集客効果のある色を解説!目立つ色が良いわけではない?

コンテンツのデザインにおいて、色や形は重要なポイントのひとつです。

知れば知るほど奥が深いものであるため、何から覚えればいいのか分からなくなるでしょう。

今回はデザインの基本である色が与えるとされているイメージや、実例による言葉の解説をしています。

コンテンツにおけるデザインのことで迷っている方は、このページを参考にするといいでしょう。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

デザインの基本となる「色」が与えるイメージについて解説

ここでは暖色と寒色に分けて、色が与えると言われているイメージを解説しましょう。

あくまでもユーザーのそのときの環境や、コンテンツにおける全体のバランスによって異なりますが、意識することで集客をサポートします。

暖色

  • 赤・・エネルギッシュなイメージで、行動を促すと言われている
  • オレンジ・・陽気なイメージでポジティブな印象を与える
  • ピンク・・優しく穏やかな気持ちになり、女性らしさをイメージさせる
  • 黄・・明るく楽しいイメージ。注目を集めたり注意喚起などにも使用される

寒色

青系の色は時間を短く感じさせる効果が期待されているので、長文が多いホームページに向いています

 

  • 青・・清潔感があるイメージ。落ち着いており誠実な雰囲気がある
  • 緑・・癒しや安らぎのイメージ。優しさの印象もある
  • 紫・・上品さや高貴なイメージ。現実離れしており不安などの雰囲気もある

「視認性」、「可読性」、「誘目性」の意味と役割を解説

デザインにおいては、しばしば視認性や可読性など聞きなれない言葉があるでしょう。

ここでは、実例を紹介しながら言葉の意味を解説します。

視認性

視認性を一言で表現すると、見やすさです。

 

詳しく説明するなら、私たちが対象物を目で見た際に「意味や目的を理解できる度合い」を表しています。

文字を見つけやすいかどうか、正しく読めるかどうかがデザインにおける視認性です。

 

また、以下のポイントを押さえることによって、視認性が高いデザインになるでしょう。

 

  • 文字を大きく太く設定する
  • コントラストを強くする
  • 余計な装飾をせずに見た目をスッキリさせる

 

文字を大きく太く設定すると聞けば、「思っていたよりも簡単なことだった」と思う人がいるかもしれません。

しかしインターネット上にはフォントが無限に存在しているため、無数のフォントから選ぶとなれば、基準が分からなくなりがちです。

 

フォントが変わればホームページ全体の雰囲気が変わり、ユーザーに与える印象も変わります。

実際にいくつかのフォントを試してみて、読みやすいと感じるものを選択するといいでしょう。

 

コントラストが強いと、文字が読みやすくなります。

 

明暗や色彩の差異をコントラストといいますが、基本はやはり白の背景に黒の文字です。

白の背景に黄色の文字を使用すれば、ユーザーは文字を読むのがつらくなると考えられます。

これは極端な事例ですが、女性向けだからといって文字をすべてピンクに設定するのも考え直した方がいいでしょう。

 

どうしてもピンクを活用したいのなら、たとえば文字の背景に「#fff0f5(カラーコード)」などの淡い色を設定して、文字は黒にします。

しかし、カラーコード表では淡い色に見えていても、背景に使うと濃く感じる場合があります。

 

余計な装飾を除いてスッキリさせることで、ユーザーファーストのページになるでしょう。

 

2022年から10年以上前のいわゆる個人ホームページが流行していた頃は、キラキラとした装飾の文字がたくさんありました。

ここで作成するのは企業のホームページであるため、コンテンツ内の文章はできる限り装飾を除くといいでしょう。

 

どうしても装飾したいのなら、ヘッダー画像など目立たせる必要性がある際に利用します。

ヘッダー画像とは、一般的に文書の先頭に定型として付け加えられる画像のことです。

可読性

可読性を一言で表すと、文章が読みやすいかどうかです。

そのため視認性と被る部分もありますが、主に以下のポイントがあります。

 

  • 行間
  • 字間
  • 行の長さ
  • 文字のサイズやフォント

 

行間とは、文章と行の間にできる余白のことです。

 

スマートフォンの場合、機種にもよりますが本文の行間はおよそ1.6em〜2.0emだと見やすいと考えられます。

emとは、文字の高さを基準とした単位です。

またフォントに関しては可読性の高さに優れているのは明朝体で、書籍や新聞などで多く採用されています。

 

隣り合う2文字の間にできた空間を字間といいますが、デザインやフォントによって字間を開けすぎるとだらしなく見える場合があります。

例として「Osaka」という文字を見た場合、Oとsakaの間を広く取っていると、それぞれが別の単語のように見えるでしょう。

 

多くの人は広告上にある文字を真剣に読まないため、可読性を高めて読みやすくすることが大切です。

デザインにおいて字間を考えるときは、日頃から以下のポイントを意識するといいでしょう。

 

文字の形は多種多様であるため、その文字の形をよく観察します。

ひとつの文字を見る際は書いてあることを意識するのではなく、文字の空白に注目します。

「Osaka」の文字を見ても、Oとsの間とaとkの間では、空間の空き具合が違うことが分かるはずです。

文字だけが浮き出して立体になったイメージで、字間全ての面積を確認するといいでしょう。

誘目性

誘目性とは、目を誘う性質や目立ちやすさのことです。

 

視認性と似ていますが違う点は、対象物を探していない人から見て見つけやすいかどうかというところです。

 

標識を例に挙げると、青ばかり使っているものは誘目性が高いものではありません。

上記よりも、赤を使って目立たせている標識は、誘目性が高い標識です。

なぜなら、赤を使った方が多くの人が見つけやすいからです。

 

誘目性が高い色の組み合わせには、以下の例が考えられます。

 

  • 黄色と黒(背景が黒)
  • 黄色と黒(背景が黄色)
  • 青と白
  • 赤と白(背景が赤)
  • 赤と白(背景が白)

 

そのため、危険や禁止を訴える標識は赤や黄色が使われている場面が多くあります。

コーポレートカラーや商品・サービスの色をベースにする方法もある

企業や団体、組織を象徴する色のことをコーポレートカラーといいます。

 

コーポレートカラーや商品・サービスの色をベースにすると、ユーザーから自社のものだと認識してもらえる可能性が高まります。

 

反対に、集客におけるコンテンツでさまざまな色を使っている場合、一貫性がないと受け取られる場合もあるでしょう。

 

キャッチコピーやコンセプトデザインとのバランスで色を決める

色が与えるイメージと、キャッチコピーやコンセプトデザインのバランスで作成する方法があります。

 

「真っ赤なバラ」といった言葉を聞いたとき、どのようなバラをイメージしますか。

普通のバラよりも、赤色が際立つものを想像する人が多いでしょう。

 

「ひまわりのような笑顔」と例えれば、明るく眩しい笑顔を想像する人がいるかもしれません。

間接的ではありますが、色のバランスを考えることで具体的なイメージを想像してもらうことが可能です。

 

コンセプトデザインまたはデザインコンセプトとは、デザインをする際に基本となる指針です。

商品やサービスに自社「らしさ」を与えるために大切な要素なので、色のイメージを使用するといいでしょう。

まとめ

集客では色を活用することで、イメージしやすくなることがお分かりいただけたでしょうか。

 

デザインにおいて色は重要なポイントであるため、覚えておくとさまざまな場面で活用できます。

 

色のイメージを有効的に使って、集客効果が高まるデザインを作成するといいでしょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説