オンライン展示会で名刺交換は必要?名刺以外にリードを獲得する方法

オンライン展示会に名刺交換は必要なのかな?
オンライン展示会で名刺交換ってどうやるんだろう……
オンライン展示会でも名刺交換をするケースがあります。

しかし、オンライン展示会では名刺に記載されている情報よりも、営業に役立つ情報の獲得が可能です。

この記事では、オンライン展示会における名刺交換について解説しています。

無料会員登録でAmazonギフト券が当たる!オープニングキャンペーン実施中!

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説

展示会で名刺を交換する目的は売上を増やすこと

名刺交換する最終的な目的は、顧客として契約につなげて売上を増やすことです

顧客にするためには、見込み顧客と継続的なコミュニケーションが必要になりますが、継続的なコミュニケーションをとるために必要なのが名刺に書かれている情報です。

展示会で名刺交換をする相手はおもに以下の通りです。

  • 出展ブースの来場者
  • 招待客
  • 訪問したブース

などになります。

とくに出展ブースの来場者は顧客になりやすいので、積極的に名刺交換をするべきでしょう。

オンライン展示会なら名刺交換が必要ないケースがある!

名刺交換をする目的は、見込み顧客の名前やメールアドレス、役職などの「リード」を獲得することです。

オンライン展示会では、展示会の来場時やブース入場時に「会社名」「名前」「メールアドレス」の入力が必須になっているプラットフォームが多くあります。

つまり、オンライン展示会では名刺交換をすることなく、見込み顧客のリードの獲得が可能です

オンライン展示会の入力情報からリードを獲得するメリット

オンライン展示会の入力情報からリードを獲得するメリットは3つあります。

それぞれ詳しく解説します。

名刺よりも得られる情報が多い

名刺に記載されている情報は、名前や連絡先などの基本的な情報までしか書かれていませんが、展示会の入力フォームやアンケートではより細かい情報を引き出せます。

例えば、自社が抱えている悩みや課題、導入時期や予算など、顧客になる可能性を見極められる情報など営業アプローチに活かせる情報が入手できます。

情報を社内で共有しやすい

オンライン展示会では、来場者のリードがメールで送られたり、オンライン展示会の管理画面などに記憶されたりします。

そのため、社内で見込み顧客の情報を共有しやすくなります

オフラインの展示会よりも多くの人と交流できる

展示会は多くの人と交流できるのが魅力です。

しかし、近年コロナ過により多人数が集まるイベントが開催されなくなったり、イベントの参加人数を制限するといった動きがあります。

オンライン展示会は、出展企業と来場者のどちらも自宅やオフィスから参加するため、「密」を避けることができるため大人数と交流することが可能です。

また、インターネット上で開催されるため、全国だけではなく海外からでも参加しやすく、実際の展示会場で開催されるオフラインの展示会よりも集客がしやすくなります

オンライン名刺を利用するシーンもある

オンライン名刺とはオンライン上で交換できる名刺です。

近年、業務のオンライン化が進んでおり、名刺交換もオンライン上でおこなわれるようになっています。

また、ペーパーレス化の流れもあり、ますますオンライン名刺の需要が増しています。

オンライン展示会でオンライン名刺を利用するシーンはおもに3つあります。

  • 名刺のデータをメールで送る
  • QRコードを作成し、画面に埋め込む
  • オンライン名刺交換ツールを利用する

それぞれ詳しく解説します。

名刺のデータをメールで送る

ブース来場者のリードを獲得して、フォローアップする際にメールを送ります。

その際に、オンライン名刺のURLを添付することで相手に自分の情報を確認してもらえます

URLがあればメールだけではなくチャットツールやLINEなどでも確認できるので、相手の利用しているツールに合わせて送るといいでしょう。

QRコードを作成し、画面に埋め込む

オンライン名刺のリンク先をQRコードにすることができます。

URLとの違いは、バーチャル背景などの画面に埋め込めることです。

オンライン展示会では、「ウェビナー」というオンラインセミナーが同時に開催されていることがあります。

バーチャル背景に登壇者のオンライン名刺のQRコードを埋め込むことで、登壇者の情報を伝えることができます。

オンライン名刺交換アプリやツールを利用する

オンライン名刺交換ができるアプリやツールは、無料で使用できるタイプもあります。

基本的な使い方は、片方が名刺情報を登録したURLを相手に送り、相手が名刺情報を登録すると交換できるものが多いです。

展示会後にディスカッションをする場合などはその場でアプリやツールを利用して名刺交換をするケースもあります。

売上と集客にお悩みの方は「TSUTA-MARKE」へ!

TSUTA-MARKE」は、説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」が運営している広告マーケティング資料ポータルサイトです。

「TSUTA-MARKE」では売上や集客でお悩みの方が、問題を解決できる企業様の資料を掲載しています。

資料の閲覧・ダウンロードは無料です。

まずは、無料会員登録をして課題解決のヒントとなる資料をぜひご覧ください。

\まずは会員登録/

また、「TSUTA-MARKE」では資料を掲載していただける企業様を募集しています。

  • 会員登録(無料
  • 資料掲載(無料
  • 初期費用(無料

TSUTA-MARKEでは、御社の商材を求めているユーザーを自動的にマッチングする「AIマッチング機能」により、良質なリードを獲得できます。
会員登録・資料掲載は無料なので、ぜひご登録下さい。

\会員登録・資料掲載は無料/

動画を使って売上が11倍になる手法」を解説