「すごい」と思われる広告の作り方!注意点も解説

オンラインにせよオフラインにせよ、広告を出稿するには費用がかかるものです。同じ費用をかけるのであれば、受け手に「すごい」と思われる広告にしたいと考える方も、多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では「すごい」と思われる広告の作り方について詳しく解説しています。併せて注意点についても記載しているので、ぜひ参考になさってください。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

ユーザーに広告が「すごい」と思ってもらうメリット

メリットとペン

ユーザーに広告が「すごい」と思ってもらうメリットは、大きく3つあるといっていいでしょう。それは次の通りです。

 

  • 広告が印象に残りやすい
  • 広告の拡散力がある
  • 広告が商品の購買につながる

 

それぞれ解説していきましょう。

広告が印象に残りやすい

人が「すごい」と感じた際には、広告に限らず強い印象が残るものです。そして折りに触れ、そのことを思い出すでしょう。つまりその広告が記憶に残るわけです。

 

そしてその広告の商品やサービスも同時に記憶に残ります。これは商品やサービスの認知度を上げることに繋がるでしょう。広告を出稿する目的のスタート地点は、まさに認知度を上げることにあります。

広告の拡散力がある

人は「すごい」と感じた時には、誰かに伝えたくなるものです。一昔前ならせいぜい口コミが良いところでしたが、現在ではSNSというツールがあります。特にTwitterやInstagramには強力な拡散力があります。

 

「この広告はすごいな」と感じた人は、強制されなくてもTwitterでツイートし、Instagramに画像をアップするでしょう。そうなれば瞬く間に拡散するのは間違いありません。

広告が商品やサービスの購買に繋がる

広告が印象に残りSNSなどで拡散されれば、その商品やサービスの購買に繋がることになります。広告を出稿する目的のスタート地点は、その商品やサービスの認知度を上げることですが、ゴール地点は実際に購買してもらうことです。

 

実売に結びつかなければ、そのキャンペーンは成功したとはいえません。そのためにもユーザーに、「すごい」と思わせることが、重要なポイントになります。

「すごい」広告の特徴

スマホを持ってワンポイント

「すごい」広告の特徴には大きく4つの共通点があります。それは次の通りです。

 

  • キャッチコピーが斬新
  • デザインが秀逸
  • 音楽が印象に残る
  • 広告賞を受賞する

 

それぞれ解説していきましょう。

キャッチコピーが斬新

オンラインにせよオフラインにせよ、広告にはキャッチコピーが付きものです。「すごい」と思わせる広告は、キャッチコピーが斬新で記憶に残ります。

 

例えば1998年に発売された日産自動車のセフィーロには、「くうねるあそぶ。」というキャッチコピーが使われました。このコピーは、コピーライターの糸井重里の手によるものですが、斬新だったため当時大きな話題となりました。

 

キャッチコピーがいかに重要であるかの証左といえるでしょう。

デザインが秀逸

CMやネット広告で流れる動画であれ、チラシや新聞広告のような印刷物であれ、「すごい」と思わせる広告はデザインが優れています。画像や動画など視覚から得られる情報は、ほかの情報よりも遥かに量が多いものです。

 

ですから人目を引くデザインはとても重要です。ただし人目を引きたいあまり、奇をてらったデザインではいけません。グラフィックデザインは奥が深いといえます。

音楽が印象に残る

特にテレビCMの場合には音楽が重要な脇役となります。「すごい」と思わせる広告は、CMで使われていた音楽が印象に残ります。CM音楽はオリジナルを作曲するケースと、すでに存在する楽曲を使うケースの2通りがありますが、そのどちらのケースでも印象に残ることが大切です。

 

時にはCMで火が付きヒット曲になるケースもあります。

広告賞を受賞する

「すごい」と思わせる広告は国内外を問わず、何らかの広告賞を受賞しているものです。最初からある広告賞を狙って、広告制作を行うケースもあります。

 

