マーケティングのカオスマップをチェック!業界の動向を知ろう

マーケティングを行う際には「カオスマップ」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

さまざまな業界やカテゴリーで区分され、市場や業界ではどのような企業が、どのような商品やサービスを扱っているのかを把握することが出来ます。

そのため、カオスマップはマーケティングの際に活用されることが多く、経営戦略を練る際にも活用がされるのです。

今回はそんなカオスマップについて、メリットや注意点を踏まえて、どのような活用をするべきなのか解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

カオスマップとは「業界地図」のこと

そもそもカオスマップとは特定の業界の企業やプロダクト、カテゴリーや関係性表した業界地図のことです。

デジタル広告やデジタルマーケティングなどの際に活用されることが多くあります。

カオスマップの根源

カオスマップの根源は2010年にアメリカのTerence Kawaja氏がディスプレイ広告業界をまとめた「LUMAspace」が世界中に広まり、それを日本では「カオスマップ」として広まっていったのです。

実際にどのようなカオスマップがあるのか

カオスマップはさまざまな業界やカテゴリーに分けられており、多くのカオスマップが作成されています。

それでは、実際にどのようなカオスマップが作成されているのかご紹介していきます。

チャットbotカオスマップ最新版

その名の通り、チャットボット関連サービスをまとめたカオスマップであり、AI関連のニュースや情報を発信している「AI Smiley」が提供しているカオスマップです。

チャットボットとは人工知能を活用した「自動的に会話を行うプログラム」のことです。

AI技術の発展により自動会話機能を取り入れることで、ユーザーからの問い合わせに自動対応を実現し、「業務効率向上」や「収益アップ」、「顧客満足度向上」を図ろうとする企業が増えているのです。

Agritechカオスマップ

最新のIT農業のサービスをまとめたカオスマップとなります。

農家の高齢化問題の解決の為に、ロボット技術やIT技術を活用して農作業の負担を軽減するサービスなどを紹介しています。

国内キャッシュレス決済カオスマップ

国内で使用できるキャッシュレス決済サービスについてまとめているカオスマップとなっています。

2022年となった現在では、「Pay Pay」や「LINE Pay」などといったキャッシュレス決済サービスが多く導入されており、さまざまなキャッシュレス決済サービスについてまとめています。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


カオスマップの特徴とメリット

MERIT
マーケティングを行う際にカオスマップを利用することによってさまざまなメリットを得ることができます。

それでは、カオスマップを活用することの代表的なメリットについてご紹介していきます。

業界の動向が把握しやすい

カオスマップを活用することの最大のメリットとしては、業界や市場を把握しやすいという点です。

マーケティングや企業経営を行う上で業界や市場を把握するということは非常に重要な事であり、カオスマップで全体の動向を把握することで自社が提供する商品やサービスの戦略を練りやすくなるのです。

カオスマップを活用した企業戦略は次のようなことが可能となります。

市場や他社の商品・サービスを把握できる

市場や他社について把握することで、現在その業界、分野にはどのような商品やサービスが溢れているのかを把握することができます。

ユーザーのニーズに応えたり問題を解決するにはどのような商品やサービスを提供するべきかを分析することが出来るのです。

他社との差別化を図る

2022年となった現在では、多くの企業によってさまざまな商品やサービスの開発や提供が進んでいます。

あらゆる分野での競争率が激しくなっている影響で、提供する商品やサービスが他社と似たり寄ったりになりやすくなっています。

そのため、自社の商品やサービスに対してユーザーからの興味や関心を引くには独自の強みが必要となります

その際にカオスマップで業界や市場、他社の状況を把握し、自社が提供する商品やサービスを他社と差別化を図ることで独自の強みを生かすことが出来ます。

営業活動にも使える

カオスマップのように市場や業界の情報を掲載しているデータがあれば、顧客への営業活動時に自社と他社の違いや業界全体の動向をわかりやすく証明することができます。

そのため、商談などの提案資料としてカオスマップを活用されることも多くあるのです。

カオスマップ活用時の注意点


カオスマップを活用するメリットはいくつかあるのに対して、同時に活用時の注意点もいくつかあります。

その代表例を解説していきます。

新規参入事業が掲載されていないこともある

カオスマップは業界やカテゴリーごとに最新型にバージョンアップされますが、時期によっては直近で新規参入した企業や事業が掲載されていないケースもあります。

カオスマップには掲載されていない情報を把握できずに見落としてしまうという可能性もあり得るのです。

そのため、常に最新の情報を把握し続けるには、自身で市場調査や競合他社の調査が必要となるのです。

見方や意味を理解する必要がある

カオスマップは基本的に市場や事業を見やすくまとめていますが、見方や使い方を正しく理解できなければ誤った情報で認知してしまい、経営戦略を練る際に支障が出てしまいます。

そのため、カオスマップに関する知識も必要になるのです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


新規事業やスタートアップに自社でカオスマップ作成がおすすめ

カオスマップを作成して公表している企業は多くありますが、他社でまとめているカオスマップを見るよりも自社で作った方が市場や業界に関する知識や理解が深まります。

新規事業やスタートアップの際には自社でカオスマップを作成することで、業界や競合他社を把握でき、他社との差別化を図れたり自社独自の強みを見つけることもできるのです。

しかし、ただ単にカオスマップを作成すればいいというわけではなく、どのような目的でカオスマップを作成するのか業界や他社のどのようなポイントをカオスマップにまとめるのかのように、明確な目的を定めた上で作成しなければ、カオスマップを生かして効果的な経営戦略を練ることはできません。

そのため、まずは自社で提供している商品やサービスはどのような顧客をターゲットにしていくかを定めた上で、自社の方針を見直す必要もあるのです。

まとめ

ここまでで解説したように、市場や業界、カテゴリー別に分ける「カオスマップ」をいくつかの注意点に気を付けた上で活用すれば、企業経営やマーケティングの際にさまざまなメリットを生み出すことができます。

また、マーケティングを行う際には業界全体や他社の商品・サービスを把握した上で差別化を図ることが重要であり、的確な戦略を練らなければ商品の購入やサービスの成約に繋げることは難しくなってしまいます。

そのため、カオスマップを適切に活用することで、より効果的なマーケティングを実施することができるのです

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説