アプリのマーケティング手法を解説!基本的な考え方とおすすめの戦略

スマートフォンの普及に伴って、アプリの開発に参入する企業が増加しています。

とはいえアプリマーケティングを始めるには、何をすればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか

この記事ではアプリマーケティングで最初に実施するペルソナ設定や、チェックすべき指標を紹介しています。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

スマートフォンの普及によりアプリマーケティングが必要に


スマートフォンが普及しているため、アプリマーケティングが重要になってきました。

アプリマーケティングとは、名前の通りアプリを使ってユーザーとかかわるマーケティング手法です。

総務省のデータよると、個人におけるモバイル機器の保有率は2019年の時点で67.6%を記録しています。

これは2019年の情報なので、2022年の現在では増加していると考えられるのです。
(参考:総務省| 情報通信機器の保有状況
アプリマーケティングには、EメールやSNSを使ったマーケティングと大きく異なる点があります。

それはマーケティングの対象者が、アプリを日常的に使用しているアクティブユーザーだということです。

アプリマーケティング成功のポイントはターゲット設定


アプリマーケティングにおいても、ターゲットやペルソナの設定は有効な手法です。

たとえば「Google Play」を使って育成ゲームのカテゴリーを検索してみます。

すると犬やうさぎなどのポピュラーなペットだけではなく、クラゲやシャチ、カワウソなどのゲームがあることが分かります。

アプリのニーズがこれだけ多様化しているうえ、これらのゲームは各企業が「ニーズがある」と読んだ内容なのです。

\インターネット広告に関する資料はこちら/

ターゲットやペルソナ設定はなぜ必要か

ターゲットやペルソナをしっかりと設定していると、マーケティング施策や社内での認識のズレを防ぎ目的に向かって進めます

マーケティング施策でターゲットやペルソナが設定できていなければ、担当者ごとに想像するユーザー層が変わってしまうのです。

それぞれが違う目標を想定していることと同じなので、予想外のトラブル不必要な作業が発生します。

あいまいなイメージで進めてしまうと情報がまとまらずに、ユーザーに伝わりません。

しっかりとペルソナ設定ができている場合、自然とニーズが把握できるようになるので、アプリの完成度が高まります。

ターゲットやペルソナ設定の進め方

ターゲット設定は、たとえば「関西に住む30代後半の女性」のように、マーケティングの対象者を属性で決めるものです。

対してペルソナ設定は、家族構成や趣味嗜好、職業や普段の悩みまで決めたひとりの人物をイメージします。

アプリ以外の商品やサービスを持っている場合は既にペルソナ設定があると思うので、そちらを活用しても問題ございません。

とはいえ今あるペルソナ設定をアプリに変換したときに、必ずしもそのまま利用できるとは限らないので、改めて見直して考えるといいでしょう。

社内でシェアする際は図や表を利用する

ターゲットやペルソナの設定が完了したら、社内でシェアすることを忘れてはなりません。

しっかりと設定できていてもアウトプットがおろそかでは、ペルソナ設定を活かせないからです。

設定したターゲットやペルソナを社内でシェアする際には、図や表を利用するとたくさんの人に伝わりやすくなります。

まるで実在する人間のプロフィールを書くように表にまとめれば、ペルソナ設定が伝わりやすくなります。

アプリマーケティングでチェックする指標

上昇するグラフ
アプリのマーケティングには、とくにチェックするべき数値があります。

ダウンロード数

アプリを運用するうえで、「どれだけのユーザーにダウンロードしてもらえたか」はとても重要な数値となります。

アプリのダウンロード数とは、「Googleストア」や「App Store」などから自社のアプリがダウンロードされた数です。

App Storeではアプリのダウンロード数を直接チェックできないので、「iTunes Connect」などのツールを使ってチェックします。


▶集客・売上に特化した資料DLサイトはこちら◀


満足度評価

アプリの満足度調査を成功させるには、「調査で得た内容をどのように活かすのか」を決めておきましょう。

顧客がどれだけ満足したかを数値化した指標を「顧客満足度」といいます。

満足度の調査でよく使用されるのは、「サービスを友人に勧めたいかどうか」を段階的に評価してもらう方法です。

または以下のように、段階的に満足度を調査します。

満足度調査のもうひとつの事例

  1. 非常に満足
  2. 少し満足
  3. どちらとも言えない
  4. やや不満
  5. 非常に不満

運営会社が自社でアプリの満足度を調査する場合は、ほかのアプリとの比較が困難なので評価しにくいのが課題です。

そのため満足度が低いユーザーに理由を尋ねたり、ユーザーの区分ごとに比較したりしてアプリの改善に繋げましょう。

アクティブ率

アプリでは、「ダウンロードはされたもののまったく利用されていない」状況があり得ます。

この状態を防ぐためにもアクティブ率の調査が欠かせません。

アクティブ率を調査するための指標には、以下の3種類があります。

アクティブ率の種類と使用例

  • 月間アクティブユーザー数・・・実店舗と連動しているアプリでよく使用される
  • 週間アクティブユーザー数・・・動画配信アプリなどがよく使用している
  • 1日間のアクティブユーザー数・・・ビジネスチャットアプリなどが使用している

アプリのアクティブ率を上げるためには、ユーザーのニーズを満たした特典やキャンペーンを実施します。

ユーザーに適した特典や使い方のアピールが施策成功のポイント

ターゲットやペルソナの設定を経て、マーケティングの対象となるユーザーが想定できていると思います。

マーケティングの対象となるユーザーに合わせて特典をつけることが、マーケティング施策成功のポイントです。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


販促効果を狙った特典の事例

ある航空会社は、該当のアプリをダウンロードすれば抽選で航空券が当たるキャンペーンを実施しました。

抽選者は、アプリ内に設置したバナーから応募登録してくれた人の中より選ばれます。

アプリのダウンロードを迷っていた人だけではなく、ダウンロードしたものの活用していなかったユーザーにもアプローチした事例です。

このキャンペーンは抽選の賞品が豪華だったので、たくさんのユーザーの目に留まりました。

アプリの新しい使い方をアピールした事例

ある飲料会社では、街中で対象商品のロゴを探してくれた人の中から抽選で当たるキャンペーンを実施しました。

このキャンペーンは街中で対象商品のロゴを見つけたら、専用のカメラアプリで読み取って応募する仕組みです。

商品を購入した人以外も楽しみながら参加できることがポイントになっています。

さらにSNSなどでキャンペーンの情報を拡散してくれた人には、当選率が上がる特典付きです。

アプリの新しい使い方を上手に拡散しています。

まとめ

アプリマーケティングの基本的な考え方を覚えることが大切です。

マーケティングで最初に実施するのは、ペルソナの設定です。

どのようなユーザーに向けたアプリを作成するか」が決まれば、目標が定まるだけではなくニーズが把握できます。

ユーザーのニーズが把握できれば、ダウンロード数やアクティブ率が高いアプリが作成できるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説