しかし広告賞というものは、結果にすぎないと考えた方がいいでしょう。広告賞狙いで広告制作を行うのは、本末転倒といえるかもしれません。

広告を作成するときの注意点

実際に広告を制作するにあたっては、いくつか注意点があります。それは次の通りです。

 

  • 広告の目的を明確にする
  • 炎上するリスクもあることを理解する
  • 広告が独り歩きをしないようにする
  • 法令を遵守する

 

それぞれ解説していきましょう。

広告の目的を明確にする

まずは広告の目的を明確にする必要があります。例えば会社を知ってもらうための「企業広告」と、商品やサービスを売り込む「商品広告」では、目的が全く異なるので制作される広告の内容も違います。

 

目的により制作方法も変わる可能性もあるので、最初に明確にしておかなければなりません。

炎上するリスクもあることを理解する

「すごい」と思わせる広告にありがちなケースとしては、インパクトがあるだけにアンチが増えて炎上するといったパターンです。インフルエンサーがいい例ですが、注目を集めるぶん快く思わない人も数多く出現します。

 

プラスがあればマイナスもあるということですが、目立つ以上は仕方のないリスクだと思ってください。

広告が独り歩きをしないようにする

インパクトがある広告では時に広告が独り歩きをしてしまい、肝心の商品やサービスの認知度が上がらないというケースがあります。1984年にオンエアされた三菱自動車のミラージュのCMには、エリマキトカゲという一風変わったトカゲが起用されました。

 

このトカゲには大きなエリマキがあり、走る時には立ち上がって後ろ足だけで走るという、変わった習性がありました。このエリマキトカゲのユーモラスな姿は大いに話題になりましたが、肝心のミラージュは食われてしまって、車のCMということすら忘れられることになります。

 

これでは何のためにCMを流したのかわかりません。広告を制作するにあたって注意するポイントの1つといえます。

法令を遵守する

広告を制作するにあたっては、法令を遵守しなければなりません。嘘や誇大広告はいけません。また特に薬の広告については、薬事法にも配慮をする必要があります。これらのことは基本ですから、決して忘れないようにしましょう。

「すごい」広告を作成するポイント

「すごい」広告を制作するポイントは3つほどあります。それは次の通りです。

 

  • ターゲットの分析に時間をかける
  • 伝えたい情報を絞る
  • 専門の会社に依頼する

 

それぞれ解説していきましょう。

ターゲットの分析に時間をかける

マーケティングの初期段階では、ターゲティングを行いターゲットを決定します。ターゲットが定まったらその属性や嗜好など、分析に時間をかけるようにしましょう。ターゲットについて十二分に調べ上げるわけです。

 

この分析が不十分ではターゲットに「刺さる」広告には仕上がらないと思ってください。逆にいえばしっかりした分析がなされていれば、ターゲットに「刺さる」広告に仕上げられることになります。

伝えたい情報を絞る

その商品やサービスについて、様々なメリットがあることを、伝えたいとお考えかもしれません。しかし情報が多すぎると受け手には、何がメリットなのか伝わらないことになります。伝えたい情報は絞りましょう。多くても3つまでにしておくことをおすすめします。

専門の会社に依頼する

広告をマーケティングから制作まで社内で行うのは無理があります。仮にマス媒体に出稿するのであれば、テレビ局や新聞社とのすり合わせが必要になります。ですから専門の会社である、広告代理店に依頼するのが一般的です。

 

もし様々なアイデアや提案を求めるのなら、複数の広告代理店によるコンペにするといいでしょう。広告代理店サイドも力を入れて来るはずです。

まとめ

「すごい」と思われる広告の作り方と、その注意点について解説してきました。インパクトのある広告制作は大事ですが、広告が独り歩きをしてしまう恐れもあります。

 

また時にはアンチが増えて炎上してしまうかもしれません。これらについては、広告を制作する際に注意を払えば、事前に回避することが可能です。信頼できる広告代理店と組んで制作に当たりましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事