広告は言葉も重要!印象に残る広告のポイント

広告の制作ではデザインにばかり注力する人もいますが、使用する言葉も注目したいポイントです。

とはいえ、キャッチコピーの作り方が分からずに困っている人も多いでしょう。

自社のターゲットに興味を持ってもらうためには、相手のことを分析した後、自分事として考えながら制作します

この記事では、ターゲットに刺さるキャッチコピー作りの基礎を紹介します。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

広告は「デザイン」と「言葉」で構成されている

広告は主にデザインキャッチコピーで作られています。

それはつまり、決められた広告枠の中でターゲットに伝わるデザインとキャッチコピーを作る必要があるということです。

広告を見たときに商品やサービスに興味を持ってもらわなければ、スルーされてしまいCVやクリック率が上がりません

  • CVとは・・・ホームページなどで獲得できる成果を指します。コンバージョンの略で、本来は「変換」や「転換」という意味です。
  • クリック率とは・・・CTR(Click Through Rate)の略で、広告などがユーザーに表示された回数のうち、クリックされた回数を計算します。

CVやクリック率を上げるために、広告の作り手側は、ターゲットの気持ちや考え方を分析するのです。

広告の制作は大変な作業ではありますが、後に説明するターゲットの分析をしっかりすれば、相手の心を動かす広告になるでしょう。

ターゲットに刺さる言葉選びのコツ

木の看板
ターゲットに刺さる言葉を選ぶために、相手の考え方を知りましょう。

ターゲットの分析

自社が狙う市場やユーザーをターゲティングすることを、ターゲット分析といいます。

広告のキャッチコピーにかかわらずマーケティング全般で共通していますが、「どこに向けて発信するか」を最初に決めるのです。

ターゲティングでは、フレームワークのひとつである「6R」がよく使用されています。

6Rの詳細
  1. 市場規模(Realistic scale)
  2. 成長性(Rate of Growth)
  3. 顧客の優位性(Rank)
  4. 到達可能性(Reach)
  5. 競合状況(Rival)
  6. 反応の測定可能性(Response)

とくに重要な、市場規模、顧客の優位性、到達可能性について詳しく解説します。

市場規模

選択する市場規模は、大きすぎても小さすぎても注意点があります。

市場規模が大きければライバルが多いですが、小さすぎれば目標にしている利益を得られません。

目標にしている利益を出すためには、自社に合った市場規模の選択が必要不可欠です

その場限りではなく長期的に利益を得るのであれば、成長性も見逃せません。

市場規模が小さくても、できたばかりなら成長が見込める場合があります。

顧客の優位性

顧客の優位性では、「注目を集めやすく拡散される市場であるか否か」をチェックします。

メディアやインフルエンサーが注目している市場で適切なマーケティングを実施すると、効果を発揮するでしょう。

インフルエンサーとは
世の中に大きな影響を与える人物です。語源になった言葉は「influence」で、影響や勢力の意味があります。

なぜならメディアやインフルエンサーは既に多くの人に注目されており、彼らによって情報がすぐに拡散されるからです。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


到達可能性

到達可能性では、ターゲット層に商品やサービスを届けられるか否かをチェックします。

たとえ優れたマーケティングを実施しても、狙うターゲットに届けられなくては意味がなくなってしまいます。

市場に参入するのは、各媒体を調査して、ターゲットに届けられるかどうかをチェックしてからです。

以下では、ターゲットに到達する媒体の例を紹介します。

ターゲットに到達する媒体の例
  • SNS
  • ホームページ
  • チラシ
  • 動画広告

マーケティングを実施しても反応を測定できなければ、次に活かせません。

施策を次に活かせないとは、つまり企業が成長しなくなる可能性があるということです。

企業が成長を続けるためにも、「ターゲティングした市場で反応の測定が可能かどうか」をチェックするといいでしょう。

自分事として考える

ターゲットに刺さる広告を作るには、自分事として考えることがポイントになります。

自分事とは言葉の通り、自分自身のことだと思って広告を制作するのです

例えば、「ダイエットしなければ」と心のどこかで思っていてもなかなか実行できない例では、自分事だと考えられていません。

このような人の中には、医者から注意を受けて目を覚ます人もいれば、生活を改善できない人もいます。

広告のキャッチコピーや登場人物をまるで自分のように感じてもらうのが、広告における自分事化です。

これらの作業をする際に「自分事」の視点で実施すれば、ユーザーに刺さる広告になるでしょう。

上手いことを言おうとしすぎないように注意

コーション
広告を制作するときは、目的を見失わないようにしましょう。

たとえばターゲットの心を動かしてCVに繋げるのが、本来の目的だったとします。

広告の作り手側は、「もっと良い言い回しを考えなければ」と考えるのが目的になってしまう思うかもしれません。

しかしそれが目的になってしまうと、最初のインパクトだけで印象に残りにくい可能性があります。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


言葉選びが秀逸な広告の紹介

ここでは、言葉選びが上手なキャッチコピーを紹介します。

飲食業界編

飲食業界から最初に紹介するのは、カルビーかっぱえびせんの「やめられないとまらない」です。

お菓子を食べる手が止まらない消費者の気持ちを15文字以内に収めて、リズム感を出しています。

そのうえ「やめられないとまらない美味しさ」をも表現できている、言葉選びが上手なキャッチコピーです。

つづいて紹介するのは、ロッテの「お口の恋人」というキャッチコピーです。

可愛らしい雰囲気だけではなく、まるで恋人のようにロッテのお菓子がいつもそばにいる状況を表しています。

交通機関編

阪神電車の「たいせつがギュッと。阪神電車」は秀逸なキャッチコピーです。

公共交通機関なので固い表現を選ぶかと思えば、利用者を守るイメージを柔らかさで表現しています。

公共交通機関では、東日本旅客鉄道の「JR SKISKI」キャンペーンで使用される広告も、上手な表現をしているキャッチコピーです。

「ぜんぶ雪のせいだ。」というキャッチコピーは、今でも多くの人に愛されています。

また「冬が胸にきた。」や「じぶんの雪を見つけよう。」など、オリジナリティが高いキャッチコピーが多く制作されています。

まとめ

目を惹くデザインだけではなく、ターゲットの心に残る言葉選びをすれば、消費者に愛される広告になるのです。

自社のターゲットを分析して、「どのような言葉が響くのか」を考えます。

その際は、他人事ではなく自分事として考えるとターゲットに刺さる言葉が出てくるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事