集客力を上げる方法を解説!具体的な対策とは

集客力が低くなる原因には、さまざまなものがあります。

考えられる原因として、コンテンツにターゲットを集客できないのは、顧客のニーズを理解していないからかもしれません

マーケティングでは数字ばかりに目が行ってしまうため、具体的な考え方が分からない人も多いと思います。

今回は集客アップに繋がる考え方や、具体的な施策を解説しました。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

集客力が低くなる原因

集客力が低くなる原因はおもに2つです。

それぞれ詳しく解説します。

集客施策とターゲットが合っていない

集客力が低くなる原因のひとつに、集客施策とターゲットが合っていないケースが考えられます。

ターゲットを絞ってニーズを調査するのは、集客において重要なステップのひとつです。

しかし、ニーズ調査を怠ってしまったり、誤った調査をしてしまうと、ターゲットからズレた集客施策をしてしまうことになるでしょう。

自社のターゲットからズレてしまった結果、ニーズと合っていない広告を作成してしまい、集客に失敗する場合があります。

集客施策をアップデートしていない

集客施策をアップデートしていないことが、集客力が低くなる原因かもしれません。

例えば、ホームページで集客する場合、SEO対策が必要なためGoogleアルゴリズムの分析や調査が必要です。

Googleアルゴリズムは頻繁にアップデートされるため、ホームページなどのインターネット上のコンテンツを運営している人は、アップデートに注目しておくことで効果的な施策ができます。

アップデートが大切なのは、オンラインだけに限りません。

紙媒体で広告を作る際にも、常に分析をして集客施策をアップデートするのが集客施策が成功するポイントです。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


集客力が低いとどのような問題があるのか

下がるグラフ
集客力が低ければ、売上アップを妨げるさまざまな問題が出てきてしまいます。

売上が伸びない

集客力が高いとはつまり、客数が多いということです。

一般的に消費者から支持されているほど、客数が多くなります。

総務省統計局が発表している「人口推計」という資料に、日本の人口が減少している現状が分かります。

また、「増減率」は2012年から2020年まで減り続けているだけではなく、その減り方が少しずつ増えているのです。

つまり、人口の減少が加速しているため正確な集客施策をしなければ顧客は減っていく一方になってしまいます。
(参考:総務省|人口累計

消費者から認知されない

集客力が低いと、消費者から認知されなくなるでしょう。

2022年はSNSが普及しているため、インフルエンサーや大きなメディアなどに認知されると瞬く間に拡散される場合があります。

しかしインフルエンサーやメディアなどの目に留まるには、既にある程度消費者から認知されていなければ難しいはずです。

集客力を上げるための考え方

3つのステップ
集客力を上げるための考え方を身につければ、売上アップの近道になるかもしれません。

成功の定義を決めておく

集客力を上げるためには、成功の定義を決めておくといいでしょう。

成功の定義を決めておくと、「この集客施策でなければならない」の理由が明確になると思います。

たとえば集客する理由が「たくさん商品を売りたい」だとします。

商品を売るにしても以下の手法が考えられますし、それぞれ知識が異なります。

たくさん商品を売る際に考えられる手法の例
  • 通販サイトから商品を購入してほしい(通販の知識やECマーケティングなど)
  • ホームページを通じて店舗の存在を広めたい(SNSと連動させるなど)
  • 他社や個人のブログに広告を掲載して商品を広めたい(アフィリエイトの知識など)

集客成功の定義をはっきりと決めておけば、自社の環境に合った手法を選択できるうえ、目標に向かって進めるでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


集客力を上げる具体的な施策

ここではオンラインとオフラインで、集客アップに繋がる施策の一部を紹介します。

SNS広告を活用する

SNS広告は、TwitterやInstagramなどのSNSをプラットフォームにした広告です。

ユーザーの嗜好や趣味に合わせて広告表示のターゲットを絞れるため、ターゲットユーザーにピンポイントで配信ができます。

そのため、ホームページやブログなどほかのコンテンツを活用しているときでも、Twitterを連動させるのがいいでしょう。

TwitterなどのSNSは、制作コストがかからないのも特徴です。

ダイレクトメール

法人や個人宛に直接送る広告をダイレクトメールといい、届けたいターゲットに直接届けられるメリットがあります。

商品やサービスの認知に繋がりやすいです。

ダイレクトメールの開封率を上げるには、最初の挨拶でターゲットの心を掴むのがポイントです。

文章でも動画コンテンツでもユーザーに見てもらうには最初が大切ですが、それはオフラインでも変わりません。

デジタル化している現在において、手書きの文章はより読み手の心に響くでしょう。

まとめ

集客力が上がらない原因はひとつではないため、自社の状況を調査してから集客施策に取りかかることが大切です。

集客力が下がると、そのまま放置していると集客数が増えず売上のアップに繋がらない可能性があります。

課題を調査して、集客施策のアップデートや考え方など、自社に足りない部分を見つけるといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説