集客できる仕組み化を構築したい!必要なことを解説

集客を仕組み化して、大変な作業をしなくとも収益が発生するようにしたいと考えていませんか。

しかし「仕組み化」であるため、はじめのうちは作業の量が多くなります。

今回は仕組み化を構築するために用意するべきものや、その手順を解説しました。

この記事を読めば、仕組み化を構築する方法が分かるはずです。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

まずはなぜ集客の仕組み化が必要なのか考える

先生

まずは自社において、なぜ集客の仕組み化が必要なのかを考えます。

たとえば、以下の理由が考えられます。

集客に費用をかけられない

集客にたくさんの費用をかけられないために、仕組み化に興味を持っている場合があると思います。

しかし注意したいことは、基本的に完全無料での仕組み化はありえないことです。

 

Webコンテンツの場合、集客の仕組み化にはそれに適した機能が求められます。

たとえば無料ブログは収益化が制限されているサービスが多いですが、有料ブログはその制限がありません。

 

やはり無料で提供されている分サービスに制限がある事例が多いため、本格的に仕組み化を考えているのなら多少のコストが必要になるでしょう。

 

とはいえインターネットマーケティングのように、できる限りコストを抑えて集客を仕組み化できるプラットフォームもあります。

人員不足で担当がいない

人員不足で任せる担当がいないため、集客の仕組みを作りたい企業もあると思います。

ところが集客を仕組み化して収益化するには、それなりの時間がかかります。

 

インターネットを介してお金を払う顧客がいるのは、企業を信用しているからこそです。

基本的に顧客の信用は、少しの時間作業しただけで作れるものではありません。

販促のページへ誘導する場合でも、日頃から有益な情報を発信し続けて、顧客との関係を構築するといいでしょう。

販路拡大したい

顧客や取引先を増やして、商品やサービスの存在を広めたい企業もあると考えられます。

インターネットを活用して販路拡大する方法は、以下のようにさまざまな種類から選択が可能です。

 

  • ブログやメルマガによる集客
  • 自社のECサイトを作成
  • SNSによる集客

 

2022年現在はSNSが勢いを増しているため、ブログにしてもECサイトにしても、集客のためにSNSを利用する方法が推奨されています。

 

SNSによってユーザーとの関係が構築できたら、自社の販促ページに誘導できるでしょう。

仕組み化を構築する前に用意するべきもの

Red voting tick. Checkbox. Democratic elections, referendum. The right to choose, change of power. Checklist for verification and self-discipline. Necessary quality criteria, skills, approval symbol

集客における仕組み化では、何のコンテンツを作成するかによって必要になるものが変わります。

【集客を仕組み化するコンテンツの例】

  • 自社のホームページ
  • メールマガジン
  • SNSアカウント

など

 

上記のように複数のコンテンツを連動させて、集客を仕組み化させていきます。

 

2022年現在では基本的にSNSからホームページに集客するため、ツイッターなどのSNSアカウントを用意するといいでしょう。

 

ツイッターには文字数の制限がありますが、140文字分を入力することにより、ツイートがユーザーの目に留まりやすくなります。

 

メールマガジンは、購入におけるニーズが高いユーザーにアピールする際に有効で、顧客との関係を維持する際に向いているツールです。

メルマガ運用の負荷を軽減するためには、メール配信ツールが使用可能です。

集客の仕組み化を構築する手順

ここではホームページにおける集客の仕組み化を事例として、その手順を解説します。

ホームページでの集客を成功に導くコツは、どのプロセスにおいても一貫性があることです。

手順1|チーム編成

以下のメンバーでチームを編成するといいでしょう。

 

  • ディレクション
  • 制作・編集
  • ホームページの運用担当
  • 販売促進

 

ディレクションでは、主に以下の業務を実施します。

【ディレクションが実施する業務の例】

  • ホームページ制作における意思決定
  • ホームページのリニューアル
  • それぞれの部門を介した企画
  • プロジェクトにおける人員編成

など

 

企業の規模によって異なりますが、ディレクションの業務はホームページ制作において意思決定権がある人が担当する場合が多いです。

 

制作・編集では、主に以下の業務を担当します。

【制作・編集における業務の例】

  • 販促におけるコンテンツの作成
  • コンテンツの編集
  • 社内外から素材収集する
  • 外注先との窓口になる

など

 

顧客の声や自社の実績などを掲載するために、プロのカメラマンを手配するのも制作・編集の業務です。

バックオフィスのような役割もあり、制作に必要な機材を集めることもあります。

 

