オウンドメディアの目的や事例を紹介!動画の活用手段も?

オウンドメディアを活用したいけど戦略をイマイチ具体的に立てられないということも少なくないでしょう。動画を活用した戦略を実行したいならオウンドメディアは必要不可欠です。

本記事では、オウンドメディアの目的や事例、動画の活用手段をまとめています。これから動画を活用したい方は必見ですよ!

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、自社で運営、管理するメディアのことであり、基本的には文章コンテンツが多いのですが、現在はYoutubeへの展開というような、動画コンテンツへの移行も進んでいます

オウンドメディアの種類は主に次の3つです。

  • 自社ウェブサイト
  • 自社発行の広報誌
  • 自社ブログ

もう少し詳しく知りたい場合は次のURLをクリック!

補足:ペイドメディアとアーンドメディアとは?

メディアには、オウンドメディアの他に、ペイドメディア、アーンドメディアといわれる別タイプのメディアもあります。他のメディアとオウンドメディアは、相互的に作用されているため、どれも欠けることなくそれぞれ必要不可欠なものです。

もう少し詳しく解説しましょう。

ペイドメディアとは?

ペイドメディアとは、企業が費用を払って広告を掲載するタイプのメディアをさします。

つまり、私たちが日常の中で見ることの多いタイプのメディアともいえるでしょう。ペイドメディアを活用することで、他のメディアではリーチできない潜在層に向けた商品やサービスの認知拡大を促す効果があります。

アーンドメディアとは?

一方でアーンドメディアとは、口コミなどで獲得したメディア露出のことをさします。

ユーザー情報をオウンドメディアだけでなく、SNSなどによっても認知が拡大し、ブランディングが確立されたブランドが該当すると言っても良いでしょう。

オウンドメディアの3つの目的

オウンドだけではメディアは成り立ちません、ペイド、アーンドがいて初めて成り立つのですが、いわゆるメディア3種の神器を理解したところで、オウンドメディアを扱う3つの目的について解説しましょう。

認知の拡大

オウンドメディアを上手く扱い、ユーザーの間で話題になると「認知」や「知名度」が拡大します。

また認知度は「知るきっかけ」に過ぎず、商品やサービス、自社もなんとなく知っているという感覚で広くわたることになりますが、マーケティングの今後の運用方法によっては認知が知名度に変化し、「ブランディングの確立」につながるでしょう。

見込み顧客の獲得

認知の拡大につながると知名度が広がるにつれ、見込み顧客(ターゲット層)が見えてきます。ファンの獲得と考えても良いですね。

広く知れ渡ることで「〇〇はA社」というようなブランディングの確立になり、企業が予想だにしなかった顧客層の中でも、使ってみたいと思う、購入や利用という行動を誘発することができるようになるのです。

人材採用

知名度が高くなり、ブランディングが確立された場合、「〇〇を世の中に広めたA社に入りたい」と志望する人が増えていきます。

つまり志望者がいないから採用難ということには陥らず、ダイレクトリクルーティングにもなるため、企業が生き残ることもできるのです。

オウンドメディアを今すぐ活用する目的が思い浮かばない場合は、最終的なゴール設定をした上で戦略を練っていきましょう。きっとアーンドやペイドなど、「メディア」を活用する必要性が見えてきますよ。

オウンドメディアのメリットとは?

オウンドメディアのメリットとは?

オウンドメディアを運営していくメリットは、主に5つです。

  • ブランディングに大きな効果を発揮すること
  • サービスだけでなく自社そのものにファンがつくこと
  • 配信や管理の自由度が他社サービスを利用するよりも自由度が高いこと
  • 登録制にすることで顧客情報も活用できること
  • 広告費の削減もできること

つまり費用に対しての効果が期待できるのです。

オウンドメディアの効果は抜群

オウンドメディアの効果は抜群

オウンドメディアを運営していくことで、実際にあった効果は4つあります

  • 自社サイトへの問い合わせが増加
  • 自社にファンがつく
  • 認知度及び知名度が上がる
  • 広告費が削減できた

即効性はないため、長期的に運用をしていく必要があるものの、いずれ効果が出る可能性があるのがオウンドメディアです。広告費を削減しながら、自社サイトで自由にメディアを露出してみませんか?

最近はYouTubeでオウンドメディアを展開することも

オウンドメディアを運用していくことを決めた方は特に「Youtube」などで、動画コンテンツの用意をおすすめします。

動画は情報量を削減することなく、情報を正確に伝えることに長けているもの。動画を活用することによってさまざまな顧客層に誤解されることなく情報を伝えられます。

また、日本国内においての動画視聴環が整ってきたことから、オウンドメディアに動画コンテンツを活用する企業が増えているのです。

こちらの記事がおすすめ!

YouTubeでオウンドメディアを展開している事例

YouTubeでオウンドメディアを展開している事例

オウンドメディアとして認知度が高まる動画は、「ユーザーが動画を見ること」に意味がある動画です。中でも今回まとめた事例は「How to」系の動画。場所問わず方法を確認したいときに見るなら特におすすめ!というような動画ばかりです。

文章コンテンツのオウンドメディアが既にありつつも、動画としても成り立っているメディアであるため、成功事例ともいえるでしょう。

株式会社資生堂

Youtubeでは、メイクやスキンケアなど文字では伝えきれないことを動画で配信中。

メイクなどの方法を知りたい場合に利用しやすいタイプです。

株式会社カインズ

ホームセンターであるカインズでは、Howtoの動画をオウンドメディアとして配信中。

DIYが趣味である層に響く動画が多く配信されています。

コナミスポーツ株式会社

スポーツだからこそ文章では表現できないところを視覚的に理解できるメディアを展開中。

在宅でスポーツ、ジムがいけない中でプロの指導を受けられる動画コンテンツです。

他にも事例が知りたい場合は、「もっと詳しく!」を確認してみて下さいね。

もっと詳しく!

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説