ペイドメディアとは一体何?わかりやすく簡単に説明!

ペイドメディアは、オウンドメディアやアーンドメディアが含まれるトリプルメディアの1つ。
そのため、聞いたことがある方もいることでしょう。

しかし、なかには

・ペイドメディアって何?
・ペイドメディアのメリットとデメリットって?

といった疑問もあるのではないでしょうか。
そこで今回は、

・ペイドメディアの基本情報
・ペイドメディアのメリットとデメリット

などを紹介します。
ペイドメディアについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


ペイドメディアとは?

新聞とメガネ

ペイドメディアは、企業がお金を支払い、広告を掲載するメディアのこと。
冒頭で述べたようにトリプルメディアの1つとして数えられていますが、その中でもペイドメディアは従来型のメディアとして用いられてきました。

ちなみに、オウンドメディアは自社で管理・運営するメディアのことで、アーンドメディアは消費者やユーザーが情報の起点となるメディアのことを指します。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


ペイドメディアの種類

新聞とスマホ

ペイドメディアは、ウェブ広告・4マス広告・SP広告の3種類に分かれます。
それぞれどのような広告なのでしょうか。

ウェブ広告

ウェブ広告は、名前どおりウェブ上に掲載可能な広告のこと。
ウェブ広告の場合、リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告の3種類に分かれます。
リスティング広告は、検索連動型広告とも呼ばれており、検索結果に関連して表示される広告です。
ディスプレイ広告は、ウェブサイトの広告欄に表示されるものであり、バナーや映像などさまざまな種類があります。
最後のSNS広告は、TwitterやFacebookなどで見られる広告のこと。
日本の場合、Facebook・Twitter・LINE・Instagramの利用者が多いことから、それらを4大SNS広告と考える方もいます。

4マス広告

4マス広告は、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の総称です。
どれも従来型のメディアですが、掲載コストが非常にかかるため、ある程度規模のある企業でなければ参入できません。
ただし、規模が大きいがゆえに、認知の拡大を目指すことを目的としている場合にはおすすめです。

SP広告

最後のSP広告とは、POPやダイレクトメール、交通広告などのことを指します。
簡単にまとめるならば、上記で紹介したウェブ広告と4マス広告に当てはまらないものがSP広告です。
SP広告は4マス広告ほど規模が大きいものではありませんが、特定のユーザーに狙ってPRできるため、ターゲットがあらかじめ決まっている場合におすすめです。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


ペイドメディアのメリット

メリットとペン

ペイドメディアには、3つのメリットがあります。
具体的には以下の通りです。

認知拡大に貢献

ペイドメディアは会社や商品、サービスの認知拡大に役立ちます。
その中でも前述したように、4マス広告は認知拡大に大きく貢献してくれる広告です。
内容次第では、話題を呼んで大きな注目を集めるかもしれません。

不特定多数のユーザーにPRできる

ペイドメディアは、不特定多数のユーザーにPRできます。
そのため、具体的に狙うべきターゲットが決まっていない場合にも向いています
不特定多数のユーザーに宣伝することで、これまで見つけられなかった新たな潜在顧客が見つかるかもしれません。

オウンドメディアや公式サイトへ誘導できる

ペイドメディアが成功すれば、オウンドメディアや自社の公式サイトへ誘導できます。
オウンドメディアは自社で管理・運営できる一方で、効果が発揮されるのが遅いという欠点も。
ペイドメディアの場合は掲載するメディア次第で効果範囲が異なるため、うまくオウンドメディアと組み合わせることにより、自社メディアや公式サイトへのアクセス数を増やせます。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


ペイドメディアのデメリット

デメリットとペン

ペイドメディアはメリットだけではなく、デメリットもあります。
実際にペイドメディアを活用しようか悩んでいる方は、デメリットまでチェックしたうえで判断しましょう。

高額な広告費がかかる

ペイドメディアは費用を払わないと掲載できません。
そのため、高額な費用がかかってしまいます。
もし予算が少ないのであれば、ペイドメディア以外の手段を用いたほうがよいでしょう。

情報をただ伝えるだけになってしまう

ペイドメディアは一方的に情報を伝えるメディアであることから、ユーザーとコミュニケーションを取りながら商品・サービスを改善していきたいと考える企業には向いていません。
また、人によってはSNSやウェブサイトに表示されるペイドメディアを不愉快に思ってしまうかもしれません。

伝えられる情報量に制限がある

ペイドメディアは広告枠によって、伝えられる情報量に制限があります。
例としてCMの場合、最短が15秒です。
それ以上は15秒の倍数ずつ増えていきますが、それだけだと足りないと思うかもしれません。
一方でオウンドメディアは、自社が管理・運営することもあり、比較的自由に広告ができます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


ペイドメディアは良いところも悪いところもある

紙のデータを見て悩む二人

今回は、ペイドメディアの基本情報やメリット・デメリットを紹介しました。
不特定多数のユーザーに情報を届けられるといった利点がある一方で、広告費が高額という欠点もあります。
これらを踏まえた上で、ペイドメディアを活用するかどうか決めてみましょう。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説