マーケティングと営業の違いを解説!それぞれの役割を理解しよう

マーケティングと営業の違いをしっかりと説明できない人もいるかもしれません。

両者は似ている部分があれば異なる部分もあります。

この記事ではそれぞれの役割や違いを解説しています。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

マーケティングと営業のそれぞれの役割

企業における「マーケティング部門」の役割とは、商品やサービスが売れる仕組みを作ることです。

これに対して、顧客に商品やサービスを提案して購入してもらうことが、営業部の役割になります。

マーケティングと営業の具体的な違い

マーケティングと営業は、仕事内容や目的など根本的な部分が異なります。

両者の違いに疑問を持つ人がいるのは、ターゲット設定など似た業務があるからではないでしょうか。

具体的な違いを確認します。

仕事の期間が違う

仕事の期間において、一般的にマーケティングは長期的、営業は短期的な視点を持っています。

マーケティングは以下の理由によって、業務が長期化するのです。

マーケティングが長期化する理由
  • そもそもマーケティングはすぐに結果が出るものではない
  • 顧客と良好な関係を築くことに時間がかかる

マーケティングといっても、Webマーケティングや紙媒体などさまざまなプラットフォームがあります。

Webマーケティングとは、WebサイトやWebサービスなど、オンライン上で利用できるサービスを使ったマーケティングです。

しかし、ほとんどのマーケティング施策はすぐに結果が出るものではありません。

また、マーケティングでは、顧客との関係を築くことが重要です。

短い期間で他人と良好な関係が築けるわけがないので、ひとりの顧客とかかわる期間は長期化します。

顧客とのかかわりが長期化しがちなマーケティングに対して、営業ではできるだけ時間をかけずに商談成立するのを目指すが一般的です。

仕事の目的が違う

両者の仕事における目的を見てみましょう。

両者の目的
  • マーケティング・・・マーケティングの目的に関する解釈は人によってさまざまです。ブランドの認知度の向上や、利益の最大化などが目的だという考え方があります。
  • 営業・・・目の前の顧客を獲得することが目的になります。

顧客が商品やサービスを購入するはじめの手順は「商品やサービスの存在を知ること」です。

そのプロセスは、以下の通りだと考えられています。

  1. 認知
  2. 興味
  3. 検索
  4. 行動
  5. 共有

認知ははじめの段階なので、マーケティングにおいて認知度の向上が重要なのです。

基本的に、売上を最大化してコストを最小化したいと企業は考えています。

企業が成長するには、コストの最小化によって生まれた利益を新たな事業に回すサイクルができる環境が必要です。

仕事の目標が違う

マーケティングと営業は、仕事の目標という視点から見ても違いがあります。

両者の目標
  • マーケティング・・・見込み客を顧客にしたうえで、良好な関係を維持し続けることです。
  • 営業・・・売上の目標が明確に数値化されています。

見込み客とは、自社の商品やサービスの使用経験はありませんが、興味があるのでいずれ使用する可能性がある顧客です。

マーケティングでは見込み客を顧客にするために、調査や分析を行って最適なアプローチをします。

顧客とその場限りの関係になっては売上の向上に繋がらないので、良好な関係を維持するのです。

これに対して営業では、売上の目標が明確に数値化されています。

ターゲットの範囲が異なる

マーケティング部と営業部では、ターゲットの範囲が異なります。

市場調査や分析が必要なマーケティング部門では、幅広く市場をリサーチすることが欠かせません。

これに対して顧客に直接営業をする営業部門では、焦点を絞って顧客をリサーチします。


▶どんな施策をすればいいのかお悩みの方へ◀


営業部とマーケティング部が協力するメリットと注意点

会議中の人
営業部とマーケティング部が協力することで得られるメリットがあります。

しかし、注意点もあるのでよく確認するといいでしょう。

メリット

営業部とマーケティング部で情報をシェアすれば、宣伝効果の向上に繋がります。

たとえば施策を企画する際に、マーケティング部だけでおこなってしてしまうと、営業の力が必要な時に手間と時間がかかってしまいます。

しかし、両者の間で情報をシェアすれば、いざというときにもフォローし合えるのです

見込み客へアプローチするタイミングなどのすり合わせもできるので、適切なタイミングが分かるようになり、宣伝効果を高められます。

注意点

社内での立場上、マーケティング部と営業部は対立するケースもあります。

そのため連携して情報をシェアするなら、両者の長所を消してしまわないように注意が必要です

営業部とマーケティング部が連携し成果を上げるポイント

ホワイトボードに書く人
マーケティング部と営業部で情報をシェアすれば、成果に繋がります。

両者が連携するための基礎的なポイントを解説しましょう。

コミュニケーションの場を作る

積極的にコミュニケーションを取ることが、営業部とマーケティング部で情報をシェアするための第一歩です。

「相手が何を考えているか」を知るには、積極的なコミュニケーションが必要不可欠です。

たとえば、両者の定例会議を設けて、お互いに情報をシェアする習慣を作り、お互いに仕事の難しさや悩みをシェアできれば、良い関係を築けるでしょう。


▶売上・集客の課題解決のヒントがきっと見つかる◀


ペルソナ設定を協力して行う

自社の商品やサービスを利用するユーザー像をペルソナといいます。

マーケティングや営業の方向性がズレないように設定するものですが、ペルソナ設定を協力して実施するのです。

マーケティング部は調査や分析に長けていますし、営業は顧客の情報を持っています。

両者が情報をシェアすれば、狙っている市場に合ったペルソナ設定ができるようになるでしょう。

両者で同じソフトウェアを使用する

企業では、マーケティング部はソフトウェアAを使用しているのに、営業部でソフトウェアBを使用しているケース場合は同じものにするのがおすすめです。

マーケティング部と営業部で同じソフトウェアを使用すれば、業務においてもお互いに協力しやすくなります

クラウドで両者が使用するソフトウェアを搭載するシステムなら、互いの関係がより良好になるでしょう。

まとめ

マーケティング部と営業部は、そもそも業務内容が違いますが、情報のシェアなどで協力できる部分もあります。

企業の売上を向上させるためにも、普段からコミュニケーションの場を設けて、積極的にかかわってみてはいかがでしょうか。

相手の仕事範囲や作業内容が分かると、自分たちの作業効率も向上するかもしれません

そして、会社の利益を上げることにつながるでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事