企業のメディア戦略とは?事例や考え方を徹底解説

企業のメディア戦略というと、「メディア」「戦略」とそれぞれ端的に意味は思い浮かぶものの、詳しく説明できない方も多いでしょう。

本記事では、企業のメディア戦略の基本的なことや、メディア戦略において大切な考え方をまとめています。
メディア戦略について詳しく知りたい方は必見ですよ!

メディア戦略とは?

メディア戦略とは、企業のプロモーションを行う際にメディア(各種媒体)をどのように組み合わせて使うかを考えることであり、ここでのメディア媒体は主に次の通りです。

  • テレビやラジオ、雑誌、新聞などのマスメディア
  • ブログ、SNSサイト、動画メディアなどのソーシャルメディア
  • WEB上にあるさまざまなサイトが該当するWEBメディア

これらのメディアにはそれぞれの特徴とスタイルがあり、PRできる層も変わってくるので注意が必要です。そのためにメディア戦略を行い、「自社に合うメディア・広告」を選定していくのです。

また、これらのメディア戦略を攻略するためには「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」の3つの柱も詳しく知っておかなければ困難とも言えるためひとつずつ確認していきましょう。

メディア戦略の3つの柱

戦略を立てるために知っておかなくてはならない「3つの柱」があります。それらは、プロモーションにおいてそれぞれ役割を持っている「オウンド」「ペイド」「アーンド」です。企業を支えるために必要な柱とされていて、ひとつも欠けてはなりません。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、英語でOwned Mediaと書き、自社で持っているという意味をもつメディアのことです。

主にコンテンツの発信者としての定義を持つ柱であり、自社メディア(ブログやECサイト、パンフレットなど)から発信し、コントロールできるものでありながら、掲載する情報はユーザー視点に構成されていて、情報発信の主な対象者は「自社に何かしらの関わりがある者」や、今後の見込み客やターゲット層となります。

つまりオウンドメディアは、ユーザーが知りたい情報や自社がユーザーに伝えたい情報を自社で発信し、コンテンツへの興味を喚起させてニーズを育てる媒体であり、マーケティングの攻略に不可欠な柱なのです。

ペイドメディア

ペイドメディアとは、前項において解説した3つのメディアの他に、交通広告やスポンサーシップによって不特定多数の消費者にアプローチをするための広告媒体を指します。自社自体に興味を持ってはいないけど、広告を見たことによって興味を引き出すという(接点を作る)ことが得意な柱のことです。

いわば、新規顧客と自社をつなぐ仲介役になります。

そして、オウンドメディアと違うところは、ペイドメディアが「仲介」という立場にある手段になるため、新規顧客を得るための広告の運用費用がかかってくることが一般的ともされていて、自社からのコミュニケーションが顧客に一方通行になり得ることも、ペイドメディアの特徴ともいえるでしょう。

アーンドメディア

一方でアーンドメディアとは、ペイドメディアに若干似ている立場にあるメディアのことで、いわゆるTwitterやFacebookなどそれぞれのSNSや、オンラインブックマーク(NAVERまとめリーダー)、キュレーションサイトのことを指します。インフルエンサーの拡散力も、アーンドメディアに属すると捉えると良いでしょう。
つまり、SNSなどの拡散力のあるコンテンツを用いて、拡散したユーザー(参加者)も含めた全員が、コンテンツの発信者になれるという柱であり、身近にある広告のひとつです。

SNSにおいて企業公式アカウントで発信しているような「フォローとRT(拡散)をすれば、景品が当たる」というコンテンツもアーンドメディアに属します。

もっと詳しく知りたい場合は下記の記事を参考にしてください。

メディア戦略を企業が導入する意図とは?

広告があるならば従来の方法で既存のファンにアプローチ、新規顧客を開拓するならば営業をしていけば良い、今まで通り行えば問題はないはずと考える企業も少なくはありません。

そもそも、メディア戦略を行うには、次の5つの目的があります。

  • 自社の認知度を上げる|認知度の拡大を促すことにつながる
  • 売り上げの向上|商品やサービスの魅力をプロモーションし、会社倒産を防ぐ
  • ファンを増やす|企業の事業安定、成長を盛り上げる存在作り
  • 既存の顧客とのつながりを強化|一度ついた顧客を離さない強固なつながりを作る
  • ユーザーからの真の評価を知る|SNSなどからユーザーの本心を得る

あげた目的はひとつひとつが欠けてはならず、企業が存続していくために必要な目的であり、メディア戦略を行う上で重要なヒントともいえるのです。

企業のメディア戦略の事例

メディア戦略が、企業を支えるきっかけになり得ることは、なんとなくつかめてきた方もいるのではないでしょうか。

ただ、実際のメディア戦略としてどのようなものがあるのかわからない人も多いでしょう。そこで、下記の記事では、実際に企業がどんなメディア戦略をしているかを詳しく紹介しているので、確認してみてください。

まとめ

企業が生き残るために重要なことは、3つの柱をよく理解した上で、自社との相性だけでなく、ニーズに応えたものを作っていき、顧客にアプローチをすることです。

自社の魅力を正確に、魅力的に伝えるためにもメディア戦略は必要不可欠とも言えるでしょう。

自社にとってどんなプロモーションが最適か、まずは1度練りだしてみませんか?

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説