ホームページの運用担当は、そこに掲載する記事を作成して投稿する役割です。

インターネット上から情報収集することも多くありますが、現場のスタッフにおける実情などをリアルに執筆すると、ここにしかないコンテンツになるでしょう。

 

インターネット上にある手段を活用してホームページに集客することが、販売促進の担当です。

たとえば、以下のようなプラットフォームを活用してWebマーケティングを実施します。

【Webマーケティングに使用できるプラットフォームの例】

  • SNS運用
  • SEO対策(検索エンジン最適化)
  • イベントやチラシなど紙媒体での集客
  • ランディングページの制作(広告をクリックした際に表示されるページ)
  • リスティング広告(検索連動型広告)

 

自社における商品やサービスのターゲットに合ったプラットフォームを選択するといいでしょう。

手順2|ペルソナ設定

商品やサービスを購入するユーザー像を具体的にして、発信する情報に一貫性を持たせるものがペルソナ設定です。

ペルソナ設定では、年齢や住んでいる場所だけに限らず、ユーザー像におけるプロフィールの詳細を決定していきます。

 

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 家族
  • 価値観
  • 日常的に使用している媒体
  • 興味を持っている事柄

など

 

ペルソナを決めることによって、以下のメリットがあります。

 

【ペルソナを決めるメリット】

  • ユーザーの目線に立ってコンテンツの制作ができる
  • 自社でシェアすることにより、認識のズレを防げる
  • デザインを制作する際に役立つ

 

世の中の価値観は多様であるため、全ての人に届けるコンテンツを制作しようとすると、誰にも刺さらない文章になりがちです。

それよりも詳細なペルソナ設定をした方が、同じ境遇のユーザーに読まれるようになります。

 

従業員ひとり一人の想定しているユーザーが異なる場合、確認のためにタイムロスが発生するかもしれません。

しかし自社でペルソナ設定をシェアすれば、認識のズレが防げるため作業の効率化ができるでしょう。

 

ペルソナ設定ができていないと、選択肢が無限にあるためデザインの方向性が定まらなくなることがあります。

しかしユーザー像が決まっていることによって、ホームページのデザインを決める基準ができます。

手順3|戦略の大枠を決める

基本的に集客の仕組み化は、複数のコンテンツを運営してそこにアクセスを流す手法であることが多くあります。

 

ユーザーには潜在顧客と顕在顧客がおり、日常的に閲覧しているコンテンツが違うと考えられるからです。

 

潜在顧客とは、今は自社の商品やサービスの存在を知りませんが、存在を知れば購入や利用の可能性がある顧客を指しています。

 

顕在顧客とは、自分のニーズを既に理解しており、商品やサービスに興味・関心を持っている顧客です。

 

複数のコンテンツからこれらの顧客を集めて販促のページに流すことで、集客の仕組み化ができます。

 

これらの顧客へアピールするには、SNSやオウンドメディアが活用できるでしょう。

自社が運営するWebサイトのことをオウンドメディアといい、ユーザーファーストの記事作りを心がけることで潜在顧客へのアピールに繋がります。

 

アピールする媒体はどれを選んでもいいですが、潜在顧客と顕在顧客はニーズが違うことを理解して、相手の状態に合わせて違う情報を発信します。

 

例として、まだ家電の買い替えを迷っている段階のユーザーに、自社の家電をおすすめしても購入に至らないかもしれません。

家電の買い替えを迷っているユーザーには、以下の悩みがあるかもしれないからです。

 

  • まだ使えるのにもったいない
  • 今はお金がないからボーナスの時期に買い替える
  • 正しい買い替え時期が分からない
  • 廃棄の仕方が分からないから戸惑っている
  • 購入の手順が分からないから戸惑っている

 

上記の内容を想定して、コンテンツで情報を発信していくと潜在顧客にもアピールできるでしょう。

これらのポイントを理解すると、戦略の大枠を決める際に役立つはずです。

仕組み化を構築しても改善は必要

集客の仕組み化は、基本的に構築できたらそれで完了というものではありません。

顧客のニーズは時代の流れによって変化しますし、時期によって内容が変わるコンテンツもあるでしょう。

 

また、コンテンツの更新が止まってしまったら、「インターネット上から消えてしまったのでは」と考えるユーザーがいます。

そのため、仕組み化を構築しても定期的な更新をするといいでしょう。

まとめ

集客を仕組み化する方法を解説しましたが、複数のコンテンツを運営するため構築までに時間がかかることがお分かりいただけたでしょう。

しかし構築が完了すれば、基本的に定期的な更新や改善だけになるため、大きな負荷がかからずに運営できると考えられます。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

おすすめの記事