、集客に関してはただ単に多くの広告に掲載をしたり費用を多く出せば効果を出せるというわけではないので、しっかりとした根拠や戦略を立てることが重要となると言えます。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説