自動で集客できるシステムとは?メリットと注意点を解説

企業が集客を行う際には、担当者を設けて試行錯誤を繰り返して集客を獲得しようとするケースが多いです。しかし、2022年となった現在では「集客の自動化」が注目を浴びており、わざわざ担当者を付けて貴重な人件費を回す必要が無くなりつつあります。その企業も「自動的に集客が獲得できるに越したことはない」と思うのが本音のところでしょう。今回は、より効率良く集客を獲得したいという企業に向けて、自動集客システムの重要性をはじめ、自動化するメリットや注意点を踏まえたうえで、実際にはどのような集客の自動化がされているのかも解説していきます。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

自動集客システムが今注目されている理由

パソコンを操作する人

まずはじめに、自動集客システムの導入が注目されている理由について解説していきます。

理由①:集客施策が多様化されている

IT技術の発展やインターネットの普及に伴って、現在では企業が集客を行う際にはさまざまな手法が取り入れられています。集客の手法が多いというのはあらゆる分野に対応ができるというメリットがありますが、手法が多すぎてどの手法が適切なのかわからない「そんなに多くの手法を使いこなせない」という方も少なくないでしょう。その点、自動集客システムを活用することで、特定の集客手法に絞ることができるのです。

理由②:集客のコストを削減できる

企業が集客を獲得しようとする際には自社の中で集客に関する知識や経験がある方を担当者に付けたり、時には外注に依頼をすることがあります。担当者や外注に依頼をすることで集客を獲得しやすくなりますが、その分“人件費”“依頼費”が発生してしまいます。人件費では社員1人分として最低でも20万や30万ほどかかり、外注への依頼費ではそれ以上の金額がかかってしまうことがあります。その点、集客自動システムを導入することで、人件費やコストを削減することができるのです。

自動集客システムの具体例

自動集客システムの必要性について解説したところで、実際にどのような集客方法があるのかについて解説していきます。

SNS集客

2022年となった現在では“Facebook”や“Instagram”、“LINE”、“YouTube”、“Tik Tok”などさまざまなSNSが使用されており、多くの消費者が活用しています。SNSの最大のメリットは拡散力の高さと言えます。従来の主な集客方法であった“チラシ”や“看板”では、特定の地域の消費者にしか宣伝を行うことができませんでしたが、SNSでは宣伝できる範囲に限りが無く、幅広い消費者に対して宣伝を行うことができるのです。

検索エンジンからの集客

検索エンジンとは、“Google”や“Yahoo!JAPAN”といった検索サイトのことであり、ホームページやブログなど自社で運営しているWebサイトを検索にヒットさせて宣伝を行う方法です。検索エンジンからの集客を獲得するにはSEOと呼ばれる検索順位の対策を取ることが必要ですが、自社のWebサイトが検索にヒットするように対策を取っておけば、消費者が特定のキーワードで検索した際に自社のWebサイトを閲覧してもらい集客につなげることができるのです。

Web広告からの集客

従来の“チラシ”や“看板”などの広告に対して、インターネットの普及によってWeb上に掲載する広告の需要が高まっています。多くの消費者が知りたい情報をインターネットで調べるため、Web広告を掲載しておくことで興味や関心が強い見込み客に対して宣伝を行うことができるのです。

完全に集客施策を自動化するツールもある

従来では担当者の方を設けて集客を実施していましたが、2022年となった現在では集客施策を完全に自動化をすることができるツールがあるのでいくつか代表的なものをご紹介していきます。

SNSの自動フォロー

SNSを活用して集客を獲得する際には拡散力の高さを活かして多くの消費者にアプローチをすることが重要です。そのため、企業側から消費者をフォローすることで消費者が自社のアカウントに訪問したり、フォローを返してくれるなどにより商品やサービスに関する認知をしてもらうきっかけを作ることができます。しかし、むやみやたらにフォローをすれば良いという訳ではなく、自社の商品やサービスに興味・関心を持ってそうな消費者のフォローが必要です。その点、AIを取り入れて自社の商品やサービスに興味がありそうな消費者を特定してからフォローをすることで、より効果的なSNS集客を実現することができるのです。

DM送信

DMとは、ダイレクトメールのことであり、企業側から消費者に対して直接メッセージを送ることでアプローチをかけます。DM送信はSNSでも多く活用されており、フォローと同様にAIによって自社の商品やサービスに興味や関心を持っていそうな消費者を特定し、企業側からアプローチをかけることで、自社に関する情報を認識してもらいやすくなるのです。

お問い合わせフォーム送信

企業として事業を行っている際には消費者からのお問い合わせが頻繁に来ることがあります。その内容は「商品やサービスに関する質問」や「資料請求」「その他の質問」など消費者によって異なり、1つ1つのお問い合わせに対して手動入力で返信をしていてはかなりの時間がかかってしまいます。その際にお問い合わせフォーム送信を自動化して、ある程度同じような質問に対しての返答を固定化しておくことで業務効率が格段に上がるのです。

集客システムを自動化するメリットと注意点

集客のシステムを自動化することでさまざまなメリットを得ることができますが、それに対してのいくつかの注意点もありますのでそれぞれ解説していきます。

メリット

集客システムの自動化によって得られる代表的なメリットは大きく分けると「コスト面」と「業務効率」の2つありますので、それぞれ簡単に解説していきます。

 

【コスト削減】

集客システムを自動化することでシステム導入の為の費用がかかってしまうとはいえ、担当者や外注に依頼するよりもコストを安く済ませることができ、トータルでいえばコストの削減を行うことができます。

 

【業務効率の向上】

業務効率の向上は集客システムを自動化することの最大のメリットといえるでしょう。本来の集客では自社内や外注に依頼して担当者を設ける際に何度も打ち合わせを行ったり、実際の業務にかなりの時間が取られてしまいます。しかし、自動化をすることで人が手を加えずとも効果的な集客業務を進めることができるのです。

注意点

集客システムの自動化する注意点としては100%正確に実行できるわけではないという点です。例えばSNSでのフォローやDM送信の際には、そこまで興味や関心がない消費者に対してもフォローをしてしまったり、“営業お断り”と書かれている消費者に対してもDMを送信してしまうというケースもあるのです。そのため、自動化するだけでなく、その後の結果に対しての分析と改善が必要不可欠となります。

まとめ

今回は集客を自動化するシステムについて解説をしてきましたが、ここまでで記述したように集客を自動化することでいくつかのメリットを得ることができ、企業に対して大きな影響を与えることができます。しかし、集客を自動化する為にはしっかりとした仕組みづくりが必要であり、その為の分析や戦略を練る必要があるので注意が必要